競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【フェブラリーステークス2019予想/追い切り後分析】前走惜敗のリベンジに燃えるアノ馬が本命!2週連続で追い切り好時計を叩き出す!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190216212719j:plain

 

おすすめ軸馬 166戦135勝(135-15-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.3%

気になる軸馬 178戦141勝(141-18-10-9)
勝率79.2%馬券圏内率94.9%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年2月17日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第36回フェブラリーステークス(G1)

東京ダート1600m 4歳以上定量

 

《フェブラリーステークス2019》

《枠順確定後追い切り展望》

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 クインズサターン(牡6歳 四位洋文 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン52.9-39.0-25.3-12.4

2着に入った昨年11月のG3・武蔵野ステークスから月1走のペースで使っているだけでなく、3着を確保した前走のG3・根岸ステークスから中2週のローテーションであるにも関わらず、坂路4ハロン52秒台-ラスト1ハロン12秒台というなかなかの時計をマークしてきました。レースを使い込んでいる影響を感じさせないくらい、活気あふれる動きを披露していましたし、差し馬向きの展開になれば、この馬が上位争いに食い込むチャンスも十分あるのではないでしょうか。

 

2枠2番 ユラノト(牡5歳 福永祐一 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン51.4-37.2-24.2-12.1

1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.8-37.3-24.6-12.4)に引き続き、最終追い切りでも坂路4ハロン51秒台をマーク。栗東・松田国英厩舎はハードな追い切りを課すケースが多くなっていますけど、根岸ステークス2着から中2週のレース間隔で2週連続51秒台の時計を出せるのは調子が良い証拠だと思うので、攻め馬を強化してきたこの馬がG1で重賞初制覇を決めてしまうかもしれません。

 

3枠3番 ゴールドドリーム(牡6歳 ルメール 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン52.1-37.3-24.0-12.0

現役トップクラスの“調教番長”なので、追い切りの動きが急激に良くなった、という風には思えませんけど、追い切りの動きの質が落ちているわけではなく、高いレベルのデキをずっと維持していますから、3年連続でフェブラリーステークス連対を果たす事になっても全く驚けませんし、東京マイルコースへの適性はメンバー中で一番高いはずなので、安定感抜群のこの馬を馬券の軸に抜てきする、という馬券作戦も全然アリだと思います。

 

3枠4番 メイショウウタゲ(牡8歳 北村宏司 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン55.2-40.5-26.0-12.7

単走で道中の折り合いに専念する、という軽めの内容に留めています。可もなく不可もなく、という感じの平均的な動きだったのですが、3着に好走した3走前のG1・南部杯時の最終追い切りでは栗東坂路4ハロン51秒台の速い時計をマークしていましたから、南部杯の時よりも一枚劣るデキという風に解釈しています。

 

4枠5番 サクセスエナジー(牡5歳 松山弘平 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン50.6-36.9-24.0-12.0

1馬身半ほど先行していた古馬500万下・ドラグーンシチー相手に同入。格下相手にやや手こずるような形になってしまいましたが、4ハロン50.6秒-ラスト1ハロン12.0秒という時計は優秀ですし、オープン特別のすばるステークスを勝った勢いを更に加速させている印象もあります。

 

4枠6番 インティ(牡5歳 武豊 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン53.0-39.0-25.0-12.1

1週前追い切り(栗東坂路4ハロン53.6-39.1-25.4-12.4)に引き続いて、単走馬なりで坂路4ハロン53秒台という平均的な時計に留まっていますので、大楽勝だった前走のG2・東海ステークスから大きな上積みを見込むのは厳しいかもしれませんが、頭の位置を下げ、推進力のフォームで坂路を軽快に駆け上がった姿を見る限り、高いレベルのデキを維持しているのは間違いありませんので、芝スタート&初マイルの条件をクリアする事ができれば、他馬との勢いの差を見せつける結果になっても驚けないと思います。

 

5枠7番 サンライズノヴァ(牡5歳 戸崎圭太 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン50.8-37.4-24.7-12.6

同日のG3・小倉大賞典に出走するブラックスピネルとの併せ馬を敢行。ブラックスピネルがサンライズノヴァを追いかける形になっていましたが、追い切りで好時計を連発するブラックスピネル相手に最後の最後まで先着を許さず、最終的には1馬身半ほど先着したところでフィニッシュを迎えました。4ハロン50.8秒という全体時計は自己ベストですし、根岸ステークスで大きく崩れた分、狙いづらい存在ではありますけど、叩き2戦目で状態がアップしているのは間違いないので、差し馬向きの展開になる、と考えている皆さんは堅実な末脚を持つこの馬を馬券の買い目に加えておいてください。

 

5枠8番 モーニン(牡7歳 和田竜二 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン50.2-36.2-23.6-11.9

3年前のフェブラリーステークスを優勝している明け7歳のベテランホース。4着に敗れた近2走(G1・JBCスプリント、G3・根岸ステークス)はもどかしい結果に終わっていますけど、中2週のローテーションなのに、4ハロン50.2秒-ラスト1ハロン11.9秒という超ド級の時計を叩き出しているように、具合はかなり良いので、デキの良さで上位争いに割って入る可能性も十分ありそうです。

 

6枠9番 ワンダーリーデル(牡6歳 柴田大知 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン53.0-38.1-24.7-12.3

最終追い切りで右肩上がりのラップを刻んだ点は好感が持てますけど、他の有力馬と動きを比較すると、非力な感じを受けてしまいますので、G1ホースが数多くそろった大一番・フェブラリーステークスで上位争いを演じるのはかなり難しいのではないでしょうか。

 

6枠10番 サンライズソア(牡5歳 田辺裕信 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン55.9-39.4-25.0-12.1

1週前追い切り(栗東坂路4ハロン50.7-36.8-24.2-12.4)で速い時計を出していますので、最終追い切りは4ハロン55.9秒という平凡な全体時計に留め、微調整程度の調整を施しています。終い重点の内容だったとはいえ、鞍上が仕掛けてからの反応も上々でしたし、レース間隔が空いている中でも実力を発揮できる状態に仕上がっています。

 

7枠11番 コパノキッキング(セ4歳 藤田菜七子 57kg)

13日(水):栗東CWコース6ハロン83.8-65.9-51.2-38.0-12.7

道中で行きたがる面を抑えながら…という追い切りを消化するケースが多い馬なのですが、今回の最終追い切りはフィニッシュ地点を迎えるまで気難しい面を一切見せず、道中の折り合いもバッチリついていたので、最終追い切りの動きを再現できれば、初距離の課題を克服する可能性も十分あると思います。藤田菜七子騎手が騎乗する事もあり、ネット上では危険視する声もあちらこちらで出ていますけど、藤田菜七子騎手のような当たりの柔らかいジョッキーはコパノキッキングに合う、と当ブログでは判断していますから、勝ち切るのは難しくても、2着・3着に入る可能性は否定できない、というジャッジを下したいです。

 

7枠12番 ノボバカラ(牡7歳 ミナリク 57kg)

14日(木):栗東坂路4ハロン51.0-37.0-24.1-12.2

栗東・森秀行厩舎への転厩2戦目。攻め駆けする馬が多く在籍している森秀行厩舎の中でも速い時計をバンバン出している“調教番長”ですから、今回の最終追い切りでも4ハロン51.0秒という好時計をマークしました。近走の結果を見る限り、ハイレベルなフェブラリーステークスで通用するとは思えないのですが、デキ自体は良いので、玉砕覚悟の先行策でどこまで粘れるのか、というレースになりそうです。

 

8枠13番 ノンコノユメ(セ7歳 内田博幸 57kg)

13日(水):美浦Wコース5ハロン69.2-54.2-40.1-13.7

前哨戦の根岸ステークスを快勝し、フェブラリーステークスに出走した1年前とは異なり、今年は年明け初戦にフェブラリーステークスを選択する、という形になっています。追い切りで速い時計を出すタイプではないので、平凡な全体時計に留まった点は気にならないのですが、絶好調だった1年前の最終追い切りの動きと比較すると、スピード感に欠ける動きに留まっているので、追い切り面で高い評価を与えるわけにはいきません。

 

8枠14番 オメガパフューム(牡4歳 M・デムーロ 57kg)

13日(水):栗東坂路4ハロン52.4-38.0-24.7-12.4

1馬身半ほど先行していた3歳未勝利・オメガダヴィンチとの併せ馬を敢行し、目一杯に追われていた併走相手を楽な手応えで抜き去って行き、最終的には1馬身ほど先着したところでフィニッシュを迎えました。格下相手に先着するのは当然な事ですけど、余力たっぷりの手応えで4ハロン52秒台の好時計をマークしているように、これまでのレースよりも流れが速くなるマイル戦向きの仕上げを施していますので、久々のマイル戦にも無難に対応してくれるのではないでしょうか。ただ【●●●●●●●】という結果に終わっている点は若干気になりますから、全幅の信頼は置けません。

 

G1請負人のM・デムーロ騎手が

騎乗するオメガパフュームの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《フェブラリーステークス2019》

《追い切りランキング》

 

1位 インティ

(終い重点ながら活気あふれる動き!高いレベルで調子維持!)

2位 ゴールドドリーム

3位 コパノキッキング

4位 ユラノト

5位 オメガパフューム

 

《フェブラリーステークス2019》

《最終予想オッズ》

 

①人気 インティ     2.9倍

②人気 ゴールドドリーム 3.3倍

③人気 オメガパフューム 3.8倍

④人気 コパノキッキング 7.7倍

⑤人気 サンライズノヴァ 10.6倍

 

《フェブラリーステークス2019》

《展開予想》

 

初マイルのインティがハナを叩けるのかどうか、というところが今年のフェブラリーステークスを占う最大のポイントになっていますけど、インティはテンのダッシュ力がべらぼうに速いタイプではありませんので、短距離戦で逃げた経験を持つサクセスエナジーがハナを奪い、前半600m通過34秒台半ば~35秒台前半の平均ペースを形成していくのでは?と予想しています。ただ、冬場のダート戦は凍結防止剤の影響で時計の掛かるタフな馬場になっている可能性もありますから、レース前日はもちろん、レース当日のダート戦の結果をしっかりチェックして、馬体重の大きな馬が好走しているのかどうか、あるいは先行馬が有利なのか差し馬が有利なのか、など馬場傾向を把握してから、馬券作戦を組み立てる事をおすすめします。

 

《フェブラリーステークス2019》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

上位人気4頭(インティ、ゴールドドリーム、オメガパフューム、コパノキッキング)を素直に信頼するのもアリなのでしょうが、今年のフェブラリーステークスは2週連続で抜群の追い切り時計を叩き出し、具合の良さをアピールしているこの馬から勝負したいと思います。前走は惜しい2着に終わっていますが、良化の余地を残していながら、勝ち馬にしぶとく迫る走りができていましたし、極端な乱ペースにならない限り、好位から上手く立ち回る競馬を得意にしているこの馬が上位人気4頭の中に割って入る、あるいは上位人気4頭を負かす形になっても全く驚けないので、前走で好走しているのに、注目度の高い他馬に上位人気を譲りそうな今回こそが最大の狙い目になるのでは?と考え、この馬を本命に抜てきしました。

 

《フェブラリーステークス2019》

《参考買い目》

 

馬連3点

◎⇒③⑥⑪

 

おすすめ軸馬 166戦135勝(135-15-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.3%

気になる軸馬 178戦141勝(141-18-10-9)
勝率79.2%馬券圏内率94.9%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


フェブラリーステークス2019【1番人気分析】インティ【消去データ】6頭

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【フェブラリーステークス2019予想/追い切り後分析】前走惜敗のリベンジに燃えるアノ馬が本命!2週連続で追い切り好時計を叩き出す!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.