競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019予想/過去データ分析】中山の非根幹距離重賞で好走歴があるベテランに注目!距離が長かった前走よりも期待大!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190117203911j:plain

 

おすすめ軸馬 161戦131勝(131-14-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.1%

気になる軸馬 173戦137勝(137-17-10-9)
勝率79.1%馬券圏内率94.7%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

先週 日経新春杯&京成杯ダブル的中達成!

馬券回収率254%(馬連3点)

f:id:jikuuma:20190114230025j:plain

f:id:jikuuma:20190114230113j:plain

 

2019年1月20日(日)

中山競馬11レース(15時45分発走)

第60回 アメリカジョッキークラブカップ(G2)

中山芝2200m 4歳以上別定

 

《アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019の見どころ!》

 

特別登録の段階で11頭という寂しいエントリー数になっていますけど、キャリア4戦目でGⅠ・菊花賞を勝ち切ったフィエールマンが2019年の始動戦としてアメリカジョッキークラブカップを選択した事で例年以上の盛り上がりを見せています。

 

3000mの長丁場だったのに、ペースが極端に遅く、長距離戦としては異例な瞬発力勝負になった事が菊花賞のフィエールマンの勝因だった、と私は解釈していますが、底を見せていない4歳馬である事には変わりありませんし、併走相手を子供扱いしてみせた1月9日の1週前追い切り(美浦Wコース5ハロン68.2-52.9-39.5-12.8)の内容は文句なしでしたし、軽快に美浦Wコースを駆け抜けた追い切り動画の姿を見る限り、余裕のある腹回りには見えなかったので、レース間隔が空いている状況でも侮れない存在になる事でしょう。

 

フィエールマンの対抗格になるのが1年前の優勝馬・ダンビュライトと中山芝2200mのセントライト記念を優勝しているジェネラーレウーノの2頭。ダンビュライトは最近のレースで気の悪い面を見せている点が気になりますけど、課題のスタートを上手く決める事ができれば、今回の相手関係でも勝負になるはずですし、ジェネラーレウーノはマイペースで逃げる形に持ち込むと、驚異的な粘りを発揮するタイプなので、展開次第ではフィエールマンを逆転する可能性も十分あるかと思います。

 

《アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019のチェックポイント》

 

※出走馬確定前の分析になります

 

①過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【0-2-0-3】

2番人気【3-0-1-1】

3番人気【0-1-1-3】

4番人気【1-0-0-4】

5番人気【0-0-0-5】

6番人気以下【1-2-3-46】

 

2015年のゴールドシップ(7着)や2016年のサトノラーゼン(10着)など、過去5年ベースで苦戦傾向にある1番人気よりも、過去5年で3勝を挙げている2番人気の方に分がある、という気になるデータが存在していました。また、3番人気以下の関西馬は【0-1-0-22】という低調な結果に終わっていますので、穴を狙うなら関東馬の方がおすすめです。

 

②過去5年の枠順別・年齢別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【0-1-2-6】

2枠【1-0-0-8】

3枠【0-1-0-8】

4枠【1-0-1-7】

5枠【1-1-1-6】

6枠【2-1-0-7】

7枠【0-1-1-8】

8枠【0-0-0-12】

 

大外の8枠は12頭出走して全滅という状況ですけど、外寄りの枠もまずまずの結果を残していますから、8枠以外は枠の有利不利が存在していない、という風に考える必要がありますね。

 

<年齢別成績>

 

4歳【1-2-2-7】

5歳【1-0-1-8】

6歳【2-1-1-15】

7歳以上【1-2-1-32】

 

どの世代からも勝ち馬が輩出されていますので、年齢だけで取捨選択してしまうのは危険です。ただ、7歳以上の関西馬(ステイインシアトル)は【0-0-0-13】という低調な結果に終わっていますから、来年以降もベテランの関西馬は軽視する方向でいきたいです。

 

③過去5年の前走着順別・前走単勝人気別成績データ

 

(前走着順別成績)

 

前走1着【1-1-1-8】

前走2着【1-2-0-6】

前走3着【1-0-1-4】

前走4着【1-0-0-7】

前走5着【0-0-0-6】

前走6着~9着【0-2-1-14】

前走10着以下【1-0-2-17】

 

前走4着以内(ショウナンバッハ・ステイインシアトル・ダンビュライト・フィエールマン)が過去5年ベースで4勝・2着3回の好結果を残していますから、前走好走馬を中心にした馬券で勝負したいところ。逆に、前走有馬記念以外で5着以下(アクションスター・ジェネラーレウーノ・マイネルミラノ・ミライヘノツバサ・メートルダール)だった馬は【0-2-3-33】で1勝もしていない状況なので、この不利データに該当したジェネラーレウーノの扱いには注意が必要です。

 

(前走単勝人気別成績)

 

前走1番人気【3-2-0-4】

前走2番人気【0-0-2-1】

前走3番人気【0-1-0-5】

前走4番人気【0-1-0-3】

前走5番人気【0-0-0-6】

前走6番人気~9番人気【1-1-1-20】

前走10番人気以下【1-0-2-23】

 

前走1番人気が他を圧倒していますが、残念ながら今年が該当馬なしという状況なので、来年以降に活用したいです。ただ、前走6番人気以下(アクションスター・サクラアンプルール・シャケトラ・ショウナンバッハ・ステイインシアトル・フィエールマン・マイネルミラノ)が2勝しているのに対し、前走2番人気~5番人気(ジェネラーレウーノ・ダンビュライト・ミライヘノツバサ・メートルダール)は2着2回がやっと、というやや低調な結果に終わっていますから、前走で程よい人気だった馬は軽視するのが得策です。

 

また、中山芝コースで好結果を残しているはずのステイゴールド産駒(ショウナンバッハ・ステイインシアトル・マイネルミラノ)が【0-0-2-10】という厳しい結果に終わっているほか【●●●●●●●】(シャケトラ・ジェネラーレウーノ)の条件に該当した馬も【0-2-3-25】で勝ち馬ゼロという残念な結果に終わっていますので、これらの不利データに当てはまった馬は評価を割り引く事をおすすめします。

 

中山芝2200m得意の

ジェネラーレウーノが該当した

不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019》

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

前走単勝人気別成績(7番人気)の好走データに該当しているほか、今回ご紹介した不利データをクリアしているベテランのこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。芝2200mの条件を1度も走っていないので、距離適性の有無がハッキリしない状況ですけど、芝2500mの前走は距離が微妙に長かった印象もありますし、芝2000mの重賞を勝った実績もある馬ですから、芝2200mに替わる事がマイナスに働く可能性はそこまで高くないかと思います。中山芝1800mのGⅡ・中山記念で2年連続馬券圏内を確保しているように、中山芝の重賞で好走している点はとても心強いので、多くの不利データに該当したジェネラーレウーノよりも人気がない状況なのに、ジェネラーレウーノ以上に好走する要素を持つこの馬こそがフィエールマンの相手筆頭にふさわしい存在なのでは?と考えています。

 

おすすめ軸馬 161戦131勝(131-14-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.1%

気になる軸馬 173戦137勝(137-17-10-9)
勝率79.1%馬券圏内率94.7%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


AJCC2019【1番人気分析】フィエールマン【消去データ】5頭

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019予想/過去データ分析】中山の非根幹距離重賞で好走歴があるベテランに注目!距離が長かった前走よりも期待大!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.