競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【中日新聞杯2018予想/過去データ分析】1週前追い切りで抜群の時計を叩き出したアノ馬に注目!芝2000mの持ち時計優秀で左回りも好相性!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181208075356j:plain

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2018年12月8日(土)

中京競馬11レース(15時35分発走)

第54回 中日新聞杯(G3)

中京芝2000m 3歳以上ハンデ

 

《中日新聞杯2018の見どころ!》

 

3歳馬・ルヴァンスレーヴがJRA・GⅠ初制覇を決めた先週のチャンピオンズカップは歴史的なレースになりましたけど、チャンピオンズカップの翌週に行われる中日新聞杯も今後の活躍が期待される3歳馬(ギベオン・グレイル)が中距離重賞の常連である古馬勢に挑戦状を叩きつける形に!

 

1番人気が予想されるのは、今春のNHKマイルカップで僅差2着を確保しているディープインパクト産駒・ギベオン。前走のGⅡ・セントライト記念で13着に大敗していますけど、道中の流れが忙しくなりやすい小回りコースが合わなかった印象なので、直線の長い中京芝コースに替わる点は大きな強調材料になりますし、今回は叩き2戦目の上積みも見込めますから、前走大敗明けの一戦とはいえ、侮れない存在になると思います。ただ、重賞未勝利の3歳馬なのに、56kgというけっこう厳しいハンデを課される事になりましたので、過酷なハンデを克服できるのかどうか、というところが大きなポイントになりそうです。

 

もう1頭の3歳馬・グレイルはセントライト記念でギベオン相手に大きく先着を果たしたものの、芝3000mの距離が長すぎたとはいえ、前走のGⅠ・菊花賞で勝ち馬から1秒以上離された10着に凡退していますから、こちらも前走大敗明けの一戦となります。直線の長いコースが合いそうなギベオンに対し、ハーツクライ産駒のグレイルは直線が短いコースでしか好走できていないので、コース替わりに上手く対応できないようだと、人気を裏切る形になっても驚けないと思います。

 

他では、中日新聞杯連覇を目指すゼンノロブロイ産駒・メートルダール、休養明け初戦のGⅢ・福島記念でいきなり2着に好走したハーツクライ産駒・マイスタイル、2015年のGⅢ・京都2歳ステークス以来となる重賞制覇を目指すハービンジャー産駒・ドレッドノータスといった実績豊富な古馬勢も上位人気に支持されますので、3歳馬vs古馬勢の力関係を的確に見極める事が馬券ゲットへの近道になりそうですね。

 

《中日新聞杯2018のチェックポイント》

※出走馬確定前の分析になります

 

①過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【1-2-0-2】

2番人気【1-1-0-3】

3番人気【0-1-1-3】

4番人気【0-0-1-4】

5番人気【2-0-1-2】

6番人気以下【1-1-2-61】

 

混戦必至のハンデ重賞ですので、人気薄が予想される伏兵からドカン!と大勝負を仕掛けていく方も多いかと思いますが、過去5年の1番人気は1勝・2着2回というまずまずの結果を残していますし、過去5年ベースの単勝オッズ別成績を見てみても、単勝オッズ一桁台の馬が【4-4-2-17】(勝率14.8%・連対率29.6%)という上々の結果を残していますから、無理矢理な穴狙いは禁物です。

 

②過去5年の枠順別・年齢別・ハンデ別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【1-0-1-8】

2枠【0-0-1-9】

3枠【1-1-0-8】

4枠【0-1-0-9】

5枠【0-2-0-8】

6枠【0-0-1-9】

7枠【2-1-2-10】

8枠【1-0-0-14】

 

2枠と6枠は連対馬ゼロという低調な結果に終わっていますけど、1枠~4枠の内枠が2勝・2着2回、5枠~8枠の外枠が3勝・2着3回という成績が出ているように、枠順の内外で極端な有利不利が発生しているわけでありませんので、レース当日の馬場傾向(馬場の内が伸びるのか、外からの差しが決まるのか)をしっかりチェックしておく事が重要です。

 

<年齢別成績>

 

3歳【0-0-0-0】

4歳【1-2-2-18】

5歳【2-0-1-14】

6歳【2-1-2-20】

7歳以上【0-2-0-23】

 

今年の中日新聞杯は3歳から8歳までの計6世代がエントリーしていますけど、過去5年の勝ち馬は1勝・2着2回の4歳(アメリカズカップ・マイスタイル)、2勝の5歳(エテルナミノル・エンジニア・ストロングタイタン・ドレッドノータス・ハクサンルドルフ・メートルダール・レイホーロマンス)、2勝・2着1回の6歳(スズカディープ・マサハヤドリーム)の3世代からしか出ていないところはレース攻略のポイントとして押さえておいた方が良いかもしれません。また、今年はギベオン・グレイルという同世代相手の重賞で好走した実績を持つ3歳馬が2頭出走しますが、3歳馬は過去5年で1頭も出てきていないので、上位人気濃厚の3歳馬が中日新聞杯と相性が良い4歳~6歳の3世代を打ち負かす可能性も十分にあります。

 

<ハンデ別成績>

 

52kg以下【0-0-0-2】

53kg【0-0-0-6】

54kg【1-1-0-14】

55kg【2-3-2-23】

56kg【0-0-3-15】

57kg以上【2-1-0-13】

 

過去5年で2勝を挙げている55kg(グレイル・ハクサンルドルフ)57kg以上(ストロングタイタン・メートルダール)の台頭に期待したいところですが、過去5年ベースで連対馬が1頭も出ていない53kg以下(サイモンラムセス・スズカディープ・レイホーロマンス)56kg(アメリカズカップ・ギベオン・ドレッドノータス・マイスタイル)の相性の悪さはかなり気になるので、53kgと56kgの馬たちの扱いには注意が必要です。

 

③過去5年の前走着順別・前走単勝人気別成績データ

 

(前走着順別成績)

 

前走1着【1-0-0-9】

前走2着【0-2-0-3】

前走3着【1-1-1-3】

前走4着【1-1-0-6】

前走5着【1-0-1-9】

前走6着~9着【0-0-0-20】

前走10着以下【1-1-3-25】

 

(前走単勝人気別成績)

 

前走1番人気【1-1-0-6】

前走2番人気【0-0-0-9】

前走3番人気【1-1-0-6】

前走4番人気【2-1-0-7】

前走5番人気【0-1-1-4】

前走6番人気~9番人気【0-0-1-20】

前走10番人気以下【1-1-2-23】

 

前走5着以内(アメリカズカップ・エンジニア・ドレッドノータス・マイスタイル・メートルダール)が4勝・2着4回という好結果を残している一方、前走10着以下(エテルナミノル・ギベオン・グレイル・ショウナンバッハ・ストロングタイタン・マサハヤドリーム・レイホーロマンス)だった馬が1年前の中日新聞杯で1着~3着を独占したように、前走大敗組の巻き返しがある点もこのレースの大きな特徴です。

 

④過去5年の前走距離別成績データ

 

芝1600m【1-0-0-6】

芝1800m【1-0-1-18】

芝2000m【0-4-1-27】

芝2200m以上【3-1-3-24】

 

前走で芝2200m以上のレースを使っていた距離短縮組(エテルナミノル・エンジニア・ギベオン・グレイル・レイホーロマンス)が3勝・2着1回の好結果を残しています。中日新聞杯と同距離の前走芝2000m組(アメリカズカップ・サイモンラムセス・ショウナンバッハ・スズカディープ・ストロングタイタン・ドレッドノータス・マイスタイル・マサハヤドリーム・メートルダール)は過去5年ベースで1度も勝っていませんが、前走芝2000m組は2015年から3年連続で連対を果たしていますので、そろそろ芝2000m組が勝ち切る事になっても全く驚けません。

 

また、過去5年の血統別成績を見てみると【母父サンデーサイレンス系】エテルナミノル・ドレッドノータス・マサハヤドリーム・レイホーロマンス)が【0-2-1-21】という厳しい結果に終わっていますので、血統別の傾向で取捨選択をしていくのもアリだと思います。

 

2歳時に重賞を勝っている

ドレッドノータスが該当した

不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

《中日新聞杯2018過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

ストロングタイタン

レース中のアクシデントで大敗を喫した前走からの巻き返しが期待されるこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。3戦3連対の左回りコースに替わるところはもちろん、年齢別成績・ハンデ別成績の好走データに該当していますし、芝2000mの持ち時計(1分57秒2)がメンバー中最速というところも魅力!1週前追い切りで栗東坂路4ハロン51.0秒(11月28日の栗東坂路全体時計5位タイ)・ラスト1ハロン11.9秒という超抜ラップを計測しているように、前走からのレース間隔が空いている事を感じさせないくらい、順調な調整過程を歩んでいますので、なかなかのメンバーがそろった中日新聞杯でも好勝負に持ち込めるのでは?と考えています。

 

おすすめ軸馬 152戦122勝(122-14-5-11)
勝率80.2%馬券圏内率92.7%

気になる軸馬 155戦122勝(122-14-10-9)
勝率78.7%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


中日新聞杯2018【最終データ】5頭【注目馬発表】1頭

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【中日新聞杯2018予想/過去データ分析】1週前追い切りで抜群の時計を叩き出したアノ馬に注目!芝2000mの持ち時計優秀で左回りも好相性!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.