競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

京都金杯2019の過去10年データ分析|今年は内枠有利の展開に戻るのか?

投稿日:

京都金杯2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京都金杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ、2019年の競馬が始まりますね。

と、中山金杯と同じ出だしで挨拶をしていましたが
東京在住の私にとってはどうしても中山金杯に目が行ってしまいます。

ただ、個人的には京都金杯の方が好きなんですよね~

 

理由はなぜかと言うと

”馬券の相性が良いから”

です。

 

12月の中山開催から引き続き行われる中山金杯よりも
12月は阪神開催で1ヶ月休んだ京都金杯の方が

コース適性に偏りがあるんですよね~

 

どんな適性があるのかについては
後ほどお話をしていきますが

2018年の京都金杯は例年の傾向と全く逆だったんですよね~

ここから2018年上半期の不振が始まったような気がしますが
京都金杯2019では果たしてどのような傾向を見せてくるのか?

 

そんな、京都金杯のデータ分析に行ってみましょう。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

京都金杯は京都競馬場芝1600mで行われています。


(京都金杯2018 ブラックムーン)

年明け初日の重賞という事で、
G3ながら注目度の高いレースなので

毎年それなりのメンバーが集まってきます。

年明け一発目という事もあり、是が非でも当てたいレースですが

そんな京都金杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

京都金杯過去10年のデータ分析

開幕週の重賞は先行馬有利!

まず、最初に注目したのは京都金杯の脚質です。
以下は京都金杯での4コーナーでの順位別成績です。


データを見てみると

「先行馬優勢が顕著です」

 

京都競馬場芝1600mという舞台は

マイルチャンピオンシップが行われている舞台で
末脚勝負、瞬発力勝負になるイメージがありますが

開幕週のレースという事で差しは利きません。

 

ここで、京都金杯における過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

こちらの成績を見てみても

上がり3ハロンで速い末脚を使っている馬は
それほど良い成績を残せていません。

 

このデータを見る限り京都金杯は

「先行馬有利の舞台」

と言えますね。

 

ただ、昨年の京都金杯は先行馬有利の馬場ではなく、差し有利の馬場

そして、差し馬のブラックムーンが外からぶっこ抜いての勝利

今年の馬場がどうなっているのかは
事前に調査が必要な形になりますね。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

シンザン記念、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のシンザン記念はクリノガウディーが人気になるレースですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

内枠だけを買っていればいいレース??

次に京都金杯の枠順別成績を見てみましょう。

先ほどの脚質別成績以上にデータに偏りが出ていて

「内枠が圧倒的有利、外枠が圧倒的不利」

というデータが出ています。

 

年明けの京都競馬場は馬場の状態が良く
インコースを走っている馬が止まりません。

逃げ馬は残りますし、差し馬もインを通ってきているように

”外枠に入った時点でジエンド”

といえる馬場ですね。

 

ただ、ここでも言いますが、昨年は外差しが利く馬場になっていました。

例年の傾向だと内枠だけ買っていればいいレースですが
今年の京都金杯はどうなるのか、馬場に注目です。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

能力勝負ではなく、立ち回り勝負の舞台

最後に京都金杯の馬体重別成績を見てみましょう。

一般的に馬体の大きい馬の方が好成績を残している
競馬というスポーツにおいて

”馬体の軽い馬が好成績を収めています”

 

馬体の軽い馬が活躍するレースは

「スピード勝負になるレース」

だと言えます。

(ちなみに馬体の大きい馬が活躍するレースはパワー傾向)

京都競馬場の平坦コースが得意な馬や
直線での瞬発力がある馬を買いたいですね。

 

ちなみに京都金杯における過去10年の年齢別成績を見てみると

「ベテラン勢の活躍が目立ちます」

若い馬が活躍するレースは能力勝負

ベテラン勢が活躍するレースは立ち回り勝負、もしくは精神力勝負

という事は常々このブログで話している事なので

京都金杯が能力勝負ではなく、適性勝負である事が分かりますね。

 

以上が京都金杯2018を攻略するための主たるデータです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

まとめ

京都金杯は開幕週の京都芝1600mという
スピード条件で行われるので

原則的に先行馬が有利なレースです

先行馬が有利であることに合わせて

”内枠有利、外枠不利が顕著なレースです”

2018年の京都金杯では逆の傾向を見せていましたが

京都金杯2019では、どのような条件になるのか

注目が必要ですね。

 

私が京都金杯2019で注目しているのは
例年の好走条件にぴったりとあっているであろうあの馬です。

2019年のしょっぱなはこの馬で勢いをつけられると思っています。

しっかりと狙っていきたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
京都金杯2019の過去10年データ分析|今年は内枠有利の展開に戻るのか?

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.