競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【京都記念2019予想/出走予定馬分析】1週前追い切りで破格の時計を叩き出したアノ馬をイチオシ!調子上向きでコース替わりも大きなプラス材料に!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190203210547j:plain

 

おすすめ軸馬 166戦135勝(135-15-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.3%

気になる軸馬 178戦141勝(141-18-10-9)
勝率79.2%馬券圏内率94.9%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年2月10日(日)

京都競馬11レース(15時35分発走)

第112回 農林水産省賞典 京都記念(G2)

京都芝2200m 4歳以上別定

 

《京都記念2019のレース展望》

 

グレード制が導入された1984年の前年まで春秋の年2回施行されていて、岡部幸雄騎手騎乗のヒシアケボノが優勝した1994年から“京都芝2200m”という現行の条件が定着している伝統のGⅡ戦・京都記念が今週の京都開催のメインレース。

 

天皇賞春や宝塚記念といった春の古馬中・長距離GⅠのステップレースとして重要な立ち位置になっていた京都記念ですけど、近年は毎年3月末に開催されるドバイ国際競走への出走を目指すトップホースたちがドバイ遠征前の壮行レースとして京都記念にエントリーする機会が多くなっています。

 

1年前の京都記念もドバイシーマクラシックへの出走を予定していたダービー馬・レイデオロ(単勝オッズ1.6倍の圧倒的1番人気)の壮行レースのような意味合いになっていたのですが、主戦ジョッキーのルメール騎手が騎乗停止処分を受け、京都記念で騎乗する事ができなくなり、バルジュー騎手との初コンビで京都記念にエントリーする事になったレイデオロは道中で折り合いを欠き、本来の実力を発揮できないままレースを終え、馬券圏内の3着をギリギリ確保する、という不安の残る走りを見せてしまいました。終始スムーズさを欠く競馬になってしまったレイデオロに対し、明け4歳のクリンチャー(4番人気・単勝オッズ10.5倍)は中団やや前めのポジションからスムーズなレース運びを見せ、同い年の皐月賞馬・アルアインを1馬身振り切っての重賞制覇を果たしています。京都記念を勝ってからのクリンチャーは精彩を欠く(天皇賞春3着、フォワ賞6着、凱旋門賞17着、有馬記念15着)形になっていますけど、京都記念でダービー馬・レイデオロを負かした事実は変わりありませんから、今後のレースで復調した姿を見せてくれるのかどうか、というところにも注目したいです。

 

また、京都記念の過去5年分のデータを調べてみると、1枠~3枠が【0-0-2-15】で連対馬ゼロという厳しい結果に終わっている事が判明。3枠より内の枠に入った馬は消し、4枠から外の枠を引いた馬の中から馬券の軸にふさわしい存在を見つけ出していく、というアプローチが必要になりそうですし、2012年2着のダークシャドウから1番人気が7連敗中という気掛かりなデータも存在していますから、「内枠不振」「1番人気不安定」の傾向が色濃くなっている事を頭の中に入れた状態で馬券作戦を組み立てる事をおすすめします。

 

《京都記念2019予想オッズ》

 

①人気 パフォーマプロミス 3.2倍

②人気 ステイフーリッシュ 3.8倍

③人気 ダンビュライト   5.0倍

④人気 ノーブルマーズ   6.9倍

⑤人気 マカヒキ      9.2倍

 

《京都記念2019出走予定馬分析》

 

ステイフーリッシュ

(牡4歳 父ステイゴールド・母カウアイレーン)

京都記念と全く同じ京都芝2200mのGⅡ・京都新聞杯(2分11秒0)を制しているほか、2走前のGⅢ・チャレンジカップで3着(勝ったエアウィンザーから0.7秒差)や前走のGⅢ・中山金杯で僅差2着(勝ったウインブライトと半馬身差)など、直近の重賞路線で好走を続け、年長馬相手に通用する事を証明したステイゴールド産駒。気持ちが先走ってしまうタイプなので、レース当日のパドックでの気配に注意する必要がありますけど、昨年末あたりから追い切りで気負う面を見せなくなっているように、気性面の成長がうかがえますから、近2走と同程度かそれ以上の走りを見せても不思議ない状況だと思います。

 

ノーブルマーズ

(牡6歳 父ジャングルポケット・母アイアンドユー)

福永祐一騎手がワグネリアンとのコンビで悲願のダービー初制覇を果たした1年前のダービーデーの最終レース・目黒記念で勝ったウインテンダネスから3/4馬身差の2着を確保したほか、その後のGⅠ・宝塚記念でも3着(勝ったミッキーロケットから0.5秒差)に健闘するなど、昨春の芝中・長距離路線で目覚ましい活躍を見せたものの、更なる飛躍が期待された昨秋は2戦連続で馬券圏外(アルゼンチン共和国杯9着、ジャパンカップ13着)に敗れ、評価が急落しています。ただ、年明け初戦のGⅡ・日経新春杯で4着(勝ったグローリーヴェイズから0.2秒差)というまずまずの結果を残しているように、昨秋の2戦は相手関係が悪かっただけ、という見方もできますので、GⅡ程度の相手関係であれば、互角以上の走りを見せても不思議ないと思います。ポイントは最終追い切りの終いの反応。追い切りの動きの良し悪しがレース結果に直結するタイプですから、当ブログの追い切り後分析記事(週末公開予定)を是非参考にしてください。

 

パフォーマプロミス

(牡7歳 父ステイゴールド・母アイルビーバウンド)

デビュー前の段階から体質の弱さを指摘されていた馬なのですが、スーパー未勝利の時期が間近に迫っていた3歳9月の新馬戦を快勝し、素質の片鱗を見せると、適度に休養を挟みながら、着実にステップアップしていき、重賞レース初出走となった2018年1月のGⅡ・日経新春杯でミッキーロケット以下に勝ち切る大金星を挙げ、注目度を一気に上昇させた晩成型のステイゴールド産駒。前走のGⅠ・有馬記念は14着(勝ったブラストワンピースから1.5秒差)に凡退していますけど、豪華メンバーがそろっていたグランプリ・有馬記念は相手が悪かった印象ですし、2走前のGⅡ・アルゼンチン共和国杯で2つ目の重賞タイトルを奪取するなど、直近のGⅡレースで好走している実績上位馬ですから、【2-0-1-0】(複勝率100%)のGⅡレースに戻る今回は巻き返し必至の状況だ、と考えている方も多くなっている事でしょう。ただ、過去の戦績を調べてみると、OP昇級後に3着以内を確保したレースはすべて【●●●●●●●】という気掛かりなデータを発見。別定戦で57kgの斤量を課される今回は他馬との戦いというよりも、やや重めの斤量を克服できるのか、というところがポイントになるかもしれません。

 

昨年G2レースを2勝した

パフォーマプロミスの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

マカヒキ

(牡6歳 父ディープインパクト・母ウィキウィキ)

川田将雅騎手とのコンビで2016年の日本ダービーを優勝し、ダービー馬の仲間入りを果たしたものの、約2年9ヶ月もの間、国内での勝ち星から遠ざかっていますけど、3走前のGⅡ・札幌記念で僅差2着(勝ったサングレーザーとハナ差)確保しているように、急激に力が落ちたわけではありませんから、近走よりも若干相手関係が楽になるGⅡ・京都記念で久方ぶりの勝利を決める可能性も捨てきれないと思います。2年前の京都記念で1番人気3着という悔しい結果に終わっていますが、この時は苦手な道悪馬場(やや重)になってしまい、末脚が鈍っていましたから、良馬場で瞬発力の有無が問われる流れに持ち込む事ができれば、面白い存在になりそうです。

 

《京都記念2019》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン79.8-63.7-49.2-36.5-12.1)で破格の時計を叩き出し、5着という消化不良な結果に終わった前走以上のデキが見込めるこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。攻め駆けするタイプの割には実戦で思うような結果が残せていない、というもどかしい状況ですけど、3戦2連対の京都芝コースであれば、変わり身が期待できますし、高速馬場よりも時計の掛かる荒れ馬場の方が向くタイプですから、デキ良化+コース替わりでのパフォーマンス上昇に期待したいです。

 

おすすめ動画


京都記念2019【1番人気分析】ステイフーリッシュ【消去データ】2頭

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【京都記念2019予想/出走予定馬分析】1週前追い切りで破格の時計を叩き出したアノ馬をイチオシ!調子上向きでコース替わりも大きなプラス材料に!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.