競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【小倉記念2018予想/過去データ分析】2000以下の距離でほとんど崩れていないアノ馬に注目!前走からの距離短縮で巻き返し可能!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180804052835j:plain

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

 

1着予想さんのおすすめ軸馬は

本当に良く馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

最新成績
121戦92勝(92-14-5-10)
勝率76.0%
馬券圏内率91.7%

LINE@にて限定配信中!

 


 

2018年8月5日(日)

小倉競馬11レース(15時35分発走)

第54回 農林水産省賞典 小倉記念(G3)

小倉芝2000m 3歳以上ハンデ

 

《小倉記念の見どころ!》

 

小倉記念が行われる小倉芝2000mは4コーナー奥にあるポケット地点にスタートゲートが設置される条件で、最初のコーナー(1コーナー)に到達するまでの距離が約470mと長めに設定されている事もあり、レース序盤から平均的なラップを刻むケースが多く、先行脚質の馬が少ない状況でも中団待機からの差しが決まりやすい、という特徴があります。でも、小倉芝コースは直線が短い小回りコースとなっていますので、中団より後ろのポジションでじっと構えているタイプではなく、過去の小回りコースで好結果を残した実績を持つ差し馬を狙うようにしてください。また、過去5年の単勝人気別成績を見てみると、1番人気が【0-0-1-4】という厳しい結果に終わっています。波乱決着になりやすいハンデ重賞らしく、1番人気苦戦という気になる傾向も存在していますから、下位人気が予想される伏兵陣の実力チェックも怠らないようにしましょう。

 

《小倉記念のチェックポイント》

 

①過去5年の年齢別成績データ

まず、過去5年の年齢別成績から混戦ムード漂うハンデ重賞・小倉記念の馬券ゲットにつながっていきそうなデータを探っていきます。過去5年ベースで勝率10%超の数字をマークしているのは2勝・2着1回の4歳(キョウヘイ・サトノクロニクル・トリオンフ)と2勝・2着2回の5歳(エーティーサンダー・キンショーユキヒメ・ストロングタイタン・マウントゴールド・レイホーロマンス)の2世代。レコード決着になった鳴尾記念でワンツーフィニッシュを決めたストロングタイタンとトリオンフのほか、昨年末のチャレンジカップを制しているサトノクロニクル、確かな末脚を持つ牝馬2頭(キンショーユキヒメ・レイホーロマンス)、3歳時にシンザン記念を勝っているキョウヘイといったあたりが年齢別成績の好走データに該当していますので、これらの馬の活躍に期待したいところですね。一方、7歳以上(メドウラーク)は延べ21頭出走して【1-0-1-19】という低調な結果に終わっているほか【●●●●●●●】(サンマルティン・ストーンウェア・マイネルサージュ)も延べ19頭出走して【0-0-2-17】という厳しい成績に終わっています。サマー2000シリーズ・七夕賞の1着馬&2着馬(メドウラーク・マイネルサージュ)や前年2着のリベンジに燃えているサンマルティンが上記の不利データに該当している点がレース結果にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

 

前年2着からのジャンプアップを狙う

サンマルティンや七夕賞上位2頭が

該当している不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

②過去5年のハンデ別成績データ

勝負の行方を左右する可能性が高い過去5年のハンデ別成績を見ていくと、過去5年ベースで高い連対率をマークしていたのは、延べ10頭出走して連対馬を3頭輩出(連対率30%)している54kg(キンショーユキヒメ・ストーンウェア・マウントゴールド)と延べ11頭出走して連対馬を3頭輩出(連対率27.3%)している56kg(サンマルティン・マイネルサージュ・メドウラーク)でした。キンショーユキヒメとマウントゴールドは年齢別成績に引き続いての好走データ該当になるほか、年齢別成績で不利データに該当していたサンマルティン・マイネルサージュ・メドウラークの3頭もハンデ別成績の好走データに該当していますので、年齢別成績の不利データを跳ね返す走りを見せても驚けないと思います。他では、57kg(サトノクロニクル・ストロングタイタン・トリオンフ)が延べ9頭出走して1着馬を1頭輩出(連対率11.1%)しているものの、55kg(キョウヘイ)は延べ12頭出走して【0-0-1-11】という寂しい結果に終わっている事も判明。年齢別成績の好走データに該当していたキョウヘイですけど、ハンデ別成績では不利データに該当していますから、小倉記念と好相性を誇る4歳馬でも苦戦を強いられるかもしれません。

 

③過去5年の騎手別成績データ

最後に、過去5年の騎手別成績を見てみると、2013年優勝のメイショウナルト(武豊騎手)から2017年優勝のタツゴウゲキ(秋山真一郎騎手)まで、過去5年の勝ち馬はいずれも前走とは違うジョッキーが騎乗していた事が判明しました。重賞レースに限らず、どんなレースでも前走とは違うジョッキーが騎乗している馬をどう扱うべきなのか、というところを的確に判断するのは非常に難しい事ですけど、過去5年の小倉記念では前走からジョッキーが乗り替わっていると、5勝・2着3回という好結果を残している一方、前走と同じジョッキーが乗っている場合は【0-2-3-16】という低調な結果に終わっていますので、「小倉記念=乗り替わり優勢」という傾向が強まっている事を頭の片隅に置いておいてくださいね。今年の登録馬の中で前走からジョッキーが乗り替わる予定の馬はサトノクロニクル・ストロングタイタン・トリオンフ・マイネルサージュ・レイホーロマンス、前走と同じジョッキーが騎乗する予定の馬はキョウヘイ・キンショーユキヒメ・サンマルティン・ストーンウェア・マウントゴールド・メドウラークとなっています。

 

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

上位人気に支持されそうな馬の実力が拮抗した中でのレースになりますので、上位人気の取捨選択が大きなポイントになりそうですが、年齢別成績(4歳)と騎手別成績(川田⇒デムーロ)という2つの好走データに該当しているこの馬の走りに注目しています。3歳時に小倉芝コースと形態が似ている福島芝コースの重賞レースで凡退していますので、小回りコースへの対応がカギになりますが、2000m以下の距離で【3-1-0-1】という好結果を残しているように、長距離戦の前走から大幅に距離が短くなる点が魅力的ですし、中10週以上のローテーションで【0-2-1-0】(複勝率100%)というまずまずの成績を残している点もプラスに働くはずですから、前走大敗後に立て直しを図ったこの馬の巻き返しに期待しています。

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

 

1着予想さんのおすすめ軸馬は

本当に良く馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

最新成績
121戦92勝(92-14-5-10)
勝率76.0%
馬券圏内率91.7%

LINE@にて限定配信中!

 


 

🐎おすすめ動画🐎

 

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【小倉記念2018予想/過去データ分析】2000以下の距離でほとんど崩れていないアノ馬に注目!前走からの距離短縮で巻き返し可能!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.