競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

【オールカマー2018】過去10年のデータ分析|格下は通用しないレース!

投稿日:

2018オールカマーを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
オールカマーで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はオールカマーが行われますね。


(2017オールカマー ルージュバック)

オールカマーはオール(全て)、カマー(おいで)
という事で、「なんでも来い」という意味なんですよね。

今ではオールカマーの意味合いはなくなってしまいましたが
レース設立当時は、地方馬や外国馬といった馬が
出られるレースが少なかったので、

その馬たちの救済措置として作られたのが「オールカマー」です。

 

今は外国産馬でも日本ダービーには出走できますし
一定の条件がありながらも地方馬も日本ダービーに出走できます。

サンデーサイレンスが種牡馬として入ってきたことが
大きく影響しているような気がしますが
日本の競馬もだいぶ開放的になりましたね。

そして、日本馬は強くなりました。

時代が変わり、本来の意義を失ったオールカマーですが
中山芝2200mという特殊な舞台で面白いレースがみられるのは間違いありません。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

という事で、今週はオールカマーのデータについて話していきます。

天皇賞秋よりも有馬記念と繋がりの強いG2レースで
中山芝2200mという適性が重要視される舞台で行われます。

適性重視の分、荒れる傾向になるレースとなっていますが

そんな予想し甲斐のある神戸新聞杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

レイデオロを脅かすのはあの関西馬だ!

チェックメイトではオールカマーにおいて

爆穴の可能性をたぶんに秘めた関西馬
の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
オールカマーで穴となっている関西馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

オールカマー過去10年のデータ分析

中山屈指の特殊コースは差しが決まりづらい

まず、最初に注目したのはオールカマーの脚質です。
以下はオールカマーでの4コーナーでの順位別成績です。


4コーナーで7番手以下にいた馬の成績を見てみると

複勝率 11.8%  複勝回収率 43%

と、苦戦を強いられている事が分かります。

 

逆に4コーナーで7番手以内にいた馬の成績を見てみると

複勝率 48.1%  複勝回収率 106%

と差し馬とは対照的な成績になっています。

逃げ馬、番手にいる馬の成績が良くないので

道中3~7番手くらいの好位でレースをする馬が強い事が分かります。

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

特殊コースの力勝負!実力のない馬は通用せず

次にオールカマーでの前走クラス別の成績を見てみましょう。

前走GIから出走している馬の成績は素晴らしく

複勝率 68.4%  複勝回収率 123%

そして、前走準オープンに出走した馬が8戦全敗

前走オープン特別に出走した馬が9戦して3着1回のみ

と、格のない馬、底力がない馬は苦戦しています。

 

オールカマーの舞台は中山芝2200m

パワーが必要なコース形態になっています。

天皇賞秋のようなスピード条件には合わない馬が
有馬記念を見据えて出走してくるレース。

パワー勝負に適性が高く、GIを狙えるような地力がある馬が
そのまま活躍している事が分かりますね。

 

ちなみに前走出走レース別成績を見てみると

レース間隔的にちょうどいい宝塚記念組が強いのは当然として
天皇賞春からの臨戦や安田記念からの臨戦も活躍しています。

その地力には注目です。

 

枠順の有利不利はそこまでないものの、外枠はやや不利

最後にオールカマーの枠順別成績を見てみましょう。

全体的にフラットな成績分布になっていますが
7枠の複勝回収率が低く、8枠は複勝率も複勝回収率も低い事が分かります。

中山競馬場は中山芝の外回りコースで行われるレースなので
三角形のようなコースを走っていきます。

当然、外を回った馬は距離ロスが出てくるので
外を通りやすい、外枠の馬は不利を被りますね。

 

以上が2018オールカマーを攻略するための主たるデータです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

まとめ

オールカマーは中山芝2200mという非根幹コースなので

“適性が重視されるレース”

となっています。

パワー条件の重賞が少ないので、この条件を得意とする実力馬が集まり
準オープンやオープン特別からの臨戦は難しくなっています。

素直に力のある馬を評価したいですね。

 

私がオールカマーで注目しているのは
このレースを狙いすましており高配当を届けてくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
【オールカマー2018】過去10年のデータ分析|格下は通用しないレース!

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.