競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【全日本2歳優駿2018予想/最終予想】スタートセンス抜群なアノ馬で勝負!積極戦法で後続の追い上げ振り切る!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181219041817j:plain

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2018年12月19日(水)

川崎競馬11レース(20時10分発走)

第69回 全日本2歳優駿(G1)

川崎ダート1600m 2歳限定

 

《全日本2歳優駿2018/最終予想オッズ》

 

①人気 デルマルーヴル 2.2倍

②人気 メイクハッピー 2.7倍

③人気 ガルヴィハーラ 3.5倍

④人気 ノーヴァレンダ 9.6倍

⑤人気 ミューチャリー 21.7倍

 

《全日本2歳優駿2018/出走馬分析》

 

2枠2番 メイクハッピー C・デムーロ(54kg)

(牝2歳 父スクエアエディー・母シラールールズ)

全日本2歳優駿が行われる川崎ダートと同じ左回りコースの東京ダート1600m戦を2連勝(新馬&カトレア賞)していて、新馬戦でマークした1分37秒9というダート1600mの持ち時計はメンバー中最速となります。過去2戦ともに相手関係に恵まれたのかな…という印象こそありますが、スタートの出が速く、楽な形で好位の絶好ポジションを確保できるところがこの馬の強みで、五分以上にスタートを切り、前々からの競馬を試みる事ができれば、相手強化の全日本2歳優駿でも大崩れする場面は考えにくい状況です。地方競馬のレースを走るのはもちろん、カクテル光線が注がれるナイター競馬を走るのも初めてなので、初物づくしの状況でいきなり勝ち切るのは簡単な事ではありませんけど、安定した先行力を持つこの馬にとって、前残り決着になりやすい川崎ダートへのコース替わりは歓迎材料にはるはずですから、過剰人気必至の状況でも馬券の買い目には加えておきたいところです。

 

3枠3番 イグナシオドーロ 阿部龍(55kg)

(牡2歳 父ヴィットリオドーロ・母ベラトリックス)

2018年の門別競馬調教師リーディングで2位に入っている名門・角川秀樹厩舎の管理馬で、ヴィットリオドーロ産駒の初年度産駒になります。出馬表に表記されている前走成績(GⅢ・北海道2歳優駿)は2着という結果になっていますけど、周知の通り、今年の北海道2歳優駿は1着と2着の写真判定で誤審が起きてしまいましたから、北海道2歳優駿1着・ウィンターフェルと同程度の実力を持っている、という風に解釈する必要があります。軽快な先行力を武器にしている馬なので、前残り決着になりやすいスローペースの流れになれば馬券圏内に食い込むチャンスも出てきますが、マイルの距離は若干忙しいですし、今回は相手がかなり強くなっていますから、様子見程度の評価が妥当だと思います。

 

4枠5番 デルマルーヴル M・デムーロ(55kg)

(牡2歳 父パイロ・母カリビアンロマンス)

札幌ダート1700mの新馬戦こそ4着に敗れたものの、中山ダート1800mの未勝利戦で2着馬に1.2秒差の大差勝ちを決めたところから本領発揮するようになり、2走前の500万下・オキザリス賞では先週日曜の阪神開催で500万下の平場を快勝したナンヨーイザヨイ相手に楽に勝ち切ると、地方交流重賞初出走となった前走のGⅡ・兵庫ジュニアグランプリでもオルトグラフ以下を寄せ付けない圧巻の走りを見せ、重賞初制覇を果たしたパイロ産駒。前走は関東からの長距離輸送を余儀なくされたにも関わらず、素質馬・オルトグラフを子供扱いする走りを見せていますし、今回は前走よりも輸送距離が圧倒的に短い川崎ダートでの実戦になりますから、鋭い決め手を発揮した兵庫ジュニアグランプリ以上のパフォーマンスを発揮する可能性も十分あると思います。スタートの出がイマイチな馬なので、スタートの出来が勝敗を分ける事になりそうですが、JRAのレースよりも流れが遅くなる地方交流重賞であれば、スタートで遅れる事になっても楽にリカバリーできるはずですし、内寄りの好枠を引き当てた点も魅力的なので、世間の人気に応える走りを見せても不思議ない存在だと考えています。

 

4枠6番 ヒカリオーソ 瀧川寿希也(55kg)

(牡2歳 父フリオーソ・母ヒカリヴィグラス)

地元川崎競馬所属のフリオーソ産駒で、果敢にハナを奪った全日本2歳優駿トライアルのSⅢ・平和賞で逃げ切り勝ちを決め、全日本2歳優駿への出走権を獲得しています。420kg~430kg前後の小柄な馬なので、デビュー当初から完成度の高い早熟タイプなのかな?という印象こそありますが、小柄な馬とは思えないくらいパワフルな走りを見せる馬で、父フリオーソを彷彿とさせる軽快な先行力も持ち味の1つですから、逃げ切り勝ちを決めた平和賞と同じようなマイペースの単騎逃げを打つ事ができれば、今回の相手関係でも面白い存在になりそう。ただ、今回はこの馬よりもテンのダッシュ力が速い先行脚質の馬が多数エントリーしていますので、今回の相手関係でハナを奪うのは容易な事ではない、と考えています。

 

6枠9番 ショウナンガナドル 大野拓弥(55kg)

(牡2歳 父ダンカーク・母ロックトニック)

中山ダート1200mの500万下(平場)を勝ち上がった事で全日本2歳優駿の出走権を確保したダンカーク産駒。2走前のオキザリス賞でデルマルーヴル相手に0.4秒差の完敗を喫していますので、デルマルーヴルと再戦する全日本2歳優駿では苦しい戦いを強いられそうですが、地方勢よりも実力上位なのは明らかなので、掲示板内を確保する走りを見せても不思議ない存在です。でも、ダート1200mがベスト条件ですから、ベスト距離よりも400m長いマイル戦のGⅠで通用するほどの馬ではない、という風に考えています。

 

6枠10番 ミューチャリー 御神本訓史(55kg)

(牡2歳 父パイロ・母ゴッドビラブドミー)

3戦3勝で全日本2歳優駿トライアルのSⅡ・鎌倉記念を圧勝した地方競馬の代表格。鎌倉記念で初めて川崎ダートコースを経験する事になったのですが、カーブがキツいコースも無難にこなしていましたから、川崎ダートコース初出走となるJRA勢とは異なり、トリッキーなコースの川崎ダート1600mを既に経験している点は大きな強調材料になるのでは?と考えています。コースロスが大きくなるやや外寄りの枠に入ってしまったので、道中のコースロスをいかに少なくする事ができるのか、というところが勝敗の分かれ目になるかと思いますが、道中の仕掛けが早くなりそうなJRA勢がバテたところを一気に差し込み、2着・3着を確保する可能性は十分ありますから、地方馬だからといって安易に軽視してしまうのは危険です。

 

7枠11番 ガルヴィハーラ ルメール(55kg)

(牡2歳 父ゴールドアリュール・母ポロンナルワ)

2戦2勝で500万下・プラタナス賞を快勝したゴールドアリュール産駒で、管理する美浦・萩原清厩舎は1年前のルヴァンスレーヴに続いての全日本2歳優駿連覇を目指します。豪快な末脚を武器にしている好素質馬であるのはもちろん、8日(土)の1週前追い切り(美浦坂路4ハロン53.8-38.0-24.6-11.9)で古馬顔負けのハイラップをマークしているように、全日本2歳優駿へ向けて調子を急上昇させていますから、デルマルーヴルやメイクハッピーといった上位人気馬と引けを取らない存在だと考えています。ただ【●●●●●●●】で、トリッキーでカーブがキツい川崎ダートコースへの適性はそこまで高くないのでは?と予想していますので、コース不向きの影響がどこまで出るのか、というところを慎重に見極めたいです。

 

ガルヴィハーラが

川崎ダートコースに不向きと判断した理由は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

7枠12番 ノーヴァレンダ 北村友一(55kg)

(牡2歳 父ダイワメジャー・母モンプティクール)

5頭エントリーしているJRA勢の中で唯一の関西馬。先週の朝日杯フューチュリティステークスでグランアレグリアを打ち負かしたアドマイヤマーズと同じダイワメジャー産駒ではありますが、母父クロフネの血が濃く出ているようで、コーナーを曲がる時に脚元に不具合が生じた新馬戦は競走中止の憂き目に遭いましたが、立て直しを図った新潟ダート1800mの未勝利を楽に勝ち上がると、前走の500万下・もちの木賞(京都ダート1800m)を1分52秒2の好時計で優勝し、全日本2歳優駿へと駒を進めてきました。もちの木賞2着・ダンサーバローズがその後の平場で11着に大敗していますので、もちの木賞のレベルはそこまで高くないかもしれませんけど、地方交流重賞向きの軽快な先行力を持つタイプなので、前々のポジションを確保する積極的な競馬を展開する事ができれば、今回の相手関係でも通用するだけの器だと考えています。

 

8枠13番 ウィンターフェル 森泰斗(55kg)

(牡2歳 父ダノンバラード・母トピカ)

今夏のJRAオープン特別・コスモス賞にも出走(7着)した新種牡馬・ダノンバラード産駒。スタートで躓く不利があった前走のGⅢ・北海道2歳優駿はイグナシオドーロ以上に見応えのあるレースを見せていましたので、門別勢の大将格はウィンターフェルの方だと思います。レースで先頭に立ったところで集中力を欠いて急失速する、という致命的なクセを持つ馬ですけど、実戦で集中力を欠くタイプは相手強化の一戦で本気を出し、過去最高級のパフォーマンスを発揮する可能性がありますから、上手くスタートを決めて、中団前めのポジションを確保できれば、掲示板内に入る事も十分に考えられます。

 

《全日本2歳優駿2018/展開予想》

 

門別所属・イグナシオドーロと川崎所属・ヒカリオーソの2頭が前走で逃げる競馬をしていますが、テンのダッシュ力はイグナシオドーロの方に分がありますので、北海道2歳優駿で逃げ粘ったイグナシオドーロが果敢にハナを奪い、淡々とした遅めのペースを形成していくのでは?と予想しています。ただ、川崎競馬場に限らず、地方競馬は1日ごとに馬場傾向が変化する可能性もありますので、全日本2歳優駿当日の馬場傾向をしっかりチェックして、前残り決着が多い場合は先行馬を狙い、逆に差しが決まる馬場状態になっていた時は差し・追い込み脚質の馬を狙う、という柔軟なアプローチが必要不可欠となります。

 

《全日本2歳優駿2018》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

逃げ馬候補筆頭・イグナシオドーロの真後ろ、という絶好位からレースを進めそうなこの馬を本命に抜てきします。内寄りの枠に入ったので、馬群の中で揉まれる形になった場合は苦戦を強いられる事になりそうですが、スタートが上手な馬ですから、前々のポジションで逃げ馬の動向を見ながら…という競馬をする可能性が極めて高いですし、極端な乱ペースにならないメンバー構成になったところも好都合なので、好位追走から速い脚を使って一気に抜け出す、というこれまでの戦法をナイター競馬で再現する事ができれば、鋭い末脚を持つ強豪を打ち負かす走りを見せても不思議ないのでは?と考えています。

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【全日本2歳優駿2018予想/最終予想】スタートセンス抜群なアノ馬で勝負!積極戦法で後続の追い上げ振り切る!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.