競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想/出走予定馬分析】1週前追い切りで自己最速のタイムを叩き出したアノ伏兵の先行粘り込みに期待!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181209221327j:plain

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2018年12月16日(日)

阪神競馬11レース(15時40分発走)

第70回 朝日杯フューチュリティステークス(G1)

阪神芝1600m(外回り)2歳限定

 

《朝日杯フューチュリティステークス2018のレース展望》

 

今年で70回という大きな節目を迎える事になった2歳限定のGⅠ・朝日杯フューチュリティステークスが今週のメインレース!通常の年であれば、同距離(芝1600m)の重賞を勝ったアドマイヤマーズ&ケイデンスコール、重賞2連勝中のファンタジストといったあたりが人気の中心になるのでしょうが、今年はサウジアラビアロイヤルカップを楽に勝ち切った牝馬・グランアレグリアが朝日杯フューチュリティステークスにエントリーした事で様相が一変!2連勝中の勢いそのままにグランアレグリアが勝ち切ってしまうのか、それともアドマイヤマーズを筆頭とする牡馬勢が意地を見せるのか…。来年のクラシック路線を占う意味でも見逃す事ができない朝日杯フューチュリティステークスにどうぞご注目ください!

 

《朝日杯フューチュリティステークス2018予想オッズ》

 

①人気 グランアレグリア 1.3倍

②人気 アドマイヤマーズ 3.3倍

③人気 ケイデンスコール 3.8倍

④人気 ファンタジスト  7.0倍

⑤人気 ドゴール     11.4倍

 

《朝日杯フューチュリティステークス2018出走予定馬分析》

 

アスターペガサス

(牡2歳 父ジャイアンツコーズウェイ・母アールヒートライトニング)

現2歳世代最初の重賞レース・函館2歳ステークスの覇者。芝1200mの函館2歳ステークスで折り合いに専念する競馬ができていたので、芝1400mへの距離延長が課題だった前走のGⅡ・京王杯2歳ステークスでも上位争いに加わりそうな雰囲気でしたが、プラス12kgの馬体重(502kg)だった事が響き、5着を確保するのが精一杯という消化不良な形になってしまいました。ただ、人気を裏切った京王杯2歳ステークス時は追い切りの動きも全然ダメだったので、太め残りの馬体と本調子手前の状態だった京王杯2歳ステークスを叩いた上積みが見込める今回は巻き返しを期待したいところ。12月5日(水)の1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン82.8-66.5-51.2-37.9-12.3)の動きを見る限り、終いの反応が格段に良くなっていましたから、前走以上のデキで朝日杯フューチュリティステークスに出走するのはほぼ間違いないと思います。

 

アドマイヤマーズ

(牡2歳 父ダイワメジャー・母ヴィアメディチ)

無傷の3連勝でGⅡ・デイリー杯2歳ステークスを優勝したダイワメジャー産駒。デイリー杯2歳ステークスはレース間隔が空いていた事もあり、腹回りに余裕がある状況でしたけど、牝馬のメイショウショウブ相手に苦戦したとはいえ、地力の違いを見せつける形で着差以上に強い勝ちっぷりでしたから、デイリー杯2歳ステークスの着差がわずかだったからといって安易に評価を下げてしまうのは危険です。新馬戦から一貫して芝1600mの使い続けているように、デビュー勝ちを決めたところから暮れの大一番・朝日杯フューチュリティステークスを大目標にしているのが明らかな状況ですし、直線急坂コースへの対応も全く問題ありませんので、圧倒的1番人気・グランアレグリア相手に勝ち切る場面があっても不思議ないのではないでしょうか。12月6日(木)の1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン84.7-68.5-52.8-38.4-11.4)では3頭併せの大外から同入を決めました。追い出してからの反応がやや鈍かったのですが、1週前の段階では上々の内容でしたから、最終追い切りで追い出してからの反応が良化していれば、本命級の扱いにする事も考えています。

 

グランアレグリア

(牝2歳 父ディープインパクト・母タピッツフライ)

牡馬相手のGⅢ・サウジアラビアロイヤルカップを楽勝したのはもちろん、主戦のルメール騎手が香港遠征の影響で阪神ジュベナイルフィリーズ当日に離日している事もあり、阪神ジュベナイルフィリーズの翌週に行われる朝日杯フューチュリティステークスへとスライドしてきた圧倒的1番人気濃厚のディープインパクト産駒。芝1600mの持ち時計(1分33秒6)はメンバー中最速で、過去2戦はいずれも余裕たっぷりの手応えで後続をぶっちぎっている事を考えると、アドマイヤマーズをはじめとする重賞勝ち馬がそろった朝日杯フューチュリティステークスでも上位争いに加わる可能性は十分あると思います。終始馬なりの手応えだった12月5日(水)の1週前追い切り(美浦Pコース5ハロン68.9-53.4-39.2-12.8)で3頭併せ最先着を果たしているように、大一番へ向けて順調な調整過程を歩んでいますが【●●●●●●●】を初めて経験しますから、レース当日の気配に注意する必要があります。

 

圧倒的人気

グランアレグリアの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

ケイデンスコール

(牡2歳 父ロードカナロア・母インダクティ)

新馬戦でアドマイヤマーズとハナ差の接戦を演じたところから注目度を高めていき、キャリア2戦目の未勝利戦をキッチリ勝ち上がると、重賞初挑戦となった前走のGⅢ・新潟2歳ステークスでメンバー中最速となる上がり3ハロン33.1秒の末脚を繰り出し、重賞タイトルを奪取してみせたロードカナロア産駒。新馬戦で先着を許したアドマイヤマーズだけでなく、サウジアラビアロイヤルカップ快勝のグランアレグリアと対戦する今回は前走ほど楽な戦いにはならないでしょうけど、新潟2歳ステークスで披露した末脚を再現する事ができれば、今回の相手関係でも十分通用するはずです。ただ、終いまでビッシリ追った12月5日(水)の1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン81.3-65.6-51.3-37.9-11.8)で好時計をマークしているとはいえ、前走から3ヶ月半の休養明け初戦+相手強化という状況はあまり歓迎できませんし、右回りコースを走るのも初めてになりますから、不安点を抱えた状態で朝日杯フューチュリティステークスに出走する、という風に解釈した方が良いかもしれません。

 

ファンタジスト

(牡2歳 父ロードカナロア・母ディープインアスク)

メンバー唯一の重賞2勝馬(小倉2歳ステークス・京王杯2歳ステークス)。京王杯2歳ステークスはプラス10kgの馬体重(474kg)で出走しましたけど、腹回りがボテッとしている感じでもなかったので、前走のプラス体重は成長分という風に解釈すべきでしょう。新馬戦でタフな中京芝コースを楽にクリアしているように、直線急坂コースに替わる点も全く気になりませんし、12月5日(水)の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン49.5-36.5-24.1-不明)で一番時計を叩き出しているように、前走を叩いた上積みが見込める状況ですが、ロードカナロア産駒らしいスピード感あふれる走りを見せるスプリンターなので、芝1400mまでがギリギリ…という感じがします。

 

《朝日杯フューチュリティステークス》

《2018出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

牝馬のグランアレグリアが牡馬を差し置いて圧倒的な1番人気に支持されそうな状況ですが、グランアレグリアと同じ2戦2勝馬なのに、新聞等でほとんど印が回っていないこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。血統は地味ですし、見栄えのする馬体も持ち主というわけではありませんけど、パドックの段階で気合い乗りがイマイチのように見えても、レースになると急に変わり身を見せる、という実戦型すし、単騎逃げの手に出た前走でも他馬に捕まりそうになったところで二の脚を使い、後続の追い上げを完封しているように、1戦ごとにレース内容が良化している点も魅力的ですから、前残りの展開になれば、安定した先行力を持つこの馬が馬券圏内に粘り込むシーンも十分にあるのではないでしょうか。また、12月5日(水)の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.5-38.1-25.4-13.1)で自己最速のタイムを叩き出したところもこの馬を推す理由になっています。

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


朝日杯フューチュリティステークス2018【1番人気分析】グランアレグリア【消去データ】4頭

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【朝日杯フューチュリティステークス2018予想/出走予定馬分析】1週前追い切りで自己最速のタイムを叩き出したアノ伏兵の先行粘り込みに期待!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.