競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

ホープフルステークス2018血統予想|中山芝2000mに適応出来るのはどんな血統?

投稿日:

ホープフルステークス2018において中山芝2000mの外回りコースに
適応した血統はどんな血統か?

という点について過去の実績を踏まえて
血統面から気になる馬場適性を話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はホープフルステークスが行われますね。


(2017ホープフルステークス タイムフライヤー)

私は今まで「血統」とうい要素をそれほど入れてなかったんですが
馬場適性やコース適性を読むのには非常に有効だと思っています。

ですので、血統予想を少し掘り下げてみて
ブログに載せてみようかなと思い、ホープフルステークス2018を取り上げてみました。

昨年からGIに昇格したホープフルステークスですが、
好走馬の血統を探ってみると
結構共通点があるので、予想に役に立ちそうなんですよね。

ただ、一般的なゴリゴリの血統論ではなく
大枠で特徴を捉える血統論を使って予想に活かしていきたいと思います。

 

ホープフルステークスは中山芝2000mというタフな条件で行われるレースなので
パワー勝負・スタミナ勝負という認識での予想をしていくと
的中に近づいていくレースになります。

ですので、中山芝2000mという条件で
パフォーマンスを上げてきそうな血統の馬と
逆にパフォーマンスを下げてきそうな血統の馬を挙げてみました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ホープフルS、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のホープフルステークスはサートゥルナーリアが人気になるレースですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ホープフルステークスの馬場傾向

ホープフルステークスに合う血統の馬を探す前に
どういった馬がホープフルステークスで
活躍しているのかを探していきましょう!

 

過去10年におけるホープフルステークス
における枠順種牡馬別成績を見てみます。

全体的に見て

“外枠有利”

です。

 

中山芝2000mという舞台は
キャリアの浅い2歳馬にとっては厳しい舞台です。

内枠に入ってしまうと当然揉まれますので
まだ若い2歳馬はかなり苦しくなります。

 

つまり、精神的なタフさを問われるレースですね。

 

次に過去10年におけるホープフルステークスの
種牡馬成績を見てみます。

 

キングカメハメハ、ディープインパクト、ステイゴールド

が好成績を収めているように

「素質重視」

が顕著に現れています。

 

キングカメハメハ産駒の レイデオロ

ディープインパクト産駒の シャイニングレイ

ハーツクライ産駒の タイムフライヤー

重賞に格上げされても、素質のある血統の馬が
活躍しているので、この傾向は変わりません。

スケールの大きさが伺える血統がいいですね。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

ホープフルステークス過去3年のレースから見る傾向

続いて、過去3年のホープフルステークスの結果を見て
近年のホープフルステークスの傾向も探っていきましょう。

< 2017年 ホープフルステークス 良馬場 >

1000m通過タイム 59秒6

1着 タイムフライヤー 2分01秒4
3コーナー順位 16位 4コーナー順位 9位  上がり3F 35.5秒

2着 ジャンダルム 1馬身1/4差
3コーナー順位 9位 4コーナー順位 4位  上がり3F 36.2秒

3着 ステイフーリッシュ クビ差
3コーナー順位 11位 4コーナー順位 8位  上がり3F 35.9秒

 

< 2016年 ホープフルステークス 良馬場 >

1100m通過タイム 1分0秒3

1着 レイデオロ 2分1秒3
3コーナー順位 11位 4コーナー順位 8位  上がり3F 35.7秒

2着 マイネルスフェーン 1馬身1/4差
3コーナー順位 9位 4コーナー順位 8位  上がり3F 36.0秒

3着 グローブシアター 1馬身1/4差
3コーナー順位 9位 4コーナー順位 8位  上がり3F 36.2秒

 

< 2015年 ホープフルステークス 良馬場 >

1100m通過タイム 1分2秒1

1着 ハートレー 2分1秒8
3コーナー順位 9位 4コーナー順位 7位  上がり3F 34.3秒

2着 ロードクエスト 1馬身1/4差
3コーナー順位 11位 4コーナー順位 7位  上がり3F 34.1秒

3着 バティスティーニ 1馬身3/4差
3コーナー順位 7位 4コーナー順位 6位  上がり3F 35.1秒

 

過去3年のレース結果を見ると

とにかく差し・追い込み馬が来ている

という感じがしますね。

オープン特別だった頃よりも重賞になってからの方が
流れが激しくなっている事が分かりますね。

“捲れる馬力”と”差し脚の脚力”

この2つが必要になっている事が分かります。

 

という事で

ホープフルステークスの馬場適性と近3年の傾向を合わせた
条件に当てはまる馬を探していきましょう。

 


//adm.shinobi.jp/s/2d448c6cbe8ebfef5fd47df8bcb36075

 

ホープフルステークス出走有力馬の血統と馬場適性分析

サートゥルナーリア

父 ロードカナロア
母父 スペシャルウィーク

スピードと闘争心を持ち合わせるロードカナロアとと
豊富なスタミナに息の長い末脚をを持つスペシャルウィークとの組み合わせ

スペシャルウィークは自身の産駒としては落ち着いたスタミナ型を
多く輩出していますが、サートゥルナーリアの母親である
シーザリオはエピファネイア、リオンディーズの母親である
気性の激しい馬を輩出しています。

父がロードカナロアに変わって、現在のところは
兄のような激しさは見せていませんが
距離が延びる今回は気性的な不安は消え去れません。

中山芝2000mの舞台は未知数ですね。

 

ニシノデイジー

父 ハービンジャー
母父 アグネスタキオン

豊富なスタミナを持つハービンジャーに
スピードと持続力を持ち合わせるアグネスタキオンとの組み合わせ

共に瞬発力に優れたタイプの種牡馬ではなく
スピード勝負は苦手としている血統です。

そして、ハービンジャーもアグネスタキオンも精神的に強いタイプではなく
揉まれたり、混戦だと厳しいタイプの馬です。

ただ、ニシノデイジーは東スポ杯でも札幌2歳ステークスでも
混戦を後ろから抜け出す競馬を見せています。

血統とは真逆のパフォーマンスをみせており
ホープフルステークスの舞台は合いそうですね。

 

ブレイキングドーン

父 ヴィクトワールピサ
母父 ホワイトマズル

パワーと持久力が持ち味のヴィクトワールピサに
スタミナと持続力を持ち合わせるホワイトマズルとの組み合わせ

前走の京都2歳ステークスでは4コーナーで
先頭を伺う競馬をしておりヴィクトワールピサらしさが出ています。

ヴィクトワールピサは皐月賞勝ち馬で中山競馬場を得意としていた馬
タフなホープフルステークスの舞台は合いそうですね。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

ヴァンドギャルド

父 ディープインパクト
母父 Motivator

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
スタミナとパワーを持つMotivatorとの組み合わせ

Motivatorの父親は凱旋門賞馬モンジュー
サドラーズウェルズ系のスタミナとパワーを引き継ぐ分
スピード能力には欠けるタイプの馬です。

東スポ杯2歳ステークスでは追い込んで
着差なしの3着に入っているように
ディープインパクトの末脚を引き継いでいる馬です。

ホープフルステークスの舞台である
中山芝2000mは本質的には向いていませんが
ペースが落ち着き末脚を活かせる展開ならチャンスはあります。

 

アドマイヤジャスタ

父 ジャスタウェイ
母父 エリシオ

切れ味とパワーの双方を併せ持つジャスタウェイに
圧倒的なパワーを持つエリシオとの組み合わせ

デビューから3戦、好成績を収めながらも
上がり3ハロンの末脚が33秒台を記録できていない点を見ると
スピードタイプではなく、パワーで勝負するタイプであることが分かります。

時計がかかればかかるほどよく、馬場が渋れば渋るほど良さそうで
中山芝2000mという舞台は適性のある舞台です。

 

ミッキーブラック

父 ブラックタイド
母父 Lizard Island

パワーと持久力で勝負するブラックタイドに
デインヒルの血を引くLizard Islandとの組み合わせ

Lizard Islandは10戦して1勝したしておらず
全体的に底力に欠けた印象を受ける馬ですね。

デインヒルはスピードを武器にしている中距離馬を多く輩出していますね。

ブラックタイドにしても、デインヒルにしても
溜めての爆発力はないタイプなので
前々で競馬をして粘り込む競馬が合っていますね。

差し馬が台頭しやすいホープフルステークスでは
舞台的に疑問が残ります。


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

まとめ

とここまでの話をまとめると

ホープフルステークスに一番フィットした血統を持つ馬は

ブレイキングドーン

二番目にフィットした血統を持つ馬は

アドマイヤジャスタ

であると結論付けます。

 

ホープフルステークスはスピードや瞬発力よりも
“スタミナとパワー”が必要となるレースなので

スタミナのある血統、パワーを保持している血統を持つ馬が買いやすいですね。

 

という事で、ホープフルステークスの予想を頑張りましょう!!

 

私がホープフルステークス2018で注目している馬は
中山向きのパワーを持つ血統で、
ホープフルステークスで激走の気配を見せているあの馬です。

サートゥルナーリアが断然のここでは
人気の盲点となりそうですし、狙える馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
ホープフルステークス2018血統予想|中山芝2000mに適応出来るのはどんな血統?

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.