競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【天皇賞春2019予想/過去データ分析】5年連続で連対馬を輩出しているハーツクライ産駒に注目!1週前追い切りで併走相手を圧倒したアノ穴馬が上昇ムード!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190424105750j:plain

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年4月28日(日)

京都競馬11レース(15時40分発走

第159回天皇賞春(G1)

京都芝3200m 4歳以上定量

 

《天皇賞春2019》

《チェックポイント》

 

※出走馬確定前の分析になります

 

①過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【1-1-0-3】

2番人気【3-0-1-1】

3番人気【0-1-1-3】

4番人気【1-1-1-2】

5番人気【0-0-0-5】

6番人気以下【0-2-2-58】

 

2015年1着・ゴールドシップから4年連続で単勝2番人気が3着以内を確保していますので、今年の天皇賞春で2番人気に支持された馬の台頭に警戒したいところ。苦戦しているのは過去5年で未勝利に終わっている単勝5番人気以下の伏兵。2012年には単勝万馬券のビートブラックが優勝し、大波乱を演出していますけど、直近の天皇賞春は大荒れが起きにくい状況になっていますから、無理な穴狙いは禁物です。また、レース当日の単勝オッズ7.0倍以上の関西馬は【0-2-2-45】という厳しい結果に終わっていますので、穴を狙うなら関東馬から、という意識を持っておきましょう。

 

②過去5年の枠順別・年齢別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【2-0-1-7】

2枠【1-1-0-8】

3枠【0-1-1-8】

4枠【1-0-2-7】

5枠【0-0-0-10】

6枠【1-2-0-7】

7枠【0-1-0-11】

8枠【0-0-1-14】

 

1枠~4枠の内寄りの枠が4勝・2着2回という好結果を残しているのに対し、5枠~8枠の外寄りの枠は1勝・2着3回というやや低調な結果に終わっていますので、「内枠>外枠」という傾向が色濃いレースになります。高速決着になりやすい春の京都芝コースは内枠優勢の結果になりやすいですし、芝3200mの長距離戦であれば、コースロスが少なく済む内寄りの枠を引いた方が有利に働くのはごく自然な事ですから、4枠から内の枠を引いた中から軸馬を選ぶのが天皇賞春の常套手段になります。

 

<年齢別成績>

 

4歳【1-0-3-14】

5歳【3-2-0-20】

6歳【1-2-1-16】

7歳以上【0-1-1-22】

 

勝率12.0%・連対率20.0%の5歳(クリンチャー・チェスナットコート)が好調。逆に4歳(エタリオウ・グローリーヴェイズ・フィエールマン・メイショウテッコン・ユーキャンスマイル)は勝率・連対率5.6%というやや低調な結果に終わっています。今年の天皇賞春は4歳勢が人気の中心になりますけど、過去5年ベースでは苦戦傾向にありますから、直近の不利データを跳ね返す走りを期待したいところです。

 

③過去5年の前走レース別成績データ

 

(前走レース別成績)

 

阪神大賞典【2-2-4-22】

大阪杯【2-1-0-4】

日経賞【1-1-1-26】

ダイヤモンドステークス【0-1-0-9】

京都記念【0-0-0-4】

上記以外【0-0-0-7】

 

過去5年の勝ち馬は阪神大賞典組(カフジプリンス・ケントオー・リッジマン・ロードヴァンドール・ヴォージュ)・大阪杯組(該当馬なし)・日経賞組(エタリオウ・クリンチャー・チェスナットコート¥メイショウテッコン)からしか出ていない状況。上位人気確実なフィエールマン(前走:アメリカジョッキークラブカップ)やユーキャンスマイル(前走:ダイヤモンドステークス)は過去5年の勝ち馬とは異なるローテーションを歩んでいます。

 

④過去5年の種牡馬別成績データ

 

ステイゴールド【3-0-0-5】

ブラックタイド【2-0-0-0】※該当馬なし

ハーツクライ【0-5-2-10】

ディープインパクト【0-0-1-13】

上記以外【0-0-2-44】

 

長距離志向の強いステイゴールド産駒(エタリオウ・パフォーマプロミス)が過去5年ベースで3勝を挙げていますが、好素質馬が多いはずのディープインパクト産駒(グローリーヴェイズ・フィエールマン)は過去5年で3着が最高という低調な結果に終わっています。

 

また【●●●●●●●】(クリンチャー・グローリーヴェイズ・ケントオー・チェスナットコート・フィエールマン・ユーキャンスマイル・リッジマン)のデータに該当した馬は【0-2-2-37】というかなり厳しい結果に終わっていますから、この不利データに当てはまってしまった馬の扱いには注意が必要です。

 

菊花賞馬フィエールマンが

該当した不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《天皇賞春2019》

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

2014年以降5年連続で連対を果たしているハーツクライ産駒から、過去5年で2勝・2着2回の好結果を残している前走阪神大賞典組という好走データにもバッチリ該当しているこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。年明けから使い詰めの状況なので、2着に好走した前走以上のデキを期待するのは難しいのかな…と考えていたのですが、併走相手を楽な手応えで突き放した18日(木)の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.5-37.7-24.8-12.6)の走りがかなり良かったので、使い詰めによる疲労を心配するのではなく、キッチリと結果を出した前走の勢いをそのまま信じてみたい、という考えに切り替わりました。若い頃はスタートで後手を踏み、道中のポジションを下げるケースが多く、消化不良な結果に終わっていましたけど、長期休養から復帰した近走では器用な立ち回りができるようになっていますから、本格化確実な現状であれば、フィエールマンやエタリオウといった強豪4歳勢相手でも十分通用すると思います。

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)天皇賞春


天皇賞春2019【1番人気分析】エタリオウ【消去データ】3頭

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【天皇賞春2019予想/過去データ分析】5年連続で連対馬を輩出しているハーツクライ産駒に注目!1週前追い切りで併走相手を圧倒したアノ穴馬が上昇ムード!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.