競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

フローラステークス2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

投稿日:

フローラステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
フローラステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はフローラステークスが行われますが

春の東京開催は大好きです。

 

大好きな要素としては

日本ダービーやオークスなどのビッグレースが
行われる事が挙げられますが

 

それより何より

”東京芝2400mの重賞予想が得意”

だからです。

2017年は

青葉賞、オークス、ダービー、ジャパンカップ

と、すべてのレースで的中するという確変モードになりました。

 

私のレースの的中率は15%程度なので

4レース全てで的中させるというのは
奇跡的な確率なんですよね~

 

それだけ東京芝2400mの特徴を掴んでいる

という事だと思いますので、

自分でも春の東京重賞は期待をしています。

 

という事で、

フローラステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

 

動画で見たい方は以下からどうぞ

 

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

フローラステークス2019は東京競馬場芝2000mで行われています。

オークストライアルとして行われるレースで
一昨年はモズカッチャンが2着に入っているように

オークスでも活躍する馬を輩出しているレースです。

そんなフローラステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

フローラステークス過去10年のデータ分析

トライアルレースは先行馬が有利!

まず、最初に注目したのはフローラステークスの脚質です。
以下はフローラステークスでの4コーナーでの順位別成績です。


成績を見てみると一目瞭然で

「先行馬が有利です」

 

東京芝2000mという舞台が先行馬有利

という訳でないのですが、

オークスのトライアルという事で無理な仕掛けをしてこない

という点が先行馬有利を生んでいます。

 

また、この時期の牝馬にとって

長距離である2000mをこなすためには
道中で力を溜めなくてはいけない。

という心理が働いているのも大きな要因ですね。

 

ここでフローラステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1、2位の馬が勝ちきっていますが

2着以下は6位以下の馬が多数馬券に絡んでいるので

1頭強い馬が勝ちきって、2、3着で伏兵馬の前残り

という傾向が見て取れますね。

 

 

フローラステークスで楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料でフローラステークス+福島牝馬ステークスの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

距離適性のある条件馬の台頭が見逃せない!

次にフローラステークスの前走クラス別成績を見てみましょう。

前走オープン特別を使ってきた馬は

複勝回収率 33%

と、大きく低迷しています。

逆に前走で500万条件を走った馬の

複勝回収率は 92%

と、素晴らしい成績を残しているように

フローラステークスは

長距離適性のある実績のない馬が狙ってくるレース

であると言えますね。

 

フローラステークスの前走距離別成績を見てみると

前走で1800m以下を使った馬が活躍しています。

 

長距離適性がある馬が不得手な条件で勝ち上がって

フローラステークスで能力全開

というパターンが一番狙えますね。

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

内枠優勢、そして持久力型が活躍するレース

次にフローラステークスの枠順別成績を見てみましょう。

2枠こそ成績を出せていませんが、
回収率を見てみると、明らかに内枠の方が優勢です。

 

東京芝2000mという舞台は
スタート直後から緩やかなカーブになっている舞台です。

物理的な距離ロスがない内枠にアドバンテージがあります。

 

最後にフローラステークスの種牡馬別成績を見ておきましょう。

1位はディープインパクトですが、
回収率を見てみると不振だといえます。

代わりに2位ゼンノロブロイ、3位ハービンジャーと

スタミナ型の種牡馬が名を連ねており

フローラステークスが持久力勝負になっていることが分かります。

 

以上がフローラステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

フローラステークスは東京芝2000mという条件で行われるレースですが
牝馬には酷な2000mという距離に加えて、トライアルという事で

先行馬にアドバンテージがあるレースです。

長い直線がある東京コースなので
持久力型が活躍しているレースであり

コース形状からも内枠が有利である

という点も抑えておきたいですね。

 

 

私がフローラステークス2019で注目しているのは
東京芝2000mが合いそうなあの馬です。

条件上がりで人気もなさそうですし、ここは一発狙いたいですね!

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
フローラステークス2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.