競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

AJCC2019(アメリカジョッキーズクラブカップ)の過去10年データ分析|先行馬優勢のレース

投稿日:

AJCC2019(アメリカジョッキーズクラブカップ)を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
AJCC2019(アメリカジョッキーズクラブカップ)で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2019年が始まって早くも半月が経ちました。

なんだか漫然と過ごしているとあっという間に日が経ってしまいますよね。

漫然と過ごしていかないように私は
2019年の目標を立てました。

 

まず一つ目は

最低5人は今まで話したことのなかった人と話をする(飲みに行く)

ということ。

 

そして、二つ目は

月に1度は今まで行ったことのないお店や土地に行く

ということ。

 

同じ環境で同じ人とばかり会っていると
自分がカチコチに固まってしまいますからね~

自分が変化して成長していくために
少しでも多くの時間を今まで体験した事のないものに
費やそうと思っています。

 

そして、競馬予想に関しては真逆に目標を立てました。

ブレずに自分のスタンスを貫き通すこと。

昨年の年初は新しい予想スタンスを見つけようと
チャレンジした挙句に多大なマイナスを刻んでしまいました。

 

夏競馬から元の自分の予想に戻して
200%近いアベレージを刻めたことで

なんとか年間プラスに持っていけましたが
昨年の失敗を繰り返さないように

自分の予想を曲げずに貫いていきたいと思っています。

 

そして、ブログもめちゃくちゃ書いていこうと思います。

ブログを書いたり、動画をアップすることで
多くの人に喜んでもらえていますし

自分の頭の中を整理する役割も果たしているので
昨年以上にパワーアップした内容を書いていく予定です。

 

2019年も皆さんの期待に沿えるよう精一杯頑張りますよ~

 

という事で、AJCC2019(アメリカジョッキーズクラブカップ)
のデータ分析に行ってみましょう。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

AJCC2019(アメリカジョッキーズクラブカップ)は
中山競馬場芝2200mで行われています。


(AJCC2018 ダンビュライト)

今年は昨年のチャンピオンであるダンビュライトをはじめ
菊花賞を勝ったフィエールマンなど
豪華なメンバーが顔を揃えそうなレースになっています。

そんなAJCCを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

アメリカJCC、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のアメリカJCCは勢いのある馬が集まってきましたが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

AJCC過去10年のデータ分析

先行馬が圧倒的に有利なレース

まず、最初に注目したのはAJCCの脚質です。
以下はAJCCでの4コーナーでの順位別成績です。


データを見てみると

「圧倒的に先行馬が優勢です」

 

中山競馬場芝2200mはパワー勝負の舞台

タフさが問われるレースなので

”脚を溜めて直線で爆発させる”

というタイプの馬は活躍できません。

 

求められるのは「パワー」と「持久力」

昨年勝ったダンビュライトは捲り気味に進出して
4コーナーでは先頭を伺うようなレースをして圧勝したように

先行力や前に行く馬力が必要なレース

である事が分かります。

 

ここで、AJCCにおける
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン6位以下の馬でもそれなりに善戦をしています。

まずは前のポジションを取って
距離的になアドバンテージをとっておきながら
直線でそのアドバンテージを活かして粘り込む

という形があっているレースだと言えますね。


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

パワー勝負の舞台はベテラン馬を狙おう!

次にAJCCの年齢別成績を見てみましょう。

馬券に絡んでいる数でいえば

4歳馬、5歳馬の成績は悪くありませんが

回収率の面では6歳以上の馬が圧倒的に優秀です。

 

競馬の法則として

スピードが必要な舞台は若い馬が強くて
パワーや精神力が必要な舞台がベテランが強い

という鉄則がありますが

 

AJCCはまさにパワーと精神力が必要なタフなレース

ベテラン馬が活躍するのは納得ですね。

 

また種牡馬別の成績を見てみると

マーベラスサンデーやジャングルポケット、キングヘイローなど

スピードに難を抱える馬が活躍している点が目立ちます。

またディープインパクト産駒の成績は良いですが

ディサイファ や サクラアルディート

と言ったパワータイプのディープ産駒が活躍をしている点からも
パワー勝負になっている事が分かります。

 

出走馬の適性には注目が必要ですね。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

別定戦のG2は格が必要

最後にAJCCの前走クラス別成績を見てみましょう。

前走で条件戦を走っていた馬の

複勝回収率は 25%

と、めっぽう低くなっています。

 

年明けに行われる古馬のG2レースとして
日経新春杯が挙げられますが

ハンデ戦の日経新春杯は軽ハンデを活かして
条件戦上がりの馬が活躍をしている一方で

AJCCでは別定戦という事もあり
「格」を持っている馬が活躍するレースとなっています。

 

また、前走でオープンクラスを走った馬についても

重賞を使った馬が 複勝回収率 119% であることに対して

オープン特別を使った馬が 複勝回収率 80%

と、重賞を使ってきた馬に一日の長がある事が分かります。

 

最後にAJCCにおける過去10年の枠順別成績を見てみましょう。

外枠に入った馬が劣勢となっています。

 

AJCCは中山競馬場をグルリと1周するコース

物理的に外を回る馬は不利を被っていると言えますね。

 

以上がAJCC(アメリカジョッキーズクラブカップ)2019
を攻略するための主たるデータです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

まとめ

AJCCは中山芝2200mというパワー条件で行われるので

圧倒的に先行馬が有利なレースです

先行馬が有利であることに合わせて

”パワーとスタミナのある馬が活躍するレースです”

過去の走りや血統面からパワー適性のある馬を見つけて
先行できる脚力を持っている馬をチョイスする

という事が必要になりそうですね。

 

私がAJCC2019で注目しているのは
中山のパワー勝負は持ってこいであろうあの馬です。

人気もなさそうですし、ここは一発かましたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
AJCC2019(アメリカジョッキーズクラブカップ)の過去10年データ分析|先行馬優勢のレース

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.