競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【セントライト記念2018予想/出走予定馬分析】コース替わりが魅力的なアノ馬の激変に期待!強敵ぞろいでも得意の右回りなら上位争いのチャンス!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180910215804j:plain

 


 

f:id:jikuuma:20180909212019p:plain

 

“大魔神”の愛称でお馴染み!

G1馬主 佐々木主浩氏

【ローズS・最終結論】

予想はこちら(無料)

メールアドレスを用意してから

参加してみて下さい。

 


 

2018年9月17日(月)

中山競馬11レース(15時45分発走)

第72回 朝日杯セントライト記念(G2)

中山芝2200m(外回り)3歳定量

 

《セントライト記念のレース展望》

 

待望の3日間開催のトリを飾るのは今年で72回目の開催となるセントライト記念!3着までの馬に菊花賞への優先出走権が与えられるレースですので、例年以上の混戦が予想される牡馬クラシック第3戦・菊花賞の行方を占う意味でも重要な一戦を迎える事になります。昨年のセントライト記念は皐月賞馬・アルアインが単勝オッズ1.7倍の圧倒的1番人気に支持され、そのアルアインが早め先頭からの押し切り勝ちを狙ったものの、中団で折り合いに専念していた2番人気(単勝オッズ6.1倍)・ミッキースワローが上がり3ハロン33.4秒という驚異的な末脚を繰り出し、アルアイン相手に0.3秒差をつけ、重賞初制覇を決めています。今年の顔ぶれを見てみると、日本ダービーで僅差3着に健闘したコズミックフォースのほか、皐月賞3着馬・ジェネラーレウーノ、NHKマイルカップ2着馬・ギベオン、共同通信杯優勝のオウケンムーンといった今春のクラシック路線に駒を進めた馬だけでなく、レイデオロの全弟にあたるレイエンダや欧米のGⅠ馬を母に持つブレステイキングといった好素質馬が集結!条件戦経由の立場で見事なレース運びを見せた昨年の勝ち馬・ミッキースワローのように、充実一途の上がり馬がクラシック出走組を打ち負かす可能性を秘めたレースになっていますので、過去の実績を過信しすぎず、フラットな気持ちで馬券作戦を組み立てていく事をおすすめします。

 

《予想オッズ》

 

①人気 レイエンダ     2.5倍

②人気 コズミックフォース 3.1倍

③人気 ギベオン      5.6倍

④人気 ジェネラーレウーノ 8.0倍

⑤人気 ブレステイキング  9.7倍

 


 

おすすめ動画/消去データ(5頭)

 


セントライト記念2018【1番人気分析】レイエンダ【消去データ】5頭

 


 

《出走予定馬分析》

 

ギベオン

(牡3歳 父ディープインパクト・母コンテスティッド)

2012年に米国のダートGⅠを2勝した女傑・コンテスティッド(母父ゴーストザッパー)に、国内トップクラスの種牡馬・ディープインパクトを掛け合わせる、という魅力たっぷりの血統背景を持つ栗東・藤原英昭厩舎のエース格。2戦2戦の立場で出走した2走前のGⅢ・毎日杯は2着に敗れていますけど、この時の勝ち馬は2週前に古馬相手のGⅢ・新潟記念を圧勝したブラストワンピースでしたから、毎日杯でブラストワンピース相手に0.3秒差2着という結果を残した点は高く評価すべきですし、差し馬有利の流れになった前走のGⅠ・NHKマイルカップでも好位追走から2着に粘り切るなど、レース展開に問わず力を発揮できる点もこの馬の大きな武器になっていますので、骨っぽい相手がそろったセントライト記念でも侮れない存在になるのでは?と考えています。芝2000m以上のレースを経験していない点が気掛かりですが、道中の折り合いに不安のあるタイプではありませんから、芝2200mまでなら対応可能だと思います。ただ、8月初旬から栗東トレセンで乗り込みを重ねているとはいえ、今回は5月初旬のNHKマイルカップ以来、4ヶ月超の休養明け初戦になりますので、最終追い切りの動きをしっかりチェックして、この馬本来のデキに仕上がっているのかどうか、というところを的確に判断する必要があります。

 

コズミックフォース

(牡3歳 父キングカメハメハ・母ミクロコスモス)

重賞勝利こそありませんが、2歳時にGⅠ・阪神ジュベナイルフィリーズで3着を確保するなど、牝馬クラシック路線で上々の活躍を見せたミクロコスモスを母に持つキングカメハメハ産駒。3走前のOP・すみれステークスで勝ったキタノコマンドールに0.8秒差の5着に敗れた時には評価が急落していましたけど、16番人気(単勝オッズ223.7倍)という超人気薄の立場でエントリーした前走のGⅠ・日本ダービーで勝ったワグネリアンから0.2秒差の3着に食い込み、世代トップクラスの実力馬である事を証明してくれました。母ミクロコスモスが早熟傾向の強いタイプでしたから、夏を越しての成長力に疑問を持っている競馬ファンも多くなっている事と思いますが、1歳上の兄・アンティノウスは古馬になってから活躍していますので、セントライト記念で成長した姿を見せられるのかどうか、というところが大きなポイントになってくるのでは?と考えています。今回は広々とした東京芝コースから中山芝コースへのコース替わりになりますけど、4走前のGⅢ・京成杯で勝ったジェネラーレウーノ相手に0.1秒差の2着という結果を残しているように、直線が短い中山芝コースにも対応できるタイプですから、コース替わりも全く問題ありません。

 

ジェネラーレウーノ

(牡3歳 父スクリーンヒーロー・母シャンハイロック)

2016年の1歳セレクションセールにて3,240万円という価格で落札されたスクリーンヒーロー産駒で、今年の日本ダービーで僅差4着に好走したエタリオウ(次週の神戸新聞杯に出走予定)を所有しているGリビエール・レーシング(森岡幸人氏の法人名義)がオーナーを務めています。3着に敗れた新馬戦(函館芝1800m)で単勝オッズ1.2倍の圧倒的1番人気に支持されていたように、デビュー当初から能力の高さを評価されていて、2戦目の未勝利戦(東京芝2000m)をきっちり勝ち上がると、キャリア4戦目のGⅢ・京成杯でコズミックフォース以下の追撃を振り切り、重賞初制覇を果たしています。約3ヶ月の休養明け初戦だった2走前のGⅠ・皐月賞で勝ち馬・エポカドーロから0.6秒差の3着に食い下がっていますけど、前走のGⅠ・日本ダービーでは勝ち馬・ワグネリアンから1.7秒差の16着に敗れていますので、安定感に欠けるムラ駆けタイプという評価が妥当だと思います。でも、ムラ駆け傾向にある馬は大敗後に一気に巻き返すケースも十分考えられますし、瞬発力勝負に弱いタイプなので、速い上がり3ハロンが要求された日本ダービーでボロ負けしてしまうのは致し方ない部分もありますから、重賞勝ちを決めた中山芝コースに舞台替わりするセントライト記念で激変する可能性も十分あるのでは?と予想しています。

 

ブレステイキング

(牡3歳 父ディープインパクト・母シユーマ)

欧米の芝中距離GⅠ路線で活躍したミスタープロスペクター系の名牝・シユーマを母に持つディープインパクト産駒で、ノーザンファーム出身の評判馬を数多く所有しているサンデーレーシングが一口300万円という価格で一口馬主を募集していました。世界的名ジョッキーのムーア騎手を鞍上に迎え、圧倒的1番人気(単勝オッズ1.3倍)に支持された新馬戦(東京芝1800m)でまさかの6着に敗れたものの、キャリアを積み重ねるにつれて、徐々にレース内容が良化していき、3走前の500万下・フリージア賞(東京芝2000m)で勝ったギベオンから0.1秒差の3着に健闘したほか、2走前のOP・プリンシパルステークスでも勝ったコズミックフォース相手にアタマ差2着を確保するなど、セントライト記念で上位人気に支持される能力馬と互角のレースを見せていますので、初の重賞レース出走でいきなり勝ち切る場面があっても全く驚けません。8月半ばから美浦トレセンに入厩し、セントライト記念へ向けての調整を進めている状況ではありますが、東京芝コースのような直線の長いコースを得意にしている末脚特化型ですから、未勝利戦を勝ち切ったとはいえ【●●●●●●●】はあまり歓迎できないのでは?と考えています。

 

コズミックフォースやギベオンと

互角のレースを見せている良血馬

ブレステイキングが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

レイエンダ

(牡3歳 父キングカメハメハ・母ラドラーダ)

2017年の日本ダービーを優勝したレイデオロの全弟で、兄弟そろっての日本ダービー制覇という壮大な目標を抱えていましたが、昨夏の新馬戦(札幌芝1800m)を勝った後に右前副手根骨骨折などのアクシデントに見舞われた事で両前膝の手術を行い、長期の戦線離脱を余儀なくされています。故障の影響で大事な春のクラシック路線を棒に振る形になっていますけど、9ヶ月超の休養明け初戦となった2走前の500万下・夏木立賞(東京芝2000m)で後に500万下・1000万下条件戦を連勝するドミナートゥス相手に完勝しているほか、前走の1000万下・松前特別(函館芝2000m)でも昨年の紫苑ステークス2着馬・カリビアンゴールドを下すなど、水準以上のレベルの条件戦を連勝している状態でセントライト記念にエントリーしてきていますので、レイデオロの全弟という事で過剰人気する可能性が高い状況でも無視できない存在になるのでは?と考えています。本質的には東京芝コースのような直線が長いコースの方が得意、とジャッジしていますけど、直線が短い函館芝コースを使った前走で条件馬とは思えないくらいの勝ちっぷりを披露しているのですから、同じ3歳馬相手の重賞レースであれば、初見参となる中山芝コースでも互角以上の走りを見せてくれるのではないでしょうか。

 

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

今年のセントライト記念には、現3歳世代トップクラスの良血馬やGⅠで上位入線を果たしている実績馬が数多くエントリーしていますので、極端な波乱決着を望むのは難しいかもしれませんけど、3着までなら…という括りであれば、GⅠ・皐月賞でジェネラーレウーノとタイム差なしの接戦を演じ、中山芝コースへの適性の高さを証明してみせたこの馬がコース替わりでパフォーマンスを跳ね上げる可能性もあるのでは?と考え、週初め段階のオススメ馬に取り上げる事にしました。今年のGⅢ・共同通信杯で1番人気に支持された事もある馬ですが、共同通信杯凡退(勝ち馬オウケンムーンから0.7秒差の7着)後のレース内容が冴えず、評価が一気に落ちている状況です。ただ、東京芝コース特有の瞬発力勝負で脆い面を見せるタイプですから、前走のGⅠ・日本ダービーや共同通信杯で大きく着順を落としてしまうのは致し方ないところですし、「左回り<右回り」という傾向を持つ馬なので、右回りの中山芝コースへのコース替わりは間違いなくプラスに働くはず。今回は約3ヶ月半の休養明け初戦になりますから、中間の調整過程をしっかりチェックする必要がありますけど、8月初頭から栗東トレセンで乗り込みを開始していますので、セントライト記念出走へ向けて順調な調整過程を歩んでいる点もこの馬を推す理由になっています。

 

 

 


 

f:id:jikuuma:20180909214341j:plain

 

ローズステークスにて

【このレースを目標に究極仕上げ】

をした超穴馬を大公開!

馬名はこちら(無料)

メールアドレスを用意してから

参加してみて下さい。

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【セントライト記念2018予想/出走予定馬分析】コース替わりが魅力的なアノ馬の激変に期待!強敵ぞろいでも得意の右回りなら上位争いのチャンス!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.