競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【有馬記念2018予想/追い切り後分析】2週連続で好内容の追い切りを紹介したアノ馬で有馬仕留める!距離延長+コース替わりも大歓迎!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181222155947j:plain

 

おすすめ軸馬 155戦125勝(125-14-5-11)
勝率80.6%馬券圏内率92.9%

気になる軸馬 163戦128勝(128-16-10-9)
勝率78.5%馬券圏内率94.4%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2018年12月23日(日・祝日)

中山競馬11レース(15時25分発走)

第63回 有馬記念(G1)

中山芝2500m 3歳以上定量

 

《有馬記念2018枠順確定後追い切り展望》

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 オジュウチョウサン(牡7歳 武豊 57kg)

19日(水):美浦Wコース5ハロン67.4-52.0-38.4-12.6

石神深一騎手を鞍上に迎えた最終追い切りは1.0秒先行していたユキノヴェルデ(2歳未勝利)相手にきっちり同入を果たす、というまずまずの内容でした。格下との併せ馬だったので、格の違いを見せる形の追い切りになれば最高だったのですが、ずっと長距離の障害レースを使ってきた馬ですから、追い切りの動きがイマイチに見えてしまうのは致し方ないところもあるかと思います。ただ、他の出走馬と動きを比較すると、スピード感に欠ける追い切りだったのは否定できませんので、様子見程度の評価が妥当だと考えています。

 

1枠2番 クリンチャー(牡4歳 福永祐一 57kg)

19日(水):栗東坂路4ハロン54.5-39.3-25.1-12.3

4ハロン54.5秒という全体は平凡ですけど、海外遠征明け初戦とは思えないくらい、元気いっぱいな脚取りでタフな坂路を軽やかに駆け上がっていましたから、時計以上に中身の濃い追い切りを消化した、と判断しています。さすがに今回は相手が強いので、楽な戦いにはならないでしょうけど、有馬記念を使った後に調子を更に上げていきそうな雰囲気がありましたから、有馬記念後のレースで本領発揮するのでは?と推測しています。

 

2枠3番 モズカッチャン(牝4歳 M・デムーロ 55kg)

19日(水):栗東坂路4ハロン54.8-40.2-25.7-12.6

1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.3秒)の時点でだいぶ仕上がっていましたので、最終追い切りが単走馬なりという軽めの調整に留めたのは陣営の好判断だと思います。前走(エリザベス女王杯3着)時はレース間隔が空いていた分、追い切りの動きもイマイチだったのですが、前走の最終追い切りよりも素軽い動きを披露していましたから、叩き2戦目での変わり身が見込める状況です。

 

2枠4番 マカヒキ(牡5歳 岩田康誠 57kg)

19日(水):栗東CWコース7ハロン99.6-83.0-66.7-51.7-37.9-12.3

天皇賞秋(7着)時の疲れが抜けきれず、ジャパンカップへの出走を見合わせたものの、ジャパンカップ出走を見送った事が功を奏したのか、CWコースでの最終追い切りでディープインパクト産駒ならではのスパッとキレる末脚を繰り出していましたから、天皇賞秋の疲れを抜け切った状態で有馬記念へと駒を進めてきたという風に解釈しています。

 

3枠5番 パフォーマプロミス(牡6歳 C・デムーロ 57kg)

19日(水):栗東CWコース6ハロン83.5-66.4-51.1-37.6-11.7

推進力のある力強いフォームで併走馬を置き去りにした1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン84.4秒)に引き続き、CWコースでの6ハロン追いを敢行。アルゼンチン共和国杯1着以来で微妙にレース間隔が空いていますから、2週続けて意欲的な追い切りができた点は高く評価できますし、9着に凡退したGⅠ・宝塚記念時よりも迫力のある動きを見せていましたので、GⅠで好走歴がない状況でも侮れない存在になるのでは?と考えています。

 

3枠6番 サトノダイヤモンド(牡5歳 アヴドゥラ 57kg)

19日(水):栗東CWコース6ハロン83.4-65.9-51.0-38.0-11.7

前走(ジャパンカップ6着)時の最終追い切りはCWコース4ハロン追いになりましたが、ラストランとなる今回は6ハロンでビッシリ追う形になっています。4ハロン追いの時の方が好結果を残している分、最終追い切りが6ハロン追いになった点はマイナスに働きそうですが、直線での反応が鈍かった1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン82.0秒)の時よりも鞍上の反応にスムーズに対応していましたので、高いレベルで好調子を維持しているのは間違いないと思います。

 

4枠7番 サウンズオブアース(牡7歳 藤岡佑介 57kg)

19日(水):栗東CWコース4ハロン49.7-37.1-12.1

4ハロン追いになりましたが、終始馬なりの手応えで49.7秒という全体時計を叩き出したのは好感が持てますし、秋3戦目で順当に調子が上向いてきた、という風に解釈しています。2年以上馬券圏内を確保できていない落ち目のベテランですけど、渾身の仕上げとなったラストランで馬券圏内に食い込む可能性も十分あると思います。

 

4枠8番 ブラストワンピース(牡3歳 池添謙一 55kg)

19日(水):美浦Wコース4ハロン51.9-37.4-12.8

有馬記念前日のGⅡ・阪神カップに出走する短距離馬・カルヴァリオと見応えたっぷりな併せ馬を敢行し、同入に持ち込みました。スプリンター色の濃い併走相手に対し、一歩も引けを取らない好内容の追い切りを消化していますので、状態面の不安はありませんが、跳びの大きな馬ですから、俊敏な動きが要求される中山芝コースは不向きだ、と考えています。

 

5枠9番 リッジマン(牡5歳 蛯名正義 57kg)

19日(水):栗東CWコース4ハロン53.5-38.4-12.3

ステイヤーズステークス1着から中2週というキツイ臨戦過程になっていますから、最終追い切りの時点で速い時計を出す必要はありませんので、やや強めの4ハロン追いという状況になった事は特に気になりません。ただ、前走時の最終追い切りの方が動きに素軽さがあったので、前走以上のデキを期待するのは酷だと思います。

 

5枠10番 ミッキースワロー(牡4歳 横山典弘 57kg)

19日(水):美浦Wコース6ハロン83.8-68.1-52.8-39.0-12.8

目一杯走る時に頭が上がってしまうクセは相変わらずですけど、1.5秒追走した併走相手に悠々先着を果たし、久々で仕上がり途上だった前走(ジャパンカップ5着)を使った事で急激に調子が上向いている事をうかがわせる動きを最終追い切りで見せてくれました。展開待ちの面がありますが、差し・追い込み脚質に有利な流れになれば、馬券圏内を確保する可能性も十分あると思います。

 

6枠11番 ミッキーロケット(牡5歳 マーフィー 57kg)

19日(水):栗東坂路4ハロン50.8-37.4-24.7-12.5

追い切りで速い時計をバンバン出してきた馬なので、4ハロン50.8秒という全体時計をマークしたからといって高い評価を下すわけにはいきませんけど、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.8秒)でインディチャンプ相手に先着を許した事でスイッチが入ったのでしょう、宝塚記念を勝った時と遜色ない脚色で坂路を駆け上がっていましたから、急ピッチで有馬記念に間に合わせてきた、という風に解釈しています。

 

6枠12番 レイデオロ(牡4歳 ルメール 57kg)

19日(水):美浦Wコース5ハロン68.8-52.7-39.2-13.0

余力たっぷりの手応えで3頭併せの最内から同入。藤沢和雄厩舎らしいサラッとした軽めの追い切りになっていますけど、放牧先のノーザンファーム天栄でしっかりと乗り込んでいるはずですから、有馬記念制覇へ向けて抜かりのない調整を施している、という風に判断すべきだと思います。コース不問で走るタイプですし、アーモンドアイがいない状況なら負けられない立場かと思いますが、2010年以降の有馬記念で【●●●●●●●】(連対率5.6%)という低調な結果に終わっている点は気掛かりなので、上記の不安要素が仇になる可能性も否定できません。

 

1番人気確実なレイデオロの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(3位くらい)

 

7枠13番 スマートレイアー(牝8歳 戸崎圭太 55kg)

19日(水):栗東坂路4ハロン53.0-38.1-24.8-12.4

東京大賞典にエントリーしていましたが、主戦の武豊騎手が香港で騎乗停止処分を受け、東京大賞典に出られない状況になった事も影響してか、グランプリ・有馬記念への出走を決断した8歳の女傑。4ハロン53.0-ラスト1ハロン12.4秒という水準以上の時計を叩き出したものの、パワフルさに欠ける追い切りになってしまったので、追い切り面からは強調できません。

 

7枠14番 キセキ(牡4歳 川田将雅 57kg)

19日(水):栗東CWコース5ハロン68.9-53.1-39.3-11.9

秋4走目になりますから、使い詰めによる疲労が気になるところですけど、鞍上の手綱が引っ張りっきりになるくらいの抜群の手応えでCWコースを疾走していましたから、良い意味で近走時のデキを維持しているのは間違いない、と判断しています。走るルーラーシップ産駒特有の大きなフットワークを見せていた点も好感が持てますし、前走同様にマイペースで先行する形に持ち込めれば、面白い存在になると思います。

 

8枠15番 シュヴァルグラン(牡6歳 ボウマン 57kg)

19日(水):栗東坂路4ハロン53.8-39.7-25.3-12.5

1週前追い切り(栗東CWコース7ハロン96.5秒)で強い負荷をかけて、最終追い切りは坂路で、という流れはこの馬の調整パターンですし、坂路で良い動きを見せるタイプではないので、4ハロン53.8秒という平凡な全体時計に留まった点は特に気になりません。器用な立ち回りが要求される中山芝コースはベストではありませんけど、叩き3戦目で順当に調子が上向いているのは間違いありませんから、3着を確保した1年前と同程度の走りを見せる可能性は十分あると思います。

 

8枠16番 サクラアンプルール(牡7歳 田辺裕信 57kg)

19日(水):美浦Wコース6ハロン84.9-69.1-53.6-39.1-12.2

ダート短距離戦で活躍しているオープン馬・マッチレスヒーローを1.1秒追いかけて、最終的には0.4秒先着を果たす、という上々の追い切りを敢行。前走(天皇賞秋6着)からレース間隔が空いていますけど、直線で鞍上が立ち上がるほど致命的な不利を受けてしまった1年前の有馬記念と遜色ないデキには仕上がっていると思います。

 

《有馬記念2018追い切りランキング》

 

1位 パフォーマプロミス

(2週連続CWコースで絶妙な動き!GⅠで通用する地力あり!)

2位 キセキ

3位 レイデオロ

4位 モズカッチャン

5位 サウンズオブアース

 

《有馬記念2018最終予想オッズ》

 

①人気 レイデオロ     2.1倍

②人気 キセキ       3.4倍

③人気 シュヴァルグラン  6.0倍

④人気 モズカッチャン   6.7倍

⑤人気 ブラストワンピース 10.4倍

 

《有馬記念2018展開予想》

 

ジャパンカップで淀みのない流れを形成したキセキが逃げ馬候補の筆頭でしたが、20日(木)の枠順抽選会で7枠14番という外寄りの厳しい枠を引き当ててしまいましたので、凱旋門賞遠征後の一戦となるクリンチャー(1枠2番)が絶好枠から果敢にハナを奪い、平均やや遅めのペースを形成していくのでは?と予想しています。長距離戦ならではの淡々としたスローペースになる可能性が高くなっていますから、中団前寄りのポジションを確保できる馬から勝負したいところです。

 

《有馬記念2018》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(3位くらい)

 

レイデオロ・キセキ・シュヴァルグランといった有力どころが外寄りの厳しい枠に入った中、枠順抽選会で喉から手が出るほど欲しかった絶好の内枠を引き当てたこの馬を本命に抜てきします。最終追い切りは軽めの内容に留めていますけど、1週前追い切りの動きと総合すると、2週連続でまとまりのあるスパーリングを消化した、という風に解釈できますし、距離延長+コース替わりでパフォーマンスを一気に跳ね上げる可能性を秘めている馬ですから、好位の内めで脚を溜める競馬ができれば、今回の相手関係でも十分通用する存在だと思います。

 

おすすめ軸馬 155戦125勝(125-14-5-11)
勝率80.6%馬券圏内率92.9%

気になる軸馬 163戦128勝(128-16-10-9)
勝率78.5%馬券圏内率94.4%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


有馬記念2018【1番人気分析】レイデオロ【消去データ】6頭

  

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【有馬記念2018予想/追い切り後分析】2週連続で好内容の追い切りを紹介したアノ馬で有馬仕留める!距離延長+コース替わりも大歓迎!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.