競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【京都金杯2019予想/出走予定馬分析】コース替わりで一変が見込めるアノ馬をイチオシ!展開さえ向けば今回の相手関係でも通用するはず!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190102172351j:plain

 

おすすめ軸馬 156戦126勝(126-14-5-11)
勝率80.7%馬券圏内率92.9%

気になる軸馬 165戦130勝(130-16-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.5%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年1月5日(土)

京都競馬11レース(15時45分発走)

第57回 スポーツニッポン賞 京都金杯(G3)

京都芝1600m(外回り)4歳以上ハンデ

 

《京都金杯2019のレース展望》

 

昨秋のスワンステークスを優勝したロードクエストに加え、ハイレベルなGⅠで掲示板を確保しているカツジ&サラキアの4歳勢、オープン特別で中身の濃い勝ちっぷりを見せたパクスアメリカーナ&グァンチャーレなど、2019年のマイル重賞路線開幕戦にふさわしい好メンバーがそろった今年の京都金杯。現在のマイル路線は確たる存在が見当たらない状況ですから、京都金杯での好走をきっかけにして、春の大一番・安田記念に打って出る能力馬が出てくる事になってもおかしくありません。今後のマイル路線の行方を占う意味でも重要な位置付けになっている京都金杯にどうぞご期待ください!

 

《京都金杯2019予想オッズ》

 

①人気 パクスアメリカーナ 2.4倍

②人気 ロードクエスト   3.3倍

③人気 カツジ       5.7倍

④人気 サラキア      7.0倍

⑤人気 グァンチャーレ   10.2倍

 

《京都金杯2019出走予定馬分析》

 

カツジ

(牡4歳 父ディープインパクト・母メリッサ)

16番人気(単勝オッズ231.1倍)という超人気薄の立場で出走した前走のGⅠ・マイルチャンピオンシップで僅差4着(勝ったステルヴィオから0.2秒差)に健闘し、古馬相手でも通用する事を示してくれた明け4歳のディープインパクト産駒。マイルチャンピオンシップは勝ち馬との着差がわずかだったのはもちろん、内枠有利の馬場状態で8枠16番という不利な枠から発進したにも関わらず、掲示板内をしっかり確保したのは立派ですし、2・3歳限定のマイル重賞で好走(デイリー杯2歳ステークス2着・ニュージーランドトロフィー1着)した実績もありますので、前走激走の反動が気掛かりな状況でも無視できない存在になるのでは?と考えています。

 

グァンチャーレ

(牡7歳 父スクリーンヒーロー・母チュウオーサーヤ)

ダイワキャグニーやタワーオブロンドンといった重賞好走馬が顔をそろえた事もあり、6番人気(単勝オッズ13.3倍)に甘んじていた前走のOP・キャピタルステークスで低評価に反発する走りを見せ、約2年ぶりの勝ち星を挙げた明け7歳のベテランホース。決着が速くなる馬場よりも時計の掛かる馬場を得意にしていますので、1分32秒台前半の高速決着になった場合は苦戦を強いられる事になりそうですが、京都芝1600mでは【2-2-0-1】(連対率80%)という好結果を残していますし、12月26日(栗東坂路4ハロン51.2秒)に速い調教時計をマークしたところも好感が持てますから、56.5kgという微妙なハンデをつけられた状況であっても馬券の買い目には加えておきたいところです。

 

サラキア

(牝4歳 父ディープインパクト・母サロミナ)

デビュー当初は華奢なディープインパクト産駒という印象しかなかったのですが、馬体重が440kg台に乗った3走前の500万下・青島特別(小倉芝1700m)で1分39秒5のレコード勝ちを決めたところから急激に力をつけていき、GⅡ・ローズステークスで2着(勝ったカンタービレから0.2秒差)を確保したほか、直線の短い内回りコースでスムーズな競馬ができなかった前走のGⅠ・秋華賞でも4着(勝ったアーモンドアイから0.5秒差)に奮闘するなど、昨秋の段階で重賞級の力を発揮していますので、牡馬相手の京都金杯でも好勝負に持ち込めるのでは?と考えています。今回は約3ヶ月の休養明け初戦ですから、最終追い切りの内容をしっかりチェックする必要がありますけど、ゲート難の課題も徐々に解消されていますし、53kgのハンデはかなり魅力的なので、軽ハンデを味方につけての好走に期待したいです。

 

パクスアメリカーナ

(牡4歳 父クロフネ・母グローバルピース)

2012年のヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャの全弟で、昨春のGⅢ・アーリントンカップ2着(勝ったタワーオブロンドンから0.1秒差)の実績も光る充実一途の4歳馬。低調なメンバー構成だったとはいえ、約7ヶ月の休養明け初戦だった前走のOP・リゲルステークスを楽に勝ち切る(2着・アサクサゲンキに0.7秒差)ところはさすがですし、長期休養明けの実戦を使っての上積みも見込めますから、一気の相手強化となる京都金杯でもマークすべき存在だと考えています。ただ、3歳時の500万下条件戦(こぶし賞・京都芝1600m)で昨年のNHKマイルカップを制したケイアイノーテック相手に勝ち切った実績があるとはいえ、「やや重」の馬場で2勝を挙げているように、時計の掛かる馬場状態を得意にしていますので、決着時計が極端に速くなった場合は苦しくなりそうですし【●●●●●●●】を苦手しているタイプですから【●●●●●●●】になりやすい京都芝1600mの条件でマイル重賞の常連組相手に互角以上の走りを見せるのは楽な事ではないと思っています。

 

リゲルステークス快勝の

パクスアメリカーナが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

リライアブルエース

(牡6歳 父ディープインパクト・母ゴールデンドックエー)

デビュー前の段階から脚部不安に悩まされ、右肩上がりの成長曲線を描く事はできませんでしたが、明け5歳の昨シーズンあたりから徐々にレース内容が良化していき、ロジクライやワントゥワンといったマイル路線の常連組が出走していた昨夏のGⅢ・中京記念で3着(勝ったグレーターロンドンから0.3秒差)を確保し、潜在能力の高さを示しているディープインパクト産駒。GⅢ・関屋記念6着(勝ったプリモシーンから0.6秒差)以来、約5ヶ月の休養明け初戦になりますので、最終追い切りの内容など、中間の調整過程の良し悪しを見極める必要がありますけど、昨年の12月半ばに栗東トレセンへと入厩し、12月20日(栗東坂路4ハロン51.4秒)と12月26日(栗東坂路4ハロン52.2秒)に水準以上の調教時計を叩き出していますから、最終追い切りでもしっかりとした時計を出す事ができれば、本命に抜てきする事も考えています。

 

ロードクエスト

(牡6歳 父マツリダゴッホ・母マツリダワルツ)

2・3歳時に重賞を2勝(新潟2歳ステークス・京成杯オータムハンデ)しているものの、古馬になってからは思うような結果を残せず、ネット上では早熟説が囁かれていましたけど、道中の流れが忙しい芝1200mに投入するなど、試行錯誤を重ねた結果、2走前のGⅡ・スワンステークスでモズアスコットを破り、約2年1ヵ月ぶりの重賞制覇を決める、という大きな成果を得る事になりました。前走のGⅠ・マイルチャンピオンシップはブービーの17着(勝ったステルヴィオから0.9秒差)に凡退していますが、内枠有利の馬場状態で8枠17番の外枠を引いてしまった時点で苦戦するのは致し方ないところですし、軽い馬場の京都芝コースはピッタリなので、トップハンデタイの57kgを背負う状況でも、スワンステークス時と同程度のパフォーマンスを発揮する可能性も十分あると思います。

 

《京都金杯2019》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

トリッキーなコースが全く合わず、予想外の凡退を喫した前走の内容こそイマイチですが、レース運びがしやすい直線の長い京都芝外回りコースに替わる事で一変が期待できる末脚特化型のこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。展開に左右されるタイプですから、差し・追い込み脚質向きの流れになる事が好走するための絶対条件になりますけど、淀みのないペースを作り出す逃げ馬・マイスタイルが出てくる今回はレース展開も向きそうなので、道中でしっかりと折り合いをつけて、直線での決め手勝負に持ち込む事ができれば、今回の相手関係でも十分に戦えるはずです。

 

おすすめ軸馬 156戦126勝(126-14-5-11)
勝率80.7%馬券圏内率92.9%

気になる軸馬 165戦130勝(130-16-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.5%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


京都金杯2019【1番人気分析】パクスアメリカーナ【消去データ】6頭

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【京都金杯2019予想/出走予定馬分析】コース替わりで一変が見込めるアノ馬をイチオシ!展開さえ向けば今回の相手関係でも通用するはず!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.