競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【阪神牝馬ステークス2019予想/出走予定馬分析】阪神マイルで連対率100%のラッキーライラックが1番人気濃厚!注目は2年前の重賞で好走した超人気薄!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190403055549j:plain

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年4月6日(土)

阪神競馬11レース(15時35分発走

第62回サンケイスポーツ杯

阪神牝馬ステークス(G2)

阪神芝1600m(外回り

4歳以上牝馬別定

 

《阪神牝馬ステークス2019》

《予想オッズ》

 

①人気 ラッキーライラック 2.8倍

②人気 ミッキーチャーム  4.6倍

③人気 サラキア      5.0倍

④人気 レッドオルガ    7.4倍

⑤人気 カンタービレ    7.9倍

 

《阪神牝馬ステークス2019》

《出走予定馬分析》

 

カンタービレ

(牝4歳 父ディープインパクト・母シャンロッサ)

前走:エリザベス女王杯5番人気6着(G1・京都芝2200m:2分13秒7)

同世代の牝馬限定重賞を2勝(G3・フラワーカップ、G2・ローズステークス)している実績馬。430kg前後のやや小柄な馬で、仕上がりの早いタイプではありますが、今回は約5ヶ月の休養明け初戦になりますから、先々を見据えた仕上がりでレース当日を迎える可能性が高いのはもちろん、2018年1月の未勝利戦(京都芝1600m)以来となるマイル戦出走になりますので、前走から600mの距離短縮に上手く対応できるのかどうか、というところを慎重に見極める必要があります。

 

サラキア

(牝4歳 父ディープインパクト・母サロミナ)

前走:京都金杯2番人気7着(G3・京都芝1600m:1分35秒3)

昨秋のG2・ローズステークスで勝ったカンタービレから0.2秒差の2着を確保したほか、2走前のG1・秋華賞でも勝ったアーモンドアイから0.5秒差の4着に健闘するなど、ハイレベルなレースで善戦を続けている末脚特化型のディープインパクト産駒。スタートを苦手にしている馬なので、課題のスタートを五分に出られるのかどうか、というところが大きなポイントになりますが、上がり勝負になりやすい阪神芝1600m外回りコースはピッタリな条件ですから、スタートの出来次第では上位争いに食い込んできても何ら不思議ない存在です。前走の京都金杯は着外に敗れていますけど、直線で前が壁になる不利を受けての凡退なので、スムーズな形でレースを運ぶ事ができれば、前走のような結果にはならないはずです。

 

ミエノサクシード

(牝6歳 父ステイゴールド・母ハピネスフォーユー)

前走:京都金杯11番人気3着(G3・京都芝1600m:1分35秒1)

3走前に今回と同舞台のOP・ポートアイランドステークス(1分34秒0)を勝ち切るなど、キャリア6勝のうち4勝が阪神芝コースというコース巧者。2走前のG3・ターコイズステークスは9着に敗れていますけど、勝ったミスパンテールから0.4秒しか離されていませんし、54kgの軽いハンデに恵まれたとはいえ、牡馬相手の前走・京都金杯で勝ったパクスアメリカーナから0.2秒差の3着に入ったのは立派ですから、牝馬限定戦に戻る今回は前走以上の結果を残しても全く驚けません。

 

ミッキーチャーム

(牝4歳 父ディープインパクト・母リップルスメイド)

前走:中山牝馬ステークス2番人気14着(G3・中山芝1800m:1分49秒2)

牝馬クラシック三冠の最終戦・秋華賞でアーモンドアイに次ぐ2着を確保しているものの、年明け初戦で多少の割引が必要な状況だったとはいえ、前走の中山牝馬ステークスであっさりと馬群に沈んでしまっていますから、予想外の大敗を喫した前走から急激な変わり身を望むのは難しいかもしれません。ただ、前走はパドックの段階でいつも以上にイレ込み、スタミナを消費する形になっていましたし、逃げ・先行脚質に不利なレース展開になった事も敗因の1つに挙げられますから、レース当日のパドックで落ち着いた状態を保つのはもちろん、秋華賞2着時のように、マイペースの単騎逃げの形に持ち込む事ができれば、復活Vを決める事になっても不思議ないのでは?と少しばかり期待しています。

 

ラッキーライラック

(牝4歳 父オルフェーヴル・母ライラックスアンドレース)

前走:中山記念6番人気2着(G2・中山芝1800m:1分45秒5)

キャリア8戦のうち、馬券圏外に凡退したのは良化途上の状態だった2走前のG1・秋華賞9着だけ、という現4歳世代屈指の安定株が13ヶ月ぶりの重賞制覇を目指し、マイルの阪神牝馬ステークスへとエントリーしてきました。芝2000m前後の中距離がベストだとは思いますけど、阪神芝1600mで【2-1-0-0】(連対率100%)の好結果を残しているコース巧者ですし、53kgの軽い斤量が味方したとはいえ、強いメンバーがそろっていた前走の中山記念でクビ差2着に残った点は高く評価すべきなので、前走以上の人気を集める事が確実な情勢でも軽視するわけにはいきません。ただ、休養明け初戦でパフォーマンスを上げた馬が叩き2戦目で案外な結果に終わる“2走ボケ”に陥る事も十分考えられますので、最終追い切りの動きをしっかりとチェックして、前走の反動があるのかどうか、というところを見極めていきたいです。

 

レッドオルガ

(牝5歳 父ディープインパクト・母エリモピクシー)

前走:東京新聞杯6番人気2着(G3・東京芝1600m:1分32秒0)

6着に終わった2走前のG3・ターコイズステークス(勝ったミスパンテールから0.3秒差)の結果こそ振るいませんでしたが、今年の古馬マイル路線で主役を張るインディチャンプ相手に半馬身差2着という好結果を残した前走・東京新聞杯の走りは目を見張るものがありましたから、牝馬限定重賞の阪神牝馬ステークスで初めての重賞タイトルを奪取してしまうかもしれません。3月27日(水)の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.7-37.8-24.9-12.5)の時計も上々で、順調な調整過程を歩んでいる可能性が高くなっていますけど【●●●●●●●】という低調な結果に終わっているところが若干気になりますので、全幅の信頼を置ける存在ではありません。

 

東京新聞2着馬

レッドオルガの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《阪神牝馬ステークス2019》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

阪神芝1600mで4戦2勝というまずまずの結果を残しているこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。2年前のG2・ローズステークスでリスグラシュー相手に0.1秒差の競馬をした事がありますから、重賞で全く足りない馬というわけではありませんし、年明け2戦目で更なる調子上昇が見込めるところも魅力的なので、1600万下条件を勝ち上がったばかりの“格下”であっても十分勝負になる、と考えています。

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)阪神牝馬ステークス


阪神牝馬ステークス2019【1番人気分析】ラッキーライラック【消去データ】6頭

 

(おすすめ記事)桜花賞

(おすすめ記事)ニュージーランドトロフィー

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【阪神牝馬ステークス2019予想/出走予定馬分析】阪神マイルで連対率100%のラッキーライラックが1番人気濃厚!注目は2年前の重賞で好走した超人気薄!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.