競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【JBCスプリント2018予想/出走予定馬分析】1週前追い切り情報掲載!1年前のJBCスプリントで大接戦を演じたアノ馬の激走に注目!

投稿日:

f:id:jikuuma:20181030124619j:plain

 

年間勝率70% 馬券圏内率90%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちら(LINE@無料)

 


 

出走予定馬分析/過去データ分析/追い切り後分析

選出される各オススメ馬に注目!

 

JBCスプリント2018(Jpn1)

【出走予定馬分析】からみるオススメ馬

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 


 

2018年11月4日(日)

京都競馬10レース(15時00分発走)

第18回 農林水産省賞典 JBCスプリント(Jpn1)

京都ダート1200m 3歳以上定量

 

《JBCスプリントのレース展望》

 

今年で18回目の開催となる地方競馬の祭典・JBCですが、JBC史上初めてJRAのレースに組み込まれる形で行われる事になりました。JBCシリーズの開幕を告げるのが電撃の1200m戦・JBCスプリント!武豊騎手とのコンビで待望のGⅠ初制覇を目指すマテラスカイグレイスフルリープモーニンといったダート重賞での実績が豊富な馬たちだけでなく、芝のスプリント路線で活躍しているセイウンコウセイ・ナックビーナス・レッツゴードンキの参戦も決定!さらに、北島三郎さんの持ち馬・キタサンミカヅキ、TUBE・前田亘輝さんの持ち馬・ノブワイルドなど、地方競馬からもバラエティーに富んだメンバーがエントリーしていますので、話題に事欠かないレースになりそうですね。

 

《予想オッズ》

 

①人気 マテラスカイ    2.5倍

②人気 キタサンミカヅキ  4.6倍

③人気 グレイスフルリープ 6.3倍

④人気 モーニン      8.7倍

⑤人気 レッツゴードンキ  10.2倍

 

《出走予定馬分析》

 

キタサンミカヅキ

(牡8歳 父キングヘイロー・母キタサンジュエリー)

2017年夏にJRA美浦・古賀史生厩舎から地方船橋・佐藤賢二厩舎へと移籍。JRAのOP特別で頭打ちという状況だったにも関わらず、強豪JRA勢が集結したGⅡ・東京盃の2連覇を果たすなど、船橋に移籍してから急激に力をつけていますので、地方所属だからといって安易に評価を下げてしまうのは危険です。京都ダート1200mで【0-0-1-2】という低調な戦績に終わっているものの、地方移籍後に息を吹き返してきた馬ですから、充実期に差し掛かっている現状であればJRA時代に苦手としていた京都ダート1200mの条件を楽にクリアするかもしれません。ただ、地方競馬特有の時計の掛かるダートで好結果を残してきていますので、決着時計が極端に速くなってしまうと、人気を裏切る事になっても驚けないと思います。

 

グレイスフルリープ

(牡8歳 父ゴールドアリュール・母ラビットフット)

7走前のGⅠ・コリアスプリント1着から1戦おきに好走と凡退を繰り返しているムラ駆けタイプではありますが、キタサンミカヅキやネロが出走していた3走前のGⅢ・東京スプリントで圧巻の逃げ切り勝ちを決めているように、マイペースで先行する事ができれば、驚異の粘り腰を発揮しますので、今回も同型との兼ね合いが取捨選択の大きなポイントになります。不利な外枠から発進した前走のGⅡ・東京盃はマテラスカイにハナを奪われる形になっていながら、勝ったキタサンミカヅキから0.2秒差の3着に踏ん張っていますし、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.4-38.1-24.7-12.1)で水準以上の時計をマークしているように、休養明け初戦の東京盃を叩かれた上積みが見込める状況ですから、前走以上の結果を残す可能性も十分にあると思います。

 

セイウンコウセイ

(牡5歳 父アドマイヤムーン・母オブザーヴァント)

初勝利を挙げた2016年3月21日の未勝利戦(中山ダート1200m・1分12秒0)以来、2年7ヶ月ぶりにダート戦にエントリーしてきた芝のGⅠホース(2017年高松宮記念1着)。2走前のGⅢ・函館スプリントステークスで復活Vを果たしていますが、前走のGⅠ・スプリンターズステークスで12着に大敗しているように、芝1200mの一線級相手だと苦戦を強いられていますから、新境地を求めてダート路線に舵を切る、という陣営の判断も理解できます。1週前追い切り(美浦Wコース5ハロン64.9-50.8-38.4-13.1)でも快速馬ならではのキビキビとした動きを見せていましたので、良い意味で前走時の状態をキープしているのは間違いありませんけど、道中で砂を被った時の対応など、ダート戦特有のマイナス要素をいくつもクリアする必要がありますから、馬券の軸にはおすすめできません。

 

ナックビーナス

(牝5歳 父ダイワメジャー・母レディトゥプリーズ)

モレイラ騎手とのコンビでGⅠタイトル奪取を狙った前走・スプリンターズステークスで7着に凡退したものの、2017年10月29日のOP・ルミエールオータムダッシュ2着以降、8戦連続で5着以内を確保するなど、爆発力こそないものの、相手なりに走れる強みを活かして、芝の短距離路線で息の長い活躍を見せています。ナックビーナスがダート戦にエントリーするのは2017年10月4日のGⅡ・東京盃9着以来、約1年1ヶ月ぶりになります。昨年の東京盃はスタートで大きく出遅れた事が最大の敗因ですから、昨年の東京盃で惨敗しているからといって、ダート適性なし、と判断してしまうのは早計かと思います。ただ、馬なりの手応えだった1週前追い切り(美浦Wコース5ハロン64.8-50.4-36.0-12.9)で水準以上の時計をマークしているとはいえ、芝とダートとでは勝手が違いますので、馬券の買い目に加える程度の評価が妥当だと思います。

 

マテラスカイ

(牡4歳 父スパイツタウン・母モタスケレー)

2走前のGⅢ・プロキオンステークスで中京ダート1400mのレコードを更新(1分20秒3)する圧巻の逃げ切り勝ちを決め、一躍スターダムにのし上がった充実一途の4歳牡馬。3歳時までは1000万下条件戦で苦戦続き、という厳しい状況に終われていましたが、世界トップクラスのダート短距離馬が集結した国際GⅠ・ドバイゴールデンシャヒーンで5着を確保するなど、明け4歳になってから急激に力をつけている印象がありますので、馬体重プラス18kgで太め残りの状態だった事が仇となり、1番人気4着の悔しい結果に終わった前走のGⅡ・東京盃からリベンジを果たす可能性も十分あるのでは?と考えています。1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.6-38.2-24.3-12.1)で右肩上がりのラップを刻んでいるように、休養明け初戦だった東京盃を使った上積みが見込める一方、前走のような【●●●●●●●】にしているタイプですから、この馬向きの馬場状態(脚抜きの良い道悪馬場)になっているのかどうか、というところが取捨選択の大きなポイントになります。

 

1番人気濃厚の

マテラスカイが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

レッツゴードンキ

(牝6歳 父キングカメハメハ・母マルトク)

2017年2月18日のGⅢ・京都牝馬ステークス1着以来、勝ち星から遠ざかっている状況ではありますが、初ダートだった2016年のGⅠ・JBCレディスクラシックで勝ったホワイトフーガから0.2秒差の2着を確保したほか、豪華メンバーがそろっていた今年のGⅠ・フェブラリーステークスでも5着をキープするなど、ダートGⅠでまずまずの結果を残していますので、ダート替わりがプラスに作用すれば、久方ぶりにGⅠタイトルを奪取する事になっても全く驚けないと思います。6歳という年齢ですから、年内いっぱいで引退する可能性が高いですけど、良い意味で6歳馬らしくない若々しい脚さばきで登板していた1週前追い切り(栗東坂路4ハロン50.8-37.3-24.9-12.9)の内容もかなり良かったので、この馬の差し脚が活きるレース展開になれば、突き抜ける可能性も十分になると思います。

 

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

キャリアを積み重ねるにつれて、徐々にダート色の濃いタイプへとシフトチェンジしているこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。ダートで重賞を勝った事がない点は引っ掛かりますけど1年前のJBCスプリントで勝ち馬とタイム差なしの大接戦を演じているのですから、今年のJBCスプリントでも好勝負に持ち込む可能性も十分にありますし、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン50.3-37.3-25.3-13.1)で好時計をマークしているように、使い詰めによる疲労を心配する必要がないくらい、順調な調整過程を歩んでいますから、状態面の不安がないところもこの馬を推す理由になっています。

 

年間勝率70% 馬券圏内率90%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちら(LINE@無料)

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【JBCスプリント2018予想/出走予定馬分析】1週前追い切り情報掲載!1年前のJBCスプリントで大接戦を演じたアノ馬の激走に注目!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.