競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【アンタレスステークス2019予想/出走予定馬分析】チャンピオンズカップ2着・ウェスタールンドの年明け始動戦!注目は阪神ダート大得意のアノ伏兵!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190410222131j:plain

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年4月14日(日)

阪神競馬11レース(15時30分発走

第24回アンタレスステークス(G3)

阪神ダート1800m 4歳以上別定

 

《アンタレスステークス2019》

《予想オッズ》

 

①人気 ウェスタールンド  3.3倍

②人気 グリム       3.8倍

③人気 テーオーエナジー  5.0倍

④人気 ロンドンタウン   7.4倍

⑤人気 アナザートゥルース 10.6倍

 

《アンタレスステークス2019》

《出走予定馬分析》

 

アナザートゥルース

(セ5歳 父アイルハヴアナザー・母キョウエイトルース)

前走:名古屋大賞典4番人気3着(G3・名古屋ダート1900m:2分02秒7)

2016年のチャンピオンズカップなど、JRA・地方のダートG1を3勝していて、南関東競馬移籍後も第一線で活躍しているサウンドトゥルーの半弟にあたるメンバー屈指の良血馬。兄のサウンドトゥルーは5歳秋ごろから本格化していましたので、晩成型のダート馬として目覚ましい活躍を見せた偉大な兄と同じような成長曲線を描けるのかどうか、というところが今回のアンタレスステークスの結果でハッキリする事でしょう。前走の名古屋グランプリはグリム相手に完敗を喫しましたが、トリッキーな名古屋ダートコースに上手く対応できなかった感じでしたから、ゆったりとした形で道中を運ぶ事ができる阪神ダート1800mへのコース替わりでパフォーマンスを上昇させる可能性も視野に入れておきたいです。

 

ウェスタールンド

(セ7歳 父ネオユニヴァース・母ユーアンミー)

前走:チャンピオンズカップ8番人気2着(G1・中京ダート1800m:1分50秒5)

1600mの距離が忙しかった2走前の武蔵野ステークスこそ7着に凡退していますけど、過去のダート戦で【2-2-0-1】(連対率80%)という上々の結果を残しているように、精鋭が集い古馬のダート重賞路線で全く底を見せていない明け7歳のスター候補生。年明け初戦になりますので、仕上がり具合がどうか…というところを気にしている方も多くなっている事と思いますが、中10週以上の休養明けで【2-0-1-2】(連対率40%)というまずまずの結果を残していますし、1年4ヶ月ぶりの実戦で初ダートという厳しい状況だった5走前の1000万下・津軽海峡特別(函館ダート1700m)を楽に勝ち切るなど、鉄砲駆けの利くタイプですから、最終追い切りで水準以上の動きを見せた場合は本命級の扱いをする必要があるのでは?と考えています。ただ、G1のチャンピオンズカップで強敵相手に先着を果たしたとはいえ、前走は【●●●●●●●】になるという珍しい現象が起きた事も味方していましたので、直近のG1で好走している馬であっても慎重な判断が求められます。

 

ウェスタールンドの

前走で起きた珍しい現象は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

グリム

(牡4歳 父ゼンノロブロイ・母ブランシュネージュ)

前走:名古屋大賞典1番人気1着(G3・名古屋ダート1900m:2分02秒1)

ライバルのヒラボクラターシュを馬群の内々に閉じ込める、という武豊騎手のファインプレーが光ったとはいえ、前走の名古屋大賞典は着差以上に強い勝ちっぷりでしたし、1800m以上のダート戦で【3-1-1-0】(複勝率100%)という好結果を残している安定株ですから、年明け初戦の名古屋大賞典を叩いた上積みが見込める今回も軽視できない存在になりそう。ただ、馬群の中に閉じ込められた時に脆い面を見せるタイプなので、真ん中から外寄りの枠を引き当てて、スムーズな形で道中を運ぶのが好走するための条件になるのでは?と考えています。

 

テーオーエナジー

(牡4歳 父カネヒキリ・母シルキークラフト)

前走:マーチステークス1番人気10着(G3・中山ダート1800m:1分53秒0)

2000mの距離が長すぎた2走前のG3・佐賀記念3着からの巻き返しが期待され、1番人気に支持された前走のマーチステークスでまさかの10着に凡退。充実一途の4歳馬なのに、やや低調なメンバー構成だったマーチステークスであっさり負けてしまったのは納得いかないところがありますけど、大敗したマーチステークスは馬群の内々に閉じ込められてしまい、直線でも前が壁になる不利を受けるなど、消化不良の一戦だったのは間違いありませんから、4コーナー入り口で先頭に立つような競馬ができれば、前走からの変わり身を見せても全く驚けない存在だと考えています。

 

ロンドンタウン

(牡6歳 父カネヒキリ・母フェアリーバニヤン)

前走:マーチステークス11番人気2着(G3・中山ダート1800m:1分52秒5)

1番人気のテーオーエナジーがスムーズさを欠く形になった前走のG3・マーチステークスで単勝オッズ28.4倍の11番人気という人気薄に甘んじたロンドンタウンですけど、馬群の外々を進む形でレースを運び、トップハンデタイ(57.5kg)の斤量をもろともしない走りを見せ、勝ったサトノティターンから0.2秒差の2着を確保し、復調気配に差し掛かっているところを存分にアピールしました。マーチステークス激走の反動が気になるところですが、プラス18kgで腹回りに余裕があった前走時から馬体重をキッチリ絞る事ができれば、マーチステークス2着以上の走りを見せる可能性もありますので、最終追い切りの動きを見て、前走よりも馬体が絞れているのかどうか、というところを確認したいです。

 

《アンタレスステークス2019》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

キャリア7勝のうち4勝を阪神ダートコースで挙げている“コース巧者”のこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。前走は馬券圏外に凡退していますけど、予想外のスローペースで前残りの展開になってしまっただけでなく、直線で十分な進路を確保できず、満足に追えないままゴール板を迎える、という不利だらけのレースを強いられていましたから、スムーズな形で道中を運ぶ事ができれば、前走のような負け方はしない、という風に解釈しています。

 

(おすすめYouTube)アンタレスステークス


アンタレスステークス2019【1番人気分析】グリム【消去データ】4頭

 

(おすすめ記事)皐月賞

(おすすめ記事)アーリントンカップ

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【アンタレスステークス2019予想/出走予定馬分析】チャンピオンズカップ2着・ウェスタールンドの年明け始動戦!注目は阪神ダート大得意のアノ伏兵!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.