競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【札幌記念2018予想/過去データ分析】昨秋のG1で好走している洋芝巧者をオススメ馬に指名!休み明け初戦でも期待大!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180815180352j:plain

 

🐎2018年 重賞レース◎49戦36勝🐎

 

先週 関屋記念 G3

◎プリモシーン 単勝410円 的中!

f:id:jikuuma:20180813183745j:plain

 

年間プラス収支達成サイト率80%超!

無料で見れるおすすめ競馬サイト

LINE@にて限定配信中!

 


 

2018年8月19日(日)

札幌競馬11レース(15時45分発走)

第54回 札幌記念(G2)

札幌芝2000m 3歳以上定量

 

《札幌記念の見どころ!》

 

札幌記念が行われる札幌芝2000mは4コーナーを回り切った先にあるポケット地点にスタートゲートが設置される条件で、最初のコーナー(1コーナー)に到達するまでの距離が約380mとやや長めに設定されている事もあり、レース序盤から速いラップを刻むケースはほとんどなく、スローペースからの前残り決着になるケースが大半を占めています。ただ、今年の札幌記念の顔ぶれを見てみると、ハイラップの単騎逃げを打った事があるマルターズアポジーのほか、皐月賞で果敢に先行する競馬を見せた3歳馬・アイトーン、昨秋の府中牝馬ステークスで逃げ切り勝ちを決めているクロコスミア、3歳時の日本ダービーで逃げの手に出ているマイスタイルなど、徹底先行型が数多くエントリーしていますので、前残り決着が多い札幌芝2000mの条件であっても、先行馬たちの出方次第では差し・追い込み脚質に有利な流れになる可能性も十分あるのでは?と勘繰っています。

 

《札幌記念のチェックポイント》

 

①過去5年の年齢別成績データ

まず、過去5年の年齢別成績から豪華メンバーが集結した札幌記念の馬券ゲットにつながりそうなデータを探っていきます。過去5年ベースで好結果を残しているのは2勝・2着1回(連対率20%)の6歳(マルターズアポジー)と1勝・2着2回(連対率13%)の5歳(アストラエンブレム・クロコスミア・ナイトオブナイツ・マカヒキ)。他では、延べ4頭しか出走していない3歳(アイトーン・ゴーフォザサミット)が【1-0-1-2】というまずまずの結果を残しているものの、4歳(サングレーザー・スティッフェリオ・マイスタイル・ミッキースワロー・モズカッチャン)は延べ16頭出走して【1-0-1-14】(連対率6.3%)という低調な成績に終わっていて、7歳以上(サウンズオブアース・サクラアンプルール・ネオリアリズム)にいたっては延べ16頭出走して【0-2-0-14】という状況で勝ち星ゼロの厳しい結果に終わっています。ダービー馬のマカヒキや軽快な先行力を武器にしている逃げ馬・マルターズアポジーなど、程よいキャリアの5~6歳が健闘している一方、上位人気確実なサングレーザー・ミッキースワロー・モズカッチャンをはじめとする4歳は連対率が低くなっていますし、過去2年の勝ち馬(ネオリアリズム・サクラアンプルール)は過去5年で1着がない7歳以上という不利データに該当していますので、4歳と7歳以上の扱いには注意した方が良さそうです。

 

②過去5年の生産牧場別成績データ

続いて、過去5年の生産牧場別成績を見ていきます。過去5年ベースで最多の勝ち星(2勝)を挙げているのは延べ12頭出走して【2-0-1-9】(勝率16.7%)という成績を残しているノーザンファーム出身(アストラエンブレム・ネオリアリズム・マカヒキ・ミッキースワロー)となっていて、非社台系生産牧場出身(アイトーン・クロコスミア・ゴーフォザサミット・サクラアンプルール・スズカデヴィアス・マイスタイル・マルターズアポジー・モズカッチャン)も過去5年で3勝を挙げていますので、ノーザンファーム出身と非社台系生産牧場出身から馬券の軸にふさわしい馬をチョイスしていく事をおすすめします。逆に、ノーザンファームと同じ社台系生産牧場であるにも関わらず、延べ18頭出走して【0-0-1-17】で勝ち馬どころか連対馬すら輩出する事ができていない社台ファーム出身(サウンズオブアース・スティッフェリオ・ナイトオブナイツ)は過去5年ベースでかなり苦しい戦いを強いられています。GⅠレース2着を3度経験しているベテランホース・サウンズオブアースのほか、今夏の北海道シリーズで【2-1-0-0】という好結果を残している充実一途のスティッフェリオ、函館芝コースのオープン特別・巴賞を快勝しているナイトオブナイツといったあたりが過去5年の生産牧場別成績の不利データに該当しています。来年以降の札幌記念でもこのデータは使えると思いますので、この機会に覚えておきましょう。

 

③過去5年の前走着順別成績データ

最後に、過去5年の前走着順別成績を見てみると、前走1着~3着(アイトーン・アストラエンブレム・サクラアンプルール・スティッフェリオ・マイスタイル)が過去5年ベースで3勝・2着4回という好結果を残しているほか、前走6着~9着(クロコスミア・ゴーフォザサミット・ナイトオブナイツ・ネオリアリズム・モズカッチャン)も2勝・2着1回という上々の成績を残している事が分かりました。一方【●●●●●●●】(サングレーザー・スズカデヴィアス・マカヒキ・マルターズアポジー・ミッキースワロー)は過去5年で延べ12頭出走して【0-0-0-12】という厳しい結果に終わっています。12頭しか該当馬がいない状況ですから、信頼度の高いデータというわけではありませんけど、ロゴタイプ(2013年の1番人気)やトーホウジャッカル(2015年の1番人気)、エアスピネル(2017年の2番人気)といった過去5年の上位人気馬たちもこの不利データを跳ね返す事ができなかったので、今回ご紹介した前走着順別成績の不利データに該当している馬を馬券の軸に抜てきするのは危険なのでは?と予想しています。

 

凡退した過去5年の上位人気馬の共通点で

サングレーザーやマカヒキといった

実力馬が該当している不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(1位くらい)

 

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

年齢別成績(5歳)・生産牧場別成績(非社台系の小島牧場)・前走着順別成績(ドバイターフ7着)という3つの好走データすべてに該当しているこの馬を過去データ分析のオススメ馬として取り上げます。牡馬相手の重賞レースで好走した実績がない分、評価を下げる形になりそうですが、前残り決着になった昨秋のGⅠ・エリザベス女王杯でモズカッチャン相手に僅差2着という結果を残しているように、先行馬有利の流れになれば、骨っぽいメンバーがそろっているGⅡの札幌記念でも好勝負に持ち込めるはずですし、キャリア5勝のうち3勝を洋芝コース(札幌芝・函館芝)で挙げていますので、コース替わりで凡退続きに終止符を打つ可能性も十分あるのでは?と考えています。ただ、今回は約4ヶ月半の休養明け初戦になりますから、最終追い切りの動きをしっかりチェックして、休養明け初戦でも戦える態勢が整っているのかどうか、というところを的確にジャッジする必要があります。

 

  


 

🐎2018年 重賞レース◎49戦36勝🐎

 

先週 関屋記念 G3

◎プリモシーン 単勝410円 的中!

f:id:jikuuma:20180813183745j:plain

 

年間プラス収支達成サイト率80%超!

無料で見れるおすすめ競馬サイト

LINE@にて限定配信中!

  


 

🐎おすすめ動画/消去データ(6頭)🐎

 


札幌記念2018【1番人気分析】サングレーザー【消去データ】6頭

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【札幌記念2018予想/過去データ分析】昨秋のG1で好走している洋芝巧者をオススメ馬に指名!休み明け初戦でも期待大!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.