競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【ターコイズステークス2018予想/出走予定馬分析】右回り巧者のアノ馬が勢いに乗る上位人気馬の前に立ちはだかる!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181212023902j:plain

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2018年12月15日(土)

中山競馬11レース(15時25分発走)

第4回 ターコイズステークス(G3)

中山芝1600m(外回り)

3歳以上牝馬限定ハンデ

 

《ターコイズステークス2018のレース展望》

 

5回中山競馬5日目のメインレースは牝馬限定のハンデ重賞・ターコイズステークス!今夏の関屋記念を制している3歳馬・プリモシーン、1年前にワンツーフィニッシュを決めたミスパンテール・フロンテアクイーンだけでなく、フローレスマジック・レッドオルガ・カイザーバル・ディメンシオン・リナーテといった条件戦から這い上がってきた好素質馬がエントリー!牝馬頂上決定戦・エリザベス女王杯の1ヶ月後に行われるレースという事もあり、ターコイズステークスは低調なメンバー構成になりがちですけど、今年は例年以上にメンバーがそろった印象もありますので、ターコイズステークス勝ちをきっかけにして、一気にブレイクしていく馬が出てくるかもしれません。

 

《ターコイズステークス2018予想オッズ》

 

①人気 プリモシーン    3.3倍

②人気 フローレスマジック 4.1倍

③人気 レッドオルガ    5.0倍

④人気 ミスパンテール   5.8倍

⑤人気 ディメンシオン   9.3倍

 

《ターコイズステークス2018出走予定馬分析》

※ハンデ確定前の分析になります

 

カイザーバル

(牝5歳 父エンパイアメーカー・母ダンスインザムード)

芝1600mのGⅠを2勝(桜花賞・ヴィクトリアマイル)したダンスインザムードの仔で、3歳時にGⅠ・秋華賞3着の実績を残している良血馬ではありますが、前向きすぎる気性がゆえに、道中で折り合いを欠くケースが多く、実戦で本来の実力を発揮できない、というもどかしい日々を過ごしていました。ただ、5歳秋を迎えたところで京都芝1400mの条件戦を2連勝(久多特別・渡月橋ステークス)し、本格化の兆しを見せていますから、一気の相手強化となるターコイズステークスでも好勝負に持ち込めるのでは?と考えています。初めて中山芝1600mの条件を走る事になりますので、初コースへの対応が取捨選択のポイントですけど、最近のパドックで落ち着いた姿を見せているように、うるさい気性が改善されつつありますら、レース当日のパドックの気配次第では楽しみな存在になりそうです。

 

カワキタエンカ

(牝4歳 父ディープインパクト・母カワキタラブポップ)

今年3月のGⅢ・中山牝馬ステークスで待望の重賞初制覇を果たした徹底先行型。初ダートでの変わり身が期待された前走のGⅠ・JBCレディスクラシックはまさかの最下位に敗れていますけど、初ダートで強豪相手という状況で通用するほど競馬は甘くありませんから、得意の芝レースに替わるターコイズステークスでの一変に懸けてみたいところ。3歳時のGⅡ・ローズステークス2着や今年4月のGⅢ・福島牝馬ステークス2着など、牝馬限定の重賞で好結果を残していますので、マイペースで先行できれば、今回の相手関係でも通用しそうな雰囲気がある一方、芝1600mでは【0-0-1-4】という厳しい結果に終わっていますから、苦手距離の克服が好走するための絶対条件になります。

 

ディメンシオン

(牝4歳 父ディープインパクト・母ミスペンバリー)

2018年の調教師リーディング1位を快走している栗東・藤原英昭厩舎が送り出す伸びしろたっぷりなディープインパクト産駒。体質が弱かった事もあり、新馬戦の施行が終わった3歳春の段階でようやくデビュー戦を迎えていますけど、キャリアを積み重ねるにつれて、少しずつレース運びが良化していき、今年7月の500万下条件から一気の3連勝を決め、オープンクラスへの昇級を果たした上がり馬ですし、中団のポジションから差す競馬を得意にしていますから、トリッキーな中山芝コースに上手く対応できれば、連勝中の勢いそのままに重賞タイトルを奪取してしまうかもしれません。でも、2着馬に0.3秒差をつけた前走・トルマリンステークス時のパドックでいつも以上にイレ込む面を見せていましたので、レース当日の気配に注意する必要があります。

 

プリモシーン

(牝3歳 父ディープインパクト・母モシーン)

前走のGⅠ・秋華賞は7着に敗れていますけど、適性外の芝2000mだったにも関わらず、勝ったアーモンドアイから0.6秒しか離されていませんし、秋華賞の後にノーザンファーム天栄へと放牧に出て、現代競馬のトレンドとなっている外厩でキッチリと仕上げてからトレセンに戻す、という調整を進めているはずなので、重賞初制覇を決めた年明けのGⅢ・フェアリーステークスと同コースの中山芝1600mに替わる今回は前走凡退からの変わり身が見込めるのでは?と考えています。ただ、古馬相手に重賞勝利を決めたGⅢ・関屋記念の時(51kg)よりも斤量が重くなるのは間違いありませんから、他馬との斤量差が詰まる事でパフォーマンスを落とす可能性も考慮しておきたいです。

 

フローレスマジック

(牝4歳 父ディープインパクト・母マジックストーム)

GⅠホース2頭(ラキシス・サトノアラジン)を兄姉に持つ超良血馬。気性的に難しい面を持つタイプなので、暴走気味のレースを見せてしまう事もあるのですが、前寄りの位置を確保していた近4走で上がり3ハロン・33秒台の末脚を見せているように、ある程度前のポジションにつけて速い上がりを繰り出す、という正攻法の競馬ができる馬ですし、関西圏への長距離輸送を挟む形になった前走・清水ステークスで馬体重を減らさず、いつも通りの状態を保つなど、気性面の成長がうかがえるところはもちろん、【2-1-1-0】の中山芝コースに替わる点もプラスに働きそうなので、近走よりも相手が強くなるターコイズステークスでも上位争いに食い込んでくるのでは?と考えています。

 

フロンテアクイーン

(牝5歳 父メイショウサムソン・母ブルーボックスボウ)

重賞レースで2着5回・3着2回という抜群の安定感を誇っていながら、5歳秋を迎えた段階でも重賞タイトルを1つも勝ててない善戦ガール。1年前のターコイズステークスでもゴール板手前で先頭に立ったところをミスパンテールに差されてしまう、という惜しいレースを見せていますし、2走前のGⅡ・府中牝馬ステークスでもディアドラ・リスグラシューに続いての3着を確保していますから、近走よりも相手関係がだいぶ楽になった今回は悲願の重賞初制覇を決める可能性も十分あるのでは?と考えています。12月5日(水)の1週前追い切り(美浦坂路4ハロン51.8-37.9-25.0-12.8)では全体5位タイとなる好時計をマーク。あと半月で6歳を迎える状況ですけど、年齢による衰えを感じさせないくらい、中間の追い切りで速い時計を叩き出しているところも魅力的です。

 

ミスパンテール

(牝4歳 父ダイワメジャー・母エールドクラージュ)

フロンテアクイーンとの大接戦を制し、重賞初制覇を決めてから1年の時が過ぎ、ターコイズステークス連覇を目指す立場として暮れの中山競馬場へとやってくるダイワメジャー産駒。近2走(府中牝馬ステークス9着・エリザベス女王杯12着)の結果が冴えない分、半信半疑な存在という風に解釈している方も多いかと思いますが、道中の折り合いに不安のあるタイプで、芝1800m以上の条件だった近2走の負けは致し方ない面がありますから、【3-1-0-2】(連対率66.7%)の芝1600mに替わる今回、レース直前のパドックでの気配次第では、一気の変わり身が見込めるのではないでしょうか。

 

レッドオルガ

(牝4歳 父ディープインパクト・母エリモピクシー)

重賞勝ち馬を数多く輩出しているエリモピクシーの仔で、今年のGⅠ・ヴィクトリアマイルで3着を確保したレッドアヴァンセの全妹にあたります。兄姉よりも出世が遅れた事もあり、今回のターコイズステークスが重賞初出走になりますけど、直線で前が壁になり、追い出しが遅れる不利を受けた前走・紅葉ステークスで圧巻の差し切り勝ちを決めているように、条件戦時代から重賞級のポテンシャルを発揮していましたし、良馬場のマイル戦で4戦4勝という結果を残しているだけでなく、5日(水)の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.2-37.5-24.2-12.5)でも上々の時計をマークしていますので、前走以上のデキに仕上がっている可能性が高い今回も侮れない存在になると思います。ただ【●●●●●●●】という点(いずれも連対できず)は気掛かりですから、人気に応えられない可能性も考慮しておきたいです。

 

メンバー屈指の良血馬

レッドオルガの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

リナーテ

(牝4歳 父ステイゴールド・母マルペンサ)

次週のGⅠ・有馬記念でラストランを迎えるサトノダイヤモンドの半妹。新馬勝ち直後にGⅡ・デイリー杯2歳ステークス(5着)に参戦させるなど、陣営期待の良血馬として注目を集めていましたが、3歳の暮れまでは低調な成績に留まっていました。しかし、芝1200m~芝1400m特有の速い流れに対応できるようになった4歳春あたりから急激に力をつけていき、近6走で4勝を挙げ、悲願となるオープンクラス昇級を果たしました。一本調子で走ってしまう単調なタイプなので、道中で溜めを利かせる必要がある芝1600mへの距離延長はあまり歓迎できませんが、直線が短い函館・札幌芝コースで勝ち切った実績がありますから、函館・札幌芝コースと形態が似ている中山芝コースへの場替わりはプラスに働くかもしれません。

 

《ターコイズステークス2018》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

条件戦を勝ち上がったばかりの馬に人気が集まりそうな状況ですけど、牡馬相手のオープン特別でキッチリと結果を出しているこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。中山芝コースは初めてになりますが、キャリア6勝中5勝を右回りコースで挙げているように、「右回り>左回り」の傾向が色濃いタイプなので、極端な前残り決着にならなければ、今回の相手関係でも十分通用するはずです。

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


ターコイズステークス2018【1番人気分析】フローレスマジック【消去データ】5頭

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【ターコイズステークス2018予想/出走予定馬分析】右回り巧者のアノ馬が勢いに乗る上位人気馬の前に立ちはだかる!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.