競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【マリーンカップ2019/最終予想】8頭立ての少頭数ながら実力拮抗の一戦!注目は左回りで連対率70%超のアノ馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190417120042j:plain

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年4月17日(水)

船橋競馬11レース(20時05分発走

第23回マリーンカップ(G3)

船橋ダート1600m 3歳以上別定

 

《マリーンカップ2019》

《最終予想オッズ》

 

①人気 オウケンビリーヴ 2.3倍

②人気 リエノテソーロ  3.0倍

③人気 アイアンテーラー 5.4倍

④人気 ラーゴブルー   11.6倍

⑤人気 チークス     23.7倍

 

《マリーンカップ2019》

《枠順確定後出走馬分析》

 

3枠3番 オウケンビリーヴ(牝6歳 北村友一 56kg)

前走:大和ステークス6番人気4着(OP・京都ダート1200m:1分11秒1)

ネロと激しい競り合いを演じた4走前のG3・クラスターカップ(盛岡ダート1200m)で地方交流重賞初制覇を決めているクロフネ産駒。前走の大和ステークスは4着という案外な結果に終わっていますけど、大和ステークスを勝ったヤマニンアンプリメがその後のG3・黒船賞で僅差2着という好結果を残しているように、大和ステークスは相手が悪かった一戦と割り切る事ができますし、2走前のG3・カペラステークス(中山ダート1200m)でも勝ったコパノキッキングから0.4秒差の6着に踏ん張るなど、ハイレベルなレースで上位争いを続けている馬ですから、牝馬限定かつ例年よりもやや低調なメンバー構成になっている今年のマリーンカップであれば、互角以上の走りができるのでは?と考えています。

 

6枠6番 ラーゴブルー(牝5歳 御神本訓史 55kg)

前走:東京シンデレラマイル1番人気1着(S3・大井ダート1600m:1分41秒9)

JRA勢・地方勢ともに手薄なメンバー構成になっている中、地方勢の大将格といえるのがS3の東京シンデレラマイルをキッチリと勝ち上がっているこの馬。リエノテソーロが優勝した昨夏のG3・スパーキングレディーカップで6着(勝ち馬から1.9秒差)に凡退していますから、JRA勢が混じった地方交流重賞で勝ち負けに持ち込むのはさすがに難しいのでは…というネガティブな気持ちこそありますけど、少頭数で落ち着いたペースになる可能性が高い状況であれば、前々からの競馬を見せた前走と同じ形に持ち込めるはずなので、道中の位置取り次第ではJRA勢の上位独占を防いでしまうかもしれません。

 

7枠7番 アイアンテーラー(牝5歳 浜中俊 56kg)

前走:TCK女王盃3番人気12着(G3・大井ダート1800m:1分57秒2)

1800m~1900mの中距離戦で通算6勝を挙げている実績馬。逃げ馬にとって不利な大外枠を引き当てただけでなく、時計の掛かるタフな馬場に対応する事ができなかった前走・TCK女王盃は13頭立て12着という悔しい結果に終わったものの、脚抜きの良い馬場が味方したとはいえ、果敢に先手を奪った2走前のG3・クイーン賞(船橋ダート1800m)で重賞初制覇を決めているように、船橋ダートの交流重賞でキッチリと結果を出している“コース巧者”ですから、クイーン賞を勝った時と同じように、単騎で逃げる競馬に持ち込む事ができれば、今回の相手関係でも十分勝負になると思います。ただ、1800m前後の中距離路線を主戦場にしていますので、初距離の1600mに対応できるのかどうか…というところを慎重に判断する必要があります。JRAのレースよりも流れが遅くなるとはいえ、1800mの先行争いと1600mの先行争いとではペースが全然違いますから、マイル特有の速い流れに対応できない場合は人気を下回る着順に終わっても不思議ありません。

 

8枠8番 リエノテソーロ(牝5歳 大野拓弥 56kg)

前走:ターコイズステークス14番人気16着(G3・中山芝1600m:1分34秒5)

3歳時のG1・NHKマイルカップで2着に入った実績こそありますが、2歳時にG1・全日本2歳優駿を優勝したり、昨夏のG3・スパーキングレディーカップを勝ち切ったり、と川崎ダート1600mの舞台で2つの重賞を制しているメンバー屈指の“ダート巧者”ですから、芝のマイル重賞・ターコイズステークスでシンガリ負けを喫している状況でもコース替わりでのパフォーマンス上昇に期待が集まっています。馬群の中で揉まれる競馬になってしまうと、脆い面を見せる事が多々ありますけど、少頭数の8頭立ての大外枠という絶好枠を引き当てていますので、スタートを五分に出て、好位のポジションから4角入り口付近で先頭に立つ形の競馬ができれば、他馬との格の違いを見せる可能性も十分あるのでは?と考えています。ただ、この馬に関するデータを調べてみたところ【●●●●●●●】という不利データを発見しましたので、足を引っ張りかねない不利データを覆す走りができるのかどうか、というところも今年のマリーンカップの見どころになりそうです。

 

2歳時にダートの交流G1を制した

リエノテソーロの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《マリーンカップ2019》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

船橋ダートコースを走るのは初めてになりますけど、コース形態が似ている川崎ダート1600mの地方交流重賞で勝ち馬と差のない競馬を見せているのはもちろん、左回りコースで【2-3-0-2】(連対率71.4%)という好結果を残している“サウスポー”の傾向があるこの馬であれば、初コースにも無難に対応してくれるであろう、と考え、上位人気確実な状況でも本命に抜てきする事にしました。少頭数で道中の流れが落ち着きそうなところもプラスに働くでしょうし、得意の左回りコースで末脚の威力がこれまで以上に増しそうなマリーンカップで狙い打ちしたいです。

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)マイラーズカップ


マイラーズカップ2019【1番人気分析】ダノンプレミアム【消去データ】3頭

 

(おすすめ記事)フローラステークス

(おすすめ記事)マイラーズカップ

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【マリーンカップ2019/最終予想】8頭立ての少頭数ながら実力拮抗の一戦!注目は左回りで連対率70%超のアノ馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.