競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【ケンタッキーダービー2019/最終予想】オマハビーチ回避で例年以上の混戦模様!注目は抜群にスタートが上手い徹底先行型のアノ実力馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190504192422j:plain

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年5月5日(日)

チャーチルダウンズ競馬場12レース

7時50分発走

第145回ケンタッキーダービー(G1)

ダート2000m 3歳定量

 

《ケンタッキーダービー2019》

《馬券の発売時間》

 

(ネット投票の場合)

5月4日(土)午前7時~発走4分前

※即PAT会員、A-PAT会員が対象

 

(UMACA投票の場合)

5月4日(土)午前9時20分or30分~午後5時

 

キャッシュレスのUMACAからケンタッキーダービーの馬券を購入される皆さんは、発売締め切り時刻が早くなっていますので、十分ご注意ください。

 

《ケンタッキーダービー2019》

《放送予定》

 

中継局 :グリーンチャンネル(無料)

放送時間:2019年5月5日(日)

午前7時~午前8時30分(予定)

 

《ケンタッキーダービー2019》

《最終予想オッズ》

 

①人気 ロードスター      2.3倍

②人気 マキシマムセキュリティ 2.6倍

③人気 ゲームウィナー     3.0倍

④人気 インプロバブル     8.5倍

⑤人気 タシトゥス       13.9倍

 

《ケンタッキーダービー2019》

《枠順確定後出走馬分析》

 

5番 インプロバブル(牡3歳 オルティスJr. 57kg)

“喉頭蓋エントラップメント”という疾病のためケンタッキーダービーへの出走を取りやめたオマハビーチが優勝しているアーカンソーダービーの2着馬で、3走前にダート1700mのG1・ロスアラミトスフューチュリティを制しています。アーカンソーダービーで1馬身先着を許した最大のライバル・オマハビーチが直前で回避していますので、1番人気確実だったオマハビーチ不在の状況であれば、前走のアーカンソーダービーでオハマビーチ相手に最後まで食い下がるレース運びを見せたこの馬がオマハビーチのかわりに上位争いを展開する事になっても全く驚けないと思います。

 

8番 タシトゥス(牡3歳 オルティス 57kg)

ダート中距離の牝馬G1を5勝したクローズハッチズを母に持ち、父に超一流種牡馬・タピットを迎えている良血馬。ケンタッキーダービーで初めてG1の大舞台を経験する事になりますけど、2018年11月の未勝利戦から危なげない走りで3連勝を果たしていますし、前走のG2・ウッドメモリアルステークスでも好位追走から堂々の押し切り勝ちを決めていますので、一気の相手強化となる大一番・ケンタッキーダービーでも見劣りする存在ではない、と考えています。

 

15番 マスターフェンサー(牡3歳 ルパルー 57kg)

日本調教馬のケンタッキーダービー出走は、1995年のスキーキャプテン(14着)、2016年のラニ(9着)に続いての3頭目という状況ですけど、スキーキャプテンとラビはアメリカ産馬だったのに対し、今回出走するマスターフェンサーは日本産のジャスタウェイ産駒ですから、アメリカクラシック路線の一冠目・ケンタッキーダービーに日本産馬が出走するケースは今年が初めてという事になります。前走のOP・伏竜ステークスは勝ったデアフルーグが強すぎたので、前走は相手が悪かった…という風に割り切る事ができるのですが、デアフルーグに完敗を喫した馬がアメリカの一線級相手に上位争いを演じるとは思えないですし、メンバー中最下位のレーティング(102が示す通り、格下の存在ですから、相当厳しい戦いになる事が予想されます。ただ、マスターフェンサーが出走意欲を示さなければ、日本でケンタッキーダービーの馬券を購入するチャンスはなかったので、マスターフェンサー陣営の果敢なチャレンジに敬意を表したいです。

 

16番 ゲームウィナー(牡3歳 ロザリオ 57kg)

2走前のG2・レベルステークスではオハマビーチに、前走のG1・サンタアニタステークスではロードスターに敗れているものの、2018年11月にG1・ブリーダーズカップジュベナイルを優勝するなど、2歳時に3つのG1タイトルを獲得し、アメリカの最優秀2歳馬に選出されている実績馬。メンバー中最高となるレーティング(120)を叩き出している状況なのはもちろん、堅実な差し脚を武器にしていて、どんなレース展開に対応できるところも大きな強みですから、再度ロードスターと顔を合わせるケンタッキーダービーでも大崩れする心配は要らないのかな?という印象です。

 

17番 ロードスター(牡3歳 ジェルー 57kg)

2歳最強の座についていたゲームウィナーを前走のG1・サンタアニタステークスで破り、急激に評価を上昇させている充実一途の上がり馬(レーティングは118)。3走前のG1・デルマーフューチュリティ3着後にノドの手術を受けたため、半年ほど戦線から離れる形になりましたが、ノドの具合が良くなった事で安定した走りを見せるようになっていますし、1戦ごとに200mの距離延長を無難にこなしていますから、初距離の2000mでも本来の実力を発揮してくれるのではないでしょうか。オマハビーチの回避で戦いやすいメンバー構成になったとはいえ【●●●●●●●】に乗り替わる点はあまり感心しませんので、他馬に足元をすくわれる可能性も否定できません。

 

サンタアニタステークス快勝の

ロードスターに関する不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《ケンタッキーダービー2019》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

オマハビーチ回避で混戦ムード漂う今年のケンタッキーダービーですけど、同じ脚質のオマハビーチ不在の状況でレース運びがしやすくなった徹底先行型のこの馬を本命に抜てきします。無敗馬なので、過剰人気しそうな状況ですが、スタートが抜群に上手い馬ですから、連勝中と同じように、果敢にハナを奪う形の競馬ができれば、今回の相手関係でも十分に勝負になるはずですし、1800mの前走でも終いまで脚を伸ばす事ができていたので、2000mまでなら距離も許容範囲内だと考えています。

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)NHKマイルカップ


NHKマイルカップ2019【1番人気分析】グランアレグリア【消去データ】6頭

 

(おすすめ記事)NHKマイルカップ

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【ケンタッキーダービー2019/最終予想】オマハビーチ回避で例年以上の混戦模様!注目は抜群にスタートが上手い徹底先行型のアノ実力馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.