競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【セントウルステークス2018予想/追い切り後分析】雨予報歓迎のアノ馬が2週連続で追い切り好時計をマーク!道悪になれば勝ち負け必至!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180909115355j:plain

 

台風21号、および6日未明に発生した北海道地方の大地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 


 

検証報告

無料で見れるおすすめ競馬サイト

 

2018年 重賞レース
(直近26週間)

断然1位単勝回収率183%】
LINE@にて限定配信中

(サイトは友達追加ですぐ見れます)

 


 

2018年9月9日(日)

阪神競馬11レース(15時35分発走)

第32回 産経賞セントウルステークス(G2)

阪神芝1200m 3歳以上別定

 

《追い切り後展望》

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスから抜粋

 

水曜日(5日)の栗東トレセンが台風21号の影響を強く受け、坂路をはじめとする追い切りコースがタフな道悪馬場になってしまったため、ファインニードルやダイアナヘイロー、ネロといった上位人気確実な関西馬は木曜日(6日)に最終追い切りを敢行しています。競馬界も台風21号に翻弄される形になりましたけど、そんな状況で短距離馬らしいスピード感あふれる走りを見せていたグレイトチャーター(栗東坂路4ハロン53.8-38.5-24.5-12.2)を最終追い切りの推奨1番手に取り上げます。北九州記念時も上々の動きを見せていたのですが、前走以上に力強いフットワークでタフな栗東坂路を駆け抜けた姿は好感が持てますし、14番人気(単勝オッズ78.1倍)という低評価に反発して4着に激走した北九州記念の反動も見られませんので、前走よりも着順を上げてくる可能性も十分あるのでは?と考え、人気薄濃厚のグレイトチャーターを最終追い切りのトップ評価に取り上げる事にしました。最終追い切りの推奨2番手にはファインニードル(栗東坂路4ハロン53.0-38.6-24.5-12.0)を抜てきします。台風21号の影響が少なかった木曜日(6日)に追い切りをしていますので、他馬よりも追い切りの全体時計が速くなるのは当たり前なのですが、本調子一歩手前の状態とはいえ、余力の十分な手応えで栗東坂路をパワフルに駆け上がっていましたから、相手関係に恵まれたセントウルステークスであれば、休養明け初戦でも互角以上の走りを見せてくれるのでは?と期待しています。最終追い切りの推奨3番手にはアサクサゲンキ(栗東坂路4ハロン54.4-40.1-25.8-12.7)をピックアップ。使い詰めの状態でセントウルステークスにエントリーしてきましたから、最終追い切りも軽めの時計に留まっているのですが、脚さばきはとても軽やかでしたし、極端な調子落ちをしているようにも見えなかったので、良い意味で北九州記念時のデキをキープしている状態なら、巻き返しがあってもおかしくないと思います。他では、7歳秋を迎えた今でも栗東坂路で好時計をマークし続けているネロ(栗東坂路4ハロン49.4-37.2-25.1-13.0)は終いまでしっかりと動けていましたし、ラブカンプー(栗東坂路4ハロン54.7-39.2-25.0-12.7)も高い水準のデキを維持しています。関東馬のレジーナフォルテ(美浦Wコース5ハロン69.8-53.6-39.7-13.6)は長距離輸送を控えた状況でも攻めの追い切りを敢行。超大穴では栗東坂路で小気味いいフットワークを見せたウインソワレ(栗東坂路4ハロン53.8-39.0-25.3-12.6)が面白そうです。

 

《追い切り後見解》

 

2枠2番 ラブカンプー(牝3歳 M・デムーロ 52kg)

前走:北九州記念(GⅢ・小倉芝1200m)7番人気3着

年明け初戦のOP・紅梅ステークスからコンスタントにレースを使っている馬ですから、使い詰めによる疲労が心配されますが、最終追い切りの動きが良かったのはもちろん、2日(日)にも栗東坂路4ハロン53.5-40.7-28.3-15.2というまずまずの時計を叩き出しているように、セントウルステークスへ向けてしっかりとした調整過程を歩んできた事がうかがえる状況ですので、北九州記念3着時のデキを良い意味で保っているのはほぼ間違いないのでは?と考えています。サマージョッキーズシリーズ優勝が懸かっているM・デムーロ騎手に交代する点もプラスですし、阪神芝コースの直線に待ち構えている急坂を上手くクリアする事ができれば、今回も好勝負に持ち込めると思います。

 

4枠6番 アサクサゲンキ(牡3歳 松山弘平 54kg)

前走:北九州記念(GⅢ・小倉芝1200m)2番人気6着

3戦続けて馬券圏外に敗れていますけど、勝ち馬との差が絶望的に広がっているわけではありませんし、スタートでの出遅れ癖も徐々に改善されている状況ですので、昨夏のGⅢ・小倉2歳ステークスを勝った時のように前々のポジションから好位差しを決める形に持ち込む事ができれば、凡退続きにピリオドをうつ可能性も十分あるのでは?と考えています。稽古駆けするタイプではありますが、栗東坂路での最終追い切りの動きは相変わらず良かったですし、松若風馬騎手から関西リーディング上位の松山弘平騎手への乗り替わりが良い刺激になりそうですから、鞍上が交代したセントウルステークスでパフォーマンスを跳ね上げるかもしれません。

 

4枠7番 ダイアナヘイロー(牝5歳 武豊 54kg)

前走:北九州記念(GⅢ・小倉芝1200m)1番人気7着

北九州記念は55.5kgという牝馬にとって厳しいハンデを課されていましたけど、別定戦に替わる今回はモズアスコットを下している4走前のGⅢ・阪急杯と全く同じ54kgの斤量で出走する事ができますので、前走からの斤量減での変わり身を期待している方も多くなっているのではないでしょうか。ただ、栗東CWコースで行われた【●●●●●●●】というダイアナヘイローらしからぬ時計を出してしまった点が気掛かり…。北九州記念の時の最終追い切りはまずまずの動きを見せていたのですが、今回の最終追い切りが終いの動きがいつも以上に緩慢でしたから、完調手前の状態でセントウルステークス当日を迎える事になるのでは?と勘繰っています。

 

前走からの斤量減が魅力的な

ダイアナヘイローの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

5枠9番 ネロ(牡7歳 福永祐一 56kg)

前走:クラスターカップ(GⅢ・盛岡ダート1200m)4番人気2着

ここ3戦は地方交流のダート重賞を走っていましたので、2018年3月のGⅠ・高松宮記念以来、約5ヶ月ぶりの芝レース参戦になります。吉原寛人騎手とコンビを組んだ昨年末のGⅢ・京阪杯を制し、京阪杯の2連覇を達成している馬ですから、久々の芝レース参戦という状況がマイナスに働く可能性はそこまで高くありませんけど、中間の追い切りで超ド級の時計を叩き出しているとはいえ、高速馬場を苦手にしているタイプですので、決着時計が速くなりやすい開幕週の馬場に替わる点は歓迎できません。でも、今週末の関西地方は雨予報が出ていますから、セントウルステークス当日の馬場状態が「不良」「重」の道悪になっていた場合は要注意です。

 

8枠14番 ファインニードル(牡5歳 川田将雅 58kg)

前走:チェアマンズスプリントプライズ(GⅠ・シャティン芝1200m)6番人気4着

阪神芝1200mで【3-1-0-0】という好結果を残しているコース巧者であるのはもちろん、今回よりも強い相手関係だった今春のGⅠ・高松宮記念を優勝している現役屈指のスプリンターですから、前年に引き続いてのセントウルステークス連覇を果たす事になっても全く不思議ない存在だと思います。約4ヶ月超の休養明け初戦になりますし、大目標は次走のGⅠ・スプリンターズステークスですので、セントウルステークス時に100%近いデキに仕上げているわけではありませんけど、最終追い切りの動きが良かっただけでなく、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.1-37.6-25.0-13.1)でも上々の時計をマークしているように、水準以上の状態である事が明らかな状況であれば、馬券の買い目から外す事はできないのでは?と考えています。

 

《最終予想オッズ》

 

①人気 ファインニードル 2.4倍

②人気 ラブカンプー   3.0倍

③人気 ダイアナヘイロー 4.9倍

④人気 アサクサゲンキ  8.0倍

⑤人気 レジーナフォルテ 10.4倍

 

《展開予想》

 

内枠からラブカンプー・レジーナフォルテ・ダイアナヘイロー・ネロという徹底先行型が顔をそろえていますけど、前半600m通過32.1秒という速い流れになったアイビスサマーダッシュでハナを奪ったラブカンプーのダッシュ力が一枚上ですから、2枠2番という絶好枠を引き当てたラブカンプーが果敢にハナを奪い、前半600m通過33秒台前半のやや速いペースを形成していくのでは?と予想しています。「開幕週の芝レース=前残り」という定説が存在していますが、今週末の阪神競馬場は雨の影響を強く受けそうなので、レース当日の馬場傾向をしっかりチェックするようにしてください。

 

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

レース当日の馬場状態の優劣が取捨選択の大きなポイントになっていますけど、週末の雨の影響が強く残りそうなので、ここは道悪馬場で一気にパフォーマンスを跳ね上げるこの馬を本命に抜てきします。前走からレース間隔が詰まっている状況ですが、最終追い切りの時計が良かったのはもちろん、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.4-37.3-25.0-13.1)でも水準以上の時計をマークした点は高く評価できますし、GⅢレース2勝の実績があるにも関わらず、別定で56kgの斤量に留まった点も魅力的ですから、馬場と斤量が向きそうな今回こそが最大の狙い目になるのでは?と予想しています。ビッグアーサーに完敗した2年前のリベンジを果たして、3つ目の重賞タイトルをつかみ取ってほしいです。

 

先週【新潟記念】【小倉2歳S】 ダブル的中!

 


 

おすすめ動画/消去データ(4頭)

 


セントウルステークス2018【1番人気分析】ファインニードル【消去データ】4頭

 


 

検証報告

無料で見れるおすすめ競馬サイト

 

2018年 重賞レース
(直近26週間)

断然1位単勝回収率183%】
LINE@にて限定配信中

(サイトは友達追加ですぐ見れます)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【セントウルステークス2018予想/追い切り後分析】雨予報歓迎のアノ馬が2週連続で追い切り好時計をマーク!道悪になれば勝ち負け必至!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.