競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想/過去データ分析】前走好走馬なのに人気の盲点になりそうなアノ馬をイチオシ!雨の影響で時計の掛かる馬場になればチャンス到来!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181208173450j:plain

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2018年12月9日(日)

阪神競馬11レース(15時40分発走)

第70回 農林水産省賞典

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

阪神芝1600m(外回り)

2歳牝馬限定

 

《阪神ジュベナイルフィリーズ2018の見どころ!》

 

現2歳牝馬で最強の呼び声も高いグランアレグリアが出走していれば、圧倒的1番人気でもグランアレグリアから流す馬券で勝負できたのですが、主戦のルメール騎手が香港遠征しているため、グランアレグリアは次週の朝日杯フューチュリティステークスにスライドする事になりました。

 

グランアレグリアが出走を見合わせた事でレースレベルが若干下がった印象こそありますけど、阪神ジュベナイルフィリーズのステップレースで味のある勝ちっぷりを見せ、2歳女王のタイトル奪取に王手をかけたダノンファンタジーシェーングランツ元気に出走してきますので、来春にグランアレグリアに挑戦状を叩きつける馬を選ぶ、という意味では見逃せない一戦になるのではないでしょうか。

 

ファンタジーステークスを制した3戦2勝のディープインパクト産駒・ダノンファンタジーは、新馬戦でグランアレグリアに完敗しましたけど、その後の2戦でディープインパクト産駒ならではのスパッとキレる末脚を繰り出しているように、直線の長い阪神芝1600mでこそ、という末脚特化型ですから、道中で折り合いをつける事ができれば、未勝利戦から3連勝でGⅠタイトルをつかみ取る事になっても全く驚けない存在だと思います。

 

もう1頭の上位人気馬・シェーングランツは重賞初制覇を決めたアルテミスステークスに引き続いて、4000勝ジョッキー・武豊騎手とコンビを組みます。アルテミスステークスは差し馬向きの展開がドンピシャだったとはいえ、姉・ソウルスターリング以上の破壊力を感じさせる圧巻の差し切り勝ちを決めていますので、2018年に入ってからGⅠ未勝利の武豊騎手が外国人ジョッキー優勢の流れにストップをかける可能性も十分にありそうです。

 

オープン特別のアイビーステークスで上がり3ハロン32.5秒という古馬顔負けの末脚を披露したバゴ産駒・クロノジェネシスやアルテミスステークスでシェーングランツと接戦を演じているクロフネ産駒・ビーチサンバといったあたりも有力候補ですけど、抽選対象となっている収得賞金400万円の馬たち(アフランシール・エールヴォア・エイシンゾーン・コルデトゥリーニ・サヴォワールエメ・タニノミッション・トロシュナ・レディードリー)も無事に抽選を突破すれば、1着争いに加わってもおかしくない逸材がそろっていますから、6日(木)に発表される抽選結果にも注目したいところです。

 

《阪神ジュベナイルフィリーズ2018のチェックポイント》

※出走馬確定前の分析になります

 

①過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【2-1-0-2】

2番人気【1-2-0-2】

3番人気【0-1-2-2】

4番人気【0-0-2-3】

5番人気【2-0-0-3】

6番人気以下【0-1-1-63】

 

1番人気と2番人気がそれぞれ連対率60%の好結果を残している一方、6番人気以下は延べ65頭出走して2着1回(2015年ウインファビラス)という結果に終わっているほか、単勝オッズ15倍以下【0-1-1-62】(連対率1.6%)も低調な結果に留まっていますので、上位人気馬から素直に勝負するのが得策です。

 

②過去5年の枠順別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【2-0-0-8】

2枠【0-0-3-7】

3枠【0-0-1-9】

4枠【1-1-0-8】

5枠【0-1-0-9】

6枠【1-1-1-7】

7枠【0-1-0-14】

8枠【1-1-0-13】

 

1枠が2勝(2015年メジャーエンブレム、2016年ソウルスターリング)という結果を残していますけど、6枠から外でも2勝を挙げているように、枠順の有利不利はそこまで大きくないレースなので、枠順で取捨選択を決めつけてしまうのは危険です。

 

③過去5年の前走着順別・前走単勝人気別成績データ

 

(前走着順別成績)

 

前走1着【4-3-3-34】

前走2着【1-1-1-9】

前走3着【0-0-1-3】

前走4着【0-0-0-6】

前走5着【0-1-0-4】

前走6着以下【0-0-0-19】

 

過去5年の連対馬10頭中9頭が前走2着以内(クロノジェネシス・コルデトゥリーニ・サヴォワールエメ・シェーングランツ・ジョディー・スタークォーツ・タニノミッション・ダノンファンタジー・トロシュナ・ビーチサンバ・プールヴィル・ベルスール・メイショウケイメイ・メイショウショウブ・レッドアネモス・ローゼンクリーガー)の条件に該当していますので、前走でキッチリと結果を残してきた馬から狙うのが賢明ですし、前走6着以下(アフランシール・グレイシア)から巻き返した例は過去5年で1度もありませんから、前走で掲示板を外してしまった馬は全消ししてしまいましょう。

 

(前走単勝人気別成績)

 

前走1番人気【2-4-3-15】

前走2番人気【3-0-0-10】

前走3番人気【0-0-0-6】

前走4番人気【0-0-1-9】

前走5番人気【0-1-0-8】

前走6番人気~9番人気【0-0-1-15】

前走10番人気以下【0-0-0-12】

 

前走単勝人気別成績を見てみても、前走2番人気以内(エールヴォア・グレイシア・コルデトゥリーニ・サヴォワールエメ・タニノミッション・ダノンファンタジー・トロシュナ)が過去5年で5勝・2着4回という好結果を残している一方、前走3番人気以下(アフランシール・ウインゼノビア・エイシンゾーン・クロノジェネシス・シェーングランツ・ジョディー・スタークォーツ・ビーチサンバ・プールヴィル・ベルスール・メイショウケイメイ・メイショウショウブ・ラブミーファイン・レッドアネモス・レディードリー・ローゼンクリーガー)は過去5年で連対したのが1頭だけ(2015年ウインファビラス)という状況ですから、前走2着以内かつ前走2番人気以内の条件に該当(コルデトゥリーニ・サヴォワールエメ・タニノミッション・ダノンファンタジー・トロシュナ)している馬の走りに注目してください。

 

④過去5年の前走レース別成績データ

 

アルテミスステークス【2-3-1-8】

札幌2歳ステークス【1-0-0-1】

オープン特別【1-0-0-5】

500万下条件【1-1-2-22】

新潟2歳ステークス【0-1-0-2】

ファンタジーステークス【0-0-1-18】

新馬・未勝利【0-0-0-10】

 

阪神ジュベナイルフィリーズと同じ芝1600mで行われていて、2014年から4年連続で連対馬を輩出している前走アルテミスステークス組(アフランシール・ウインゼノビア・エールヴォア・グレイシア・シェーングランツ・ビーチサンバ)が好結果を残しているものの、関西圏のステップレースにあたる前走ファンタジーステークス組(ダノンファンタジー・ベルスール・ラブミーファイン)は過去5年ベースで連対馬ゼロという低調な結果に終わっていますし、底を見せていない魅力がある前走新馬・未勝利組(コルデトゥリーニ・サヴォワールエメ・タニノミッション・トロシュナ)にいたっては過去5年ベースで3着以内ゼロというかなり厳しい結果に終わっています。1番人気濃厚のダノンファンタジーは阪神ジュベナイルフィリーズと相性の悪い前走ファンタジーステークス組に該当していますが、この不利データを跳ね返す走りを見せる事ができるのでしょうか。

 

また、過去5年の前走4角通過順別成績を見ていくと、前走4角通過順10番手以下(アフランシール・エールヴォア・シェーングランツ・トロシュナ)は【0-1-0-10】という物足りない結果に終わっていますから、前走4角通過順別データから馬券の取捨選択を進めていってみるのはいかがでしょうか。

 

シェーングランツやエールヴォア

といったアルテミスステークス上位組が

該当した不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《阪神ジュベナイルフィリーズ2018過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

ビーチサンバ

ハイレベルな前走で僅差2着を確保していながら、ダノンファンタジーやシェーングランツといった上位人気馬よりやや人気が落ちそうなこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。前走単勝人気別成績(5番人気)の好走データに該当していない点は気掛かりですけど、過去5年ベースで9頭の連対馬を輩出している前走2着以内の好走データにバッチリ該当していますので、データ的にも悪くない存在ですし、1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン81.1-65.8-50.7-36.9-12.3)で水準以上の時計を叩き出しているように、惜しい2着だった前走以上のデキが見込める点も魅力的ですから、骨っぽい相手がそろった阪神ジュベナイルフィリーズでも前走に引き続いての激走を披露してくれるのでは?と期待しています。ポイントはレース当日の馬場状態。速い決着時計がバンバン出る高速馬場になっていた場合は評価を下げる必要がありますが、今週は週の頭から雨予報が続いていて、週中の雨の影響が週末の競馬に残す可能性も十分ありますので、例年よりもやや時計が掛かる馬場状態になっていた場合はタフな馬場を得意にしているこの馬を馬券の買い目に加えておいてくださいね。

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


阪神ジュベナイルフィリーズ2018【1番人気分析】ダノンファンタジー【消去データ】5頭

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想/過去データ分析】前走好走馬なのに人気の盲点になりそうなアノ馬をイチオシ!雨の影響で時計の掛かる馬場になればチャンス到来!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.