競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【有馬記念2018予想/過去データ分析】前走の勝ちっぷりが上々だったアノ馬をオススメ!道中の位置取り次第ではチャンス!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181222155348j:plain

 

おすすめ軸馬 155戦125勝(125-14-5-11)
勝率80.6%馬券圏内率92.9%

気になる軸馬 163戦128勝(128-16-10-9)
勝率78.5%馬券圏内率94.4%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

018年12月23日(日・祝日)

中山競馬11レース(15時25分発走)

第63回 有馬記念(G1)

中山芝2500m 3歳以上定量

 

《有馬記念2018の見どころ!》

 

平地GⅠ馬が7頭(キセキ・サトノダイヤモンド・シュヴァルグラン・マカヒキ・ミッキーロケット・モズカッチャン・レイデオロ)エントリーしているだけでなく、障害GⅠを5勝しているオジュウチョウサンの参戦も決まり、平成最後の有馬記念にふさわしいバラエティーに富んだ面々が集結。

 

1番人気濃厚なのは前走・天皇賞春で2つ目のGⅠタイトルを奪取したレイデオロ。久々の一戦で仕上がり途上の状態だった3歳時の皐月賞(5着)と海外への遠征競馬だったドバイシーマクラシック(4着)以外のレースでは馬券圏内を確保し続けている安定株ですし、4戦3勝の中山芝コースに替わる点もプラスに働きそうですが、コーナーを6度回る必要がある中山芝2500mを走るのは初めてになりますので、初コースへの対応が大きなポイントになりそうです。

 

ジャパンカップ2着のキセキ、距離短縮で変わり身が見込める3歳馬・ブラストワンピース、2年ぶりの有馬記念制覇を目指すサトノダイヤモンド、古豪6歳のシュヴァルグラン、来日1週目から目覚ましい活躍を見せたマーフィー騎手とコンビを組むミッキーロケット、アルゼンチン共和国杯快勝のパフォーマプロミス、2年前のダービーでサトノダイヤモンドを下したマカヒキ、スタミナ勝負に強いスウェプトオーヴァーボード産駒・リッジマン、など骨っぽいメンバーがそろった一戦ですから、レイデオロ優勢の状況を覆す伏兵陣の活躍にも期待したいところです。

 

《有馬記念2018のチェックポイント》

 

①過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【3-0-1-1】

2番人気【0-1-1-3】

3番人気【0-0-2-3】

4番人気【1-1-1-2】

5番人気【0-0-0-5】

6番人気以下【1-2-0-52】

 

調整が難しい冬場のレースという事もあり、あっと驚く波乱決着になる可能性も少なくない有馬記念ですけど、過去5年の勝ち馬5頭のうち3頭は1番人気に支持された上で有馬記念のタイトルを獲得しています。前走3着以内かつレース当日1番人気の条件に該当した馬は3戦3勝という好結果を残していますので、天皇賞秋1着からエントリーするレイデオロが1番人気に支持されていた場合は素直に“買い”の評価を下したいです。

 

②過去5年の枠順別・年齢別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【1-1-1-7】

2枠【1-2-0-7】

3枠【1-1-0-8】

4枠【1-0-0-9】

5枠【0-1-1-8】

6枠【1-0-1-8】

7枠【0-0-2-8】

8枠【0-0-0-10】

 

有馬記念が行われる中山芝2500mは、最初のコーナー(4コーナー)に差し掛かるまでの距離が約190mと短くなっているため、レース序盤からコースロスの多い競馬になりやすい外枠よりもコースロスを減らす事が可能な内枠の方が有利、という定説が存在していますけど、過去5年の枠順別成績を見てみると、7枠(スマートレイアー・キセキ)・8枠(シュヴァルグラン・サクラアンプルール)の外枠勢が【0-0-2-18】で連対ゼロの低調な結果に終わっていますので、中山芝2500mの定説通り「内枠>外枠」の傾向が色濃くなっている事を頭の中に入れた上で馬券作戦を組み立てていってくださいね。

 

<年齢別成績>

 

3歳【1-1-1-9】

4歳【1-2-1-17】

5歳【3-2-3-22】

6歳【0-0-0-10】

7歳以上【0-0-0-7】

 

程よいキャリアが魅力的で1年前の有馬記念で3着以内の独占した5歳(サトノダイヤモンド・マカヒキ・ミッキーロケット・リッジマン)が3勝・2着2回の好結果を残しているほか、3歳(ブラストワンピース)4歳(キセキ・クリンチャー・ミッキースワロー・モズカッチャン・レイデオロ)も過去5年ベースで連対率10%を超えていますので、3歳~5歳の3世代から馬券の軸馬を選んでいきましょう。逆に、キャリア豊富なはずの6歳以上(オジュウチョウサン・サウンズオブアース・サクラアンプルール・シュヴァルグラン・スマートレイアー・パフォーマプロミス)は【0-0-0-17】で馬券圏内ゼロの厳しい結果に終わっていますから、6歳以上の馬の評価は割り引いた方が良さそうです。

 

③過去5年の前走着順別・前走単勝人気別成績データ

 

(前走着順別成績)

 

前走1着【2-1-2-13】

前走2着【1-0-0-5】

前走3着【1-1-0-9】

前走4着【1-0-1-4】

前走5着【0-1-0-1】

前走6着~9着【0-1-0-17】

前走10着以下【0-1-2-16】

 

過去5年の勝ち馬はいずれも前走4着以内(オジュウチョウサン・キセキ・シュヴァルグラン・パフォーマプロミス・ブラストワンピース・モズカッチャン・リッジマン・レイデオロ)の条件に該当していますので、過去5年ベースで未勝利の前走5着以下(クリンチャー・サウンズオブアース・サクラアンプルール・サトノダイヤモンド・スマートレイアー・マカヒキ・ミッキースワロー・ミッキーロケット)からの巻き返しを期待するのは酷かもしれません。

 

(前走単勝人気別成績)

 

前走1番人気【4-1-0-9】

前走2番人気【0-1-1-7】

前走3番人気【0-0-1-9】

前走4番人気【0-0-0-4】

前走5番人気【0-1-2-2】

前走6番人気~9番人気【0-2-0-19】

前走10番人気以下【0-0-0-15】

※2013年1着オルフェ―ヴルは凱旋門賞2着から参戦していたため、データから除外

 

4勝・2着1回の前走1番人気(ブラストワンピース・モズカッチャン・リッジマン)過去5年ベースで未勝利の前走2番人気以下(オジュウチョウサン・キセキ・サウンズオブアース・サクラアンプルール・サトノダイヤモンド・シュヴァルグラン・スマートレイアー・パフォーマプロミス・マカヒキ・ミッキースワロー・ミッキーロケット・レイデオロ)を圧倒しています。今年の有馬記念で抜けた1番人気になりそうなレイデオロやジャパンカップ2着のキセキ、2年前の王者・サトノダイヤモンド、芝中長距離路線の安定株・シュヴァルグランなど、上位人気確実な面々が前走単勝人気別成績の不利データに該当しているところは興味深いポイントですね。

 

④過去5年の前走レース別成績データ

 

ジャパンカップ【2-2-3-24】

菊花賞【1-1-1-1】

凱旋門賞【1-0-1-0】

アルゼンチン共和国杯【1-0-0-2】

上記以外のレース【0-2-0-38】

 

前走ジャパンカップ組(キセキ・サウンズオブアース・サトノダイヤモンド・シュヴァルグラン・ミッキースワロー)の結果が良いのはもちろん、出走頭数こそ少ないものの、前走菊花賞組(ブラストワンピース)前走凱旋門賞組(クリンチャー)が連対率50%のハイアベレージをマークしているところも見逃せませんよね。逆に、ジャパンカップ・菊花賞・凱旋門賞・アルゼンチン共和国杯以外のレースを前走で使っていた馬(オジュウチョウサン・サクラアンプルール・スマートレイアー・マカヒキ・ミッキーロケット・モズカッチャン・リッジマン・レイデオロ)は2着に入るのが精一杯という苦しい状況ですけど、今年のジャパンカップ組は世界レコード決着に反応が出る可能性もありますので、前走ジャパンカップ組優位の流れが一変する事も考慮しておきたいです。

 

また前走4角通過順6番手以下】(サウンズオブアース・サクラアンプルール・サトノダイヤモンド・シュヴァルグラン・スマートレイアー・ブラストワンピース・マカヒキ・ミッキースワロー)に該当していた場合は【0-2-2-39】という低調な結果に終わっていますから、この不利データに該当している馬の評価は割り引く事をおすすめします。

 

サトノダイヤモンド

シュヴァルグラン

ブラストワンピースが

該当した不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(3位くらい)

 

《有馬記念2018》

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(3位くらい)

 

【リッジマン】

年齢別成績(5歳)・前走着順別成績(1着)・前走単勝人気別成績(1番人気)の好走データに該当しているこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。一気の距離短縮になりますので、前走よりも道中の追走が忙しくなりそうな状況ですけど、相手関係が楽だったとはいえ、前走の勝ちっぷりはとても鮮やかでしたし、レース間隔が空いていた前走を叩いた上積みが見込める今回は調子も上向いているはずですから、中団前めのポジションを確保する事ができれば、前走勝ちで勢いに乗るこの馬が波乱の立役者になるかもしれません。

 

おすすめ軸馬 155戦125勝(125-14-5-11)
勝率80.6%馬券圏内率92.9%

気になる軸馬 163戦128勝(128-16-10-9)
勝率78.5%馬券圏内率94.4%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


有馬記念2018【1番人気分析】レイデオロ【消去データ】6頭

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【有馬記念2018予想/過去データ分析】前走の勝ちっぷりが上々だったアノ馬をオススメ!道中の位置取り次第ではチャンス!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.