競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【小倉2歳ステークス2018予想/過去データ分析】余裕残しだった新馬戦快勝のアノ馬をピックアップ!前走を叩いた上積みが見込める点も評価!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180831121726j:plain

 

🐎2018年 重賞レース◎52戦39勝🐎

 

無料で見れるおすすめ競馬サイト

年間プラス収支達成率80%超!

LINE@にて限定配信中!

 

先週 キーンランドC G3

◎ナックビーナス

単勝370円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034058j:plain

 

先週 新潟2歳S G3

◎ケイデンスコール

単勝240円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034258j:plain

 

無料で見れるおすすめ競馬サイト

年間プラス収支達成率80%超!

LINE@にて限定配信中!

 


 

2018年9月2日(日)

小倉競馬11レース(15時35分発走)

第38回 小倉2歳ステークス(G3)

小倉芝1200m 2歳定量

 

《小倉2歳ステークスの見どころ!》

 

若手のホープ・菱田裕二騎手がアレスバローズとのコンビで悲願の重賞初制覇を果たした北九州記念と全く同じ小倉芝1200mの条件で行われる小倉2歳ステークス。2コーナー奥に設置されるスタートゲートから最初のコーナー(3コーナー)に到達するまでの距離(約480m)が長めに設定されていますけど、スタート地点直後に下り坂を通る必要があるため、逃げ・先行脚質の馬が激しいハナ争いを繰り広げなくても、前半600m通過33秒台前後のハイペースになるケースが多くなっていますから、週末までに過去のレース映像をしっかりチェックして、レース序盤からハイラップを刻む小倉芝1200m特有のペースに対応できそうなピックアップしていってくださいね。また、過去5年の枠順別成績を見てみると、過去5年の勝ち馬5頭のうち4頭が2枠~4枠という内寄りの枠を引き当てていたほか、レース当日に1番人気に支持されていた馬が過去5年で【2-2-0-1】(勝率40%・連対率80%)という好結果を残している事が判明!同コースで行われた北九州記念はハンデ戦という事もあってか、1番人気受難のレースとして知られていますけど、小倉2歳ステークスの方は1番人気堅実という本命党の皆さんにとって心強いデータが存在していますから、今年の小倉2歳ステークスでどの馬が1番人気に支持されるのか、というところも大きな見どころになりそうですね。

 

《小倉2歳ステークスのチェックポイント》

 

①過去5年の前走レース別成績データ

まず、過去5年の前走レース別成績から出走各馬の実力が拮抗している小倉2歳ステークスの馬券ゲットにつながっていきそうなデータを探っていきます。過去5年ベースで抜群の相性を誇っているのは、小倉2歳ステークスと同じ前走小倉芝1200m組(アーデントリー・アズマヘリテージ・カシノティーダ・シングルアップ・タムロドリーム・チュウワフライヤー・ブルベアオーロ・ミヤジシルフィード・ルチアーナミノル)で、4勝・2着4回という好結果を残しているほか、前走小倉芝1200mが過去5年すべてで連対している事も判明しましたので、前哨戦のOP・フェニックス賞で好走したシングルアップ・チュウワフライヤー・アーデントリーはもちろん、ルチアーナミノルやブルベアオーロ、タムロドリームといった小倉芝1200mの新馬・未勝利戦で着差以上に強い勝ちっぷりを見せている快速馬たちにとっては好都合なデータが存在している事になりますね。逆に、前走で小倉芝1200m以外の条件を使っていた馬(エイシンノホシ・ジャカランダシティ・セプタリアン・タガノジェロディ・ファンタジスト)は、延べ20頭出走して連対を果たしたのはたった2頭だけ(2015年1着シュウジ、2016年2着ダイイチターミナル)という低調な結果に終わっていますから、上位人気濃厚なファンタジストやセプタリアンといったあたりを馬券の軸に抜てきするのは控えた方が良いかもしれません。

 

②過去5年の生産牧場別成績データ

続いて、過去5年の生産牧場別成績を見ていきます。先週の新潟2歳ステークスは名門・ノーザンファーム出身のロードカナロア産駒・ケイデンスコールが雨の影響でぬかるんだ馬場をもろともしない走りを見せ、重賞初制覇を果たしていますけど、小倉2歳ステークスの過去5年の勝ち馬はいずれもGⅠタイトルとは縁遠い中小規模の生産牧場出身(ナカノファーム・フジワラファーム・浜野牧場など)である事が判明!前年優勝のアサクサゲンキも国内の有名牧場出身ではなく、アメリカ出身の外国産馬でしたから、生産牧場の規模にとらわれない形で馬券作戦を組み立てる必要があります。逆に、毎年のようにGⅠホースを輩出している【●●●●●●●】(ジャカランダシティ・セプタリアン・チュウワフライヤー・ルチアーナミノル)は、延べ12頭出走して【0-0-3-9】で連対馬ゼロという厳しい結果に終わっています。キングヘイロー産駒のセプタリアンは前走レース別成績に続いて不利データに該当していますし、今年の小倉2歳ステークスに特別登録している馬の中で芝1200mの持ち時計が最も早いルーラーシップ産駒・ルチアーナミノルも生産牧場別成績の不利データに該当していますから、地力上位のルチアーナミノルがこの不利データのせいで連を外す可能性も否定できないと思います。

 

持ち時計最速で

上位人気確実なルチアーナミノルが

該当している不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

③小倉芝1200mの騎手別成績データ

最後に、小倉2歳ステークスが行われる小倉芝1200mの条件で好結果を残しているジョッキーを直近の騎手別成績から探っていきます(データの集計期間は2015/2/7~2018/8/26)。今年の小倉2歳ステークスに参戦を予定しているジョッキーの中から、勝率10%以上のハイアベレージをマークしているジョッキーを調べてみたところ、勝率20%の武豊騎手(ファンタジスト)・勝率12.6%の浜中俊騎手(ルチアーナミノル)・勝率11.7%の和田竜二騎手(ミヤジシルフィード)・勝率10.8%の松山弘平騎手(シングルアップ)・勝率10.5%の北村友一騎手(セプタリアン)の5名が小倉芝1200mの条件を得意にしている事が判明しました。逆に、川須栄彦騎手(タムロドリーム)は延べ119回出走して勝率5.9%というやや低調な結果に終わっているほか、酒井学騎手(エイシンノホシ)にいたっては延べ86回出走して【0-4-3-79】(連対率4.7%)というかなり厳しい結果に終わっていますから、小倉芝1200mと相性が良いジョッキーと相性が悪いジョッキーとをしっかり選別する必要がありますね。

 

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

前走レース別成績(小倉芝1200mの新馬)の好走データに該当しているのはもちろん、JRAでGⅠを勝った事がない中小規模の生産牧場(松浦牧場)出身で、小倉芝1200mと相性抜群なジョッキー(和田竜二騎手)が騎乗する点も魅力的なこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。デビュー直前の追い切りで好時計をマークしていた事もあり、新馬戦で単勝オッズ2.0倍という抜けた1番人気に支持されていた逸材で、好位追走から早めに先頭に立ち、後続の追撃を振り切る、という正攻法の競馬で新馬戦をしっかり勝ち上がった点は高く評価できますし、やや余裕残しの状態で新馬戦当日を迎えていましたから、新馬戦を叩いた上積みが見込める点もこの馬を推す大きな理由になっています。

 

 


 

🐎おすすめ動画/消去データ(6頭)🐎

 


小倉2歳ステークス2018【1番人気分析】シングルアップ【消去データ】6頭

 


  

🐎2018年 重賞レース◎52戦39勝🐎

 

無料で見れるおすすめ競馬サイト

年間プラス収支達成率80%超!

LINE@にて限定配信中!

 

先週 キーンランドC G3

◎ナックビーナス

単勝370円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034058j:plain

 

先週 新潟2歳S G3

◎ケイデンスコール

単勝240円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034258j:plain

 

無料で見れるおすすめ競馬サイト

年間プラス収支達成率80%超!

LINE@にて限定配信中!

  


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【小倉2歳ステークス2018予想/過去データ分析】余裕残しだった新馬戦快勝のアノ馬をピックアップ!前走を叩いた上積みが見込める点も評価!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.