競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【新潟記念2018予想/出走予定馬分析】左回り芝2000mで4戦4勝!昨秋のオープン特別で好走した実績を持つアノ馬に期待!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180827040652j:plain

 

🐎2018年 重賞レース◎52戦39勝🐎

 

先週 キーンランドC G3

◎ナックビーナス

単勝370円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034058j:plain

 

先週 新潟2歳S G3

◎ケイデンスコール

単勝240円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034258j:plain

 

無料で見れるおすすめ競馬サイト

年間プラス収支達成率80%超!

LINE@にて限定配信中!

 


 

2018年9月2日(日)

新潟競馬11レース(15時45分発走)

第54回 農林水産省賞典 新潟記念(G3)

新潟芝1600m(外回り)

3歳以上ハンデ

 

《新潟記念のレース展望》

 

藤田菜七子騎手のJRA女性ジョッキー通算最多勝記録更新に沸いた新潟競馬も今週でフィナーレ。最終週はサマー2000シリーズ第5戦にあたる伝統のハンデ重賞・新潟記念がメインレースに組まれています。第4戦の札幌記念が終わり、暫定トップに立っているのが札幌記念優勝のサングレーザー(12ポイント)。新潟記念の結果次第ではサマー2000シリーズの行方が大きく左右される事になりますので、どの馬が13代目のサマー2000シリーズ王者の座をつかむのか、というところにもどうぞご注目ください。また、新潟記念は過去5年で1番人気が勝利したのは2014年マーティンボロだけ、というハンデ重賞らしい波乱決着が続いていますから、上位人気馬はもちろん、下位人気馬の中から上位争いに加わる馬が出てくるのか、というところを的確に見極める必要があります。今年の顔ぶれを見てみると、年明けの中山金杯を制したセダブリランテス、ハイレベルなエプソムカップで3着を確保したディープインパクト産駒・グリュイエールといった芝中距離重賞の常連組だけでなく、3歳トップクラスの実力を持つブラストワンピースがエントリー!ブラストワンピースが古馬相手にどんなレースを見せてくれるのでしょうか。

 

《予想オッズ》

 

①人気 ブラストワンピース 2.5倍

②人気 グリュイエール   3.8倍

③人気 セダブリランテス  5.1倍

④人気 メートルダール   8.6倍

⑤人気 ストーンウェア   15.3倍

 

《出走予定馬分析》

 

🐎グリュイエール

(牡6歳 父ディープインパクト・母ウィンターコスモス)

年明けから調教師リーディング首位を快走している栗東・藤原英昭厩舎の管理馬で、2016年のGⅡ・マウントロブソンや2017年のGⅠ・菊花賞で3着に好走したポポカテペトルといったあたりが近親に名を連ねています。瞬発力勝負に強いディープインパクト産駒の特徴を受け継いでいるノーザンファーム出身の好素質馬で、2016年3月の名古屋城ステークス(1600万下・中京芝2200m)では見事なレコード勝ち(2分09秒9)を決めているのですが、名古屋城ステークス後にレコード駆けの反動が出てしまい、屈腱炎(休養期間約2年)のアクシデントに見舞われています。順風満帆な競走馬生活を送っているわけではありませんけど、屈腱炎明け初戦で仕上がり途上だった2走前・府中ステークス(1600万下・東京芝2000m)をいきなり勝利しただけでなく、久方ぶりの重賞レース参戦となった前走のGⅢ・エプソムカップで3着を確保しているように、長期休養を挟んだ後も上々の結果を残しているこの馬であれば、夏のローカル重賞でタイトルを奪取する事になっても驚けないのではないでしょうか。終い重点の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン55.1-39.0-24.7-12.3)で右肩上がりのラップを刻んでいる点も魅力的ですし、最終追い切りでこの馬本来の動きを見せた場合は本命級の扱いをする事も考えています。

 

🐎ストーンウェア

(牡6歳 父バードストーン・母アンティックオークション)

2004年のベルモントステークスで三冠制覇を狙ったスマーティージョーンズを破るなど、米国のダートGⅠを3勝している父バードストーンに、ダートの短距離を主戦場としていた母アンティックオークション、というダート色の濃い血統背景を持っているように、高速馬場よりも時計が掛かる馬場の方を得意にしていますから、1分56秒9のレコード決着になった前走のGⅢ・小倉記念で勝ち馬・トリオンフから0.7秒差の5着に負けてしまうのは致し方ない事なのでは?と考えています。今回の新潟記念も決着時計が速くなりやすい野芝コースになりますけど、夏季開催の最終週で馬場も適度に荒れてきていますので、新潟記念当日の馬場が時計の掛かる状態になっていれば、小倉記念5着凡退から巻き返す可能性も十分あるのでは?と考えています。微妙にレース間隔が空いていた前走の小倉記念を叩いた上積みが見込めますし、2走前のOP・メイステークス(東京芝1800m)でエプソムカップの勝ち馬・サトノアーサー相手に先着を果たしている事を考えれば、ハンデ重賞の新潟記念で上位争いに割って入る事になっても不思議ないのではないでしょうか。

 

🐎セダブリランテス

(牡4歳 父ディープブリランテ・母シルクユニバーサル)

2017年のGⅡ・日経新春杯で勝ったミッキーロケットから0.3秒差の3着に入っているモンドインテロの半弟。兄のモンドインテロは芝2400m以上の長距離レースで活躍していますけど、弟のセダブリランテスは芝2500mのGⅡ・アルゼンチン共和国杯でスタミナ切れを起こし、3着に敗れていますから、超距離志向が強い兄とは違い、芝2000m前後の中距離レースをベストとしています。これまでに直線が短い小回りコースで重賞を2勝(福島芝1800mのラジオNIKKEI賞、中山芝2000mの中山金杯)していますが、500kg超の大型馬らしく、道中でズブい面を見せるタイプですから、道中のペースが緩みやすくて、直線の距離が長い新潟芝外回りコースで戦える点は大きなプラス材料になると思います。ただ、年明けの中山金杯を優勝した後、左橈骨(とうこつ)遠位端の剥離骨折を発症してしまい、半年以上の長期休養を余儀なくされた点が気掛かり…。放牧先で乗り込みを重ねているとはいえ、骨折明け初戦という厳しいハンデを背負わされている状況には変わりありませんから、叩き台の新潟記念で万全な状態に仕上げる可能性はそこまで高くないのでは?と考えています。

 

🐎ブラストワンピース

(牡3歳 父ハービンジャー・母ツルマルワンピース)

前走のGⅠ・日本ダービーは2番人気5着という微妙な着順に終わりましたが、勝ったワグネリアンとの着差は0.2秒というわずかなものでしたし、直線でスムーズさを欠く場面もありましたので、上手く直線をさばく事ができていたら、最悪でも3着以内には入れたのかな?という上々の内容でしたから、不運な要素が重なって5着に敗れた日本ダービーはそこまで悲観するレースではなかったと考えています。道中で不利を受けにくい広々とした新潟芝外回りコースに替わる点は魅力的ですし、ギベオンやインディチャンプといった現3歳世代の実力上位馬相手に強い勝ちっぷりを見せた2走前のGⅢ・毎日杯の内容も高く評価できますので、悔しい結果に終わった日本ダービーからの変わり身があっても全く驚けないと思います。でも、左回りコースで2勝を挙げているとはいえ、10月21日(日)のGⅠ・菊花賞を大目標にしている事を馬主のシルクレーシングが明かしているように、今回は【●●●●●●●】という意味合いが強いレースですから、仕上がり途上の状態で古馬相手に通用するのかどうか、というところを慎重に判断する必要があります。

 

日本ダービーで善戦した3歳馬

ブラストワンピースが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

🐎メートルダール

(牡5歳 父ゼンノロブロイ・母イグジビットワン)

キャリア6勝のうち5勝を左回りコースで挙げている左回り巧者で、新潟記念と同じ新潟芝2000mの条件で行われた2017年5月のGⅢ・新潟大賞典で勝ち馬から0.3秒差の3着に入っているほか、3走前のGⅢ・中日新聞杯でミッキーロケット相手に勝利している実績馬ですから、ブラストワンピースをはじめとする好メンバーが集結した新潟記念でも互角以上の走りを見せてくれるのでは?と考えています。近2走(金鯱賞8着、大阪杯10着)で大きく着順を落としている状況ではありますが、金鯱賞は前半1000m通過63.0秒の超スローペースで末脚を溜めきれなかった事が敗因ですし、前走の大阪杯は相手関係が悪かったのはもちろん、レース前のパドックでいつも以上にイレ込んでいた事も大きな敗因でしたから、新潟記念のパドックで落ち着いた状態をキープして、差し・追い込みが決まりやすいレース展開になれば、安定した末脚を持つこの馬が一気の差し切り勝ちを決める可能性も十分あると思います。

 

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

ブラストワンピースやグリュイエール、セダブリランテスなど、新潟芝2000mの条件がピッタリ合いそうな馬が上位人気を占める事になりますので、極端な波乱決着になる可能性は低い、と考えていますが、新潟芝コースと同じ左回りの東京芝2000mで4戦4勝という素晴らしい成績を残している左回り巧者のこの馬を週初め段階のオススメ馬に抜てきします。2走前のGⅢ・中山金杯で勝ったセダブリランテスから0.8秒差の14着に敗れていますけど、右回りコースで好走したためしがない馬なので、苦手コースで凡退した点は全く気になりませんし、昨秋のOP・キャピタルステークスではダイワキャグニー・サトノアレスといった一線級の馬に続く3着を確保するなど、オープンクラスで通用するメドを既に立てている存在ですから、軽ハンデの恩恵が受けられる新潟記念でアッと驚く激走を見せる事になっても不思議ないのではないでしょうか。

 

 


  

 


 

🐎2018年 重賞レース◎52戦39勝🐎

 

先週 キーンランドC G3

◎ナックビーナス

単勝370円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034058j:plain

 

先週 新潟2歳S G3

◎ケイデンスコール

単勝240円 的中!

f:id:jikuuma:20180827034258j:plain

 

無料で見れるおすすめ競馬サイト

年間プラス収支達成率80%超!

LINE@にて限定配信中!

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【新潟記念2018予想/出走予定馬分析】左回り芝2000mで4戦4勝!昨秋のオープン特別で好走した実績を持つアノ馬に期待!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.