競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【中山記念2019予想/過去データ分析】1週前追い切りで3頭併せ最先着を果たしたアノ馬をピックアップ!芝1800m前後の距離で連対率100%!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190217224137j:plain

 

おすすめ軸馬 166戦135勝(135-15-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.3%

気になる軸馬 178戦141勝(141-18-10-9)
勝率79.2%馬券圏内率94.9%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年2月24日(日)

中山競馬11レース(15時45分発走)

天皇陛下御在位30年慶祝

第93回中山記念(G2)

中山芝1800m 4歳以上別定

 

《中山記念2019》

《チェックポイント》

 

※出走馬確定前の分析になります

 

①過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【1-0-0-4】

2番人気【2-1-1-1】

3番人気【2-0-1-2】

4番人気【0-2-1-2】

5番人気【0-1-0-4】

6番人気以下【0-1-2-30】

 

過去5年の勝ち馬はいずれも1番人気~3番人気の上位人気から出ていますので、上位人気馬の中から馬券の軸を選んでいくのが得策かと思います。一方、単勝オッズ15.0倍以下の関西馬は【0-0-0-10】で馬券圏内ゼロという厳しい結果に終わっていますから、関西馬の人気薄は軽視した方が良さそうです。

 

②過去5年の枠順別・年齢別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【1-0-0-4】

2枠【0-0-1-5】

3枠【1-0-1-4】

4枠【1-0-0-5】

5枠【1-2-0-3】

6枠【0-1-0-8】

7枠【1-0-2-7】

8枠【0-2-1-7】

 

中山記念が行われる中山芝1800mは第1コーナーに到達するまでの距離が約200mと短くなっているため、コースロスが大きくなる外枠よりも内ラチ沿いを通る事が可能な内枠の方が有利、という定説が存在していますけど、過去5年の中山記念の枠順別成績を見てみると、5枠~8枠の外枠が2勝・2着5回という上々の結果を残していますので、内枠が有利になりがちな中山芝1800mの条件であっても、中山記念に限っては枠順の有利不利は存在しない、という風に解釈する必要がありそうです。

 

<年齢別成績>

 

4歳【3-2-3-7】

5歳【1-2-0-9】

6歳【1-1-1-13】

7歳以上【0-0-1-14】

 

年齢別成績でトップの連対率をマークしているのが連対率33.3%の4歳(エポカドーロ・ステルヴィオ・ハッピーグリン・ラッキーライラック)で、5歳(ウインブライト・スワーヴリチャード・ディアドラ・トータルソッカー)と6歳(フィールドシャルム)からも勝ち馬・連対馬が出ている状況ですけど、7歳以上(シベルアンスパーブ・トルークマクト・マイネルサージュ・マルターズアポジー)は連対馬ゼロの低調な結果に終わっていますから、7歳以上のベテランホースの評価は割り引くようにしてください。

 

③過去5年の前走着順別・前走単勝人気別成績データ

 

(前走着順別成績)

 

前走1着【2-1-1-7】

前走2着【2-1-1-1】

前走3着【0-0-0-3】

前走4着【0-0-0-5】

前走5着【0-1-2-2】

前走6着~9着【1-2-0-8】

前走10着以下【0-0-1-17】

 

2017年の勝ち馬・ネオリアリズムはG1・香港マイル9着からのエントリーで中山記念を制していますので、前走凡退組からの巻き返しにも警戒したいところですが、4勝・2着2回の前走2着以内(ウインブライト・ステルヴィオ・ディアドラ)は過去5年すべてで連対を果たしていますから、前走で3着以下に凡退(エポカドーロ・シベルアンスパーブ・スワーヴリチャード・トータルソッカー・トルークマクト・ハッピーグリン・フィールドシャルム・マイネルサージュ・マルターズアポジー・ラッキーライラック)している馬よりも、前走好走馬を狙うのが得策です。

 

(前走単勝人気別成績)

 

前走1番人気【2-2-1-5】

前走2番人気【1-0-2-4】

前走3番人気【0-1-0-5】

前走4番人気【0-1-0-3】

前走5番人気【1-1-0-2】

前走6番人気~9番人気【0-0-1-13】

前走10番人気以下【0-0-0-9】

※2017年1着ネオリアリズム・2017年3着ロゴタイプは前走海外のためデータから除外

 

過去5年の連対馬はすべて前走5番人気以内(ウインブライト・エポカドーロ・ステルヴィオ・スワーヴリチャード・ディアドラ・ラッキーライラック)の条件に該当していましたので、前走で6番人気以下の人気薄(シベルアンスパーブ・トータルソッカー・トルークマクト・ハッピーグリン・フィールドシャルム・マイネルサージュ・マルターズアポジー)だった馬の評価は割り引くようにしてください。

 

また【●●●●●●●】(スワーヴリチャード・ディアドラ・ラッキーライラック)は過去5年で【0-0-2-6】という厳しい結果に終わっていますから、上記データに該当している馬を本命に抜てきするのは避けた方が良いかもしれません。

 

ディアドラやスワーヴリチャードの

上位人気馬が該当している不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《中山記念2019》

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

年齢別成績(4歳)・前走着順別成績(1着)・前走単勝人気別成績(5番人気)の好走データに該当しているこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。芝2400mのG1・日本ダービーでは着外に敗れていますけど、7戦7連対の芝1600m・1800mでは全く崩れていませんし、トリッキーな中山芝1800mの重賞を1年前に勝っている点も好感が持てますので、なかなかの好メンバーがそろった今年の中山記念でも好勝負に持ち込めるはずですし、2月13日の1週前追い切り(美浦Wコース6ハロン81.0-66.6-52.1-38.1-12.5)では3頭併せの最内からスパッとキレる末脚を繰り出して、キッチリと最先着を果たすなど、順調な調整過程を歩んでいますから、レース間隔が空いている状況でも侮れない存在になりそうです。

 

おすすめ軸馬 166戦135勝(135-15-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.3%

気になる軸馬 178戦141勝(141-18-10-9)
勝率79.2%馬券圏内率94.9%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


中山記念2019【1番人気分析】ステルヴィオ【消去データ】6頭

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【中山記念2019予想/過去データ分析】1週前追い切りで3頭併せ最先着を果たしたアノ馬をピックアップ!芝1800m前後の距離で連対率100%!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.