競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

きさらぎ賞2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

投稿日:

きさらぎ賞2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたきさらぎ賞2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

朝日杯フューチュリティステークスで
3着に敗れたグランアレグリアが桜花賞へ直行するらしいですね。

 

朝日杯は残念でしたが、サウジアラビアロイヤルカップでは
強い競馬を見せましたし、何より

新馬戦ではダノンファンタジーに勝っていますからね~

その能力が折り紙付きなのは明らかなんですが

やっぱり直行のローテーションというのは嫌な要素ですよね。

 

昨年の桜花賞はアーモンドアイがシンザン記念からの
直行ローテで勝ちましたが、
あそこまで強い馬が出てくるのは稀で

クイーンカップやフェアリーステークスから直行した組は

どの馬も惨敗していますからね。

 

桜花賞のグランアレグリアは切るかどうかはともかく

印は大きく下げると思います。

 

という事で、牡馬クラシックのレースの一つである
きさらぎ賞2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

きさらぎ賞、盤石の体制で迎えるのはあの関西馬!

チェックメイトではきさらぎ賞において

“前走以上に盤石と言われる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営がクラシックを意識している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
きさらぎ賞で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

きさらぎ賞2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずきさらぎ賞(京都芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・実績よりも勢い重視のレース

・直線で速い上がりの脚が使える馬が有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日・日曜日は晴れ予報で
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 タガノディアマンテ

前走はエールヴォアの2番手につけて
そのまま粘り込む競馬を見せたタガノディアマンテ

オルフェーヴル産駒なのでパワーが前に出た馬ですが
今回のきさらぎ賞で最内枠を引きました。

前走同様の先行策が期待できる枠順で
自分のリズムで競馬が出来そうな枠順を引けましたね。

 

2枠2番 エングレーバー

2戦2勝と底を見せていないエングローバーは
2番枠と内枠に入りました。

過去2戦ではかかる面をみせており
折り合いに不安がつくタイプなので
インを追走できる2番枠は好枠だといえます。

少頭数なのでバラけずに内に入れたいですね。

 

3枠3番 ヴァンドギャルド

ホープフルステークスでは不利があって
伸びきれなかったヴァンドギャルドは3番枠に入りました。

枠順に注文がつくタイプの馬ではありませんが
自分のリズムで競馬が出来た方が良い馬なので
少頭数での競馬はプラスですし、枠順の不利もなさそうです。

きさらぎ賞では自分の力を出せそうですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

きさらぎ賞で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

4枠4番 ダノンチェイサー

500万条件を勝ち上がってきたダノンチェイサーは
4枠4番と真ん中の枠順に入りました。

ヴァンドギャルドと同様に枠順の注文はつかない馬ですが
8頭立ての中での4番枠は文句のつけようがない枠順です。

ヴァンドギャルド、アガラスと重賞で実績を出している馬がいますが
ダノンチェイサーの力は出し切れる枠順に入れましたね。

 

5枠5番 コパノマーティン

朝日杯に出走した経験があるコパノマーティン

逃げや差しの経験もあるので
枠順はそれほど気になりませんが
地力は劣る存在なので、ちょっと苦しいかもしれません。

 

6枠6番 ランスオブプラーナ

前走のなずな賞では2着と好走したランスオブプラーナ

過去のレースでは先行している馬なので
もう少し内枠でもよかったですが
今回は少頭数なので、それほど気にする必要はありません。

体力で勝負をする馬なので馬場が重い方が良さそうです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

7枠7番 アガラス

東スポ杯2歳ステークスでは後方から追い込んで
2着に入ったアガラスは外目の7番枠に入りました。

前走は差しましたが、2走前は先行しているように
脚質の幅がある馬なので、外の枠でも問題ありません。

東スポ杯では不利がありながらのレースだったので
今回のきさらぎ賞ではスムーズな競馬が出来そうですね。

 

8枠8番 メイショウテンゲン

メイショウベルーガの子供メイショウテンゲンは
大外の8番枠に収まりました。

前走は直線に入ってから外へ内へふらついていたように
まだ気性が幼く、未完成な馬なので
壁が作れない大外枠は良い材料とはいえません。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

まとめ

きさらぎ賞2019で良い条件の枠をゲットしたのは

4枠4番 ダノンチェイサー

1枠1番 タガノディアマンテ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

8頭立てと少頭数になった今年のきさらぎ賞

枠順や展開はそれほど関係なさそうな頭数なので
馬の地力と京都コースへの適性をみて予想するレースになりそうです。

皐月賞、日本ダービーを占う意味でも
見逃せない一戦となりそうですね。

 

私がきさらぎ賞2019で注目している馬は
枠順はイマイチですが、潜在能力は間違いのないあの馬です。

持っている力を発揮できれば、十分に勝負できる馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
きさらぎ賞2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.