競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【小倉記念2018予想/出走予定馬分析】イチオシは直近のレースで重賞ホース相手に互角の戦いを見せているアノ馬!高速馬場に強い点も魅力的!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180731222931j:plain

 

2018年8月5日(日)

小倉競馬11レース(15時35分発走)

第54回 農林水産省賞典 小倉記念(G3)

小倉芝2000m 3歳以上ハンデ

 

《小倉記念のレース展望》

 

夏の小倉競馬開催2週目のメインレースはサマー2000シリーズ第3戦にも指定されている伝統のハンデ重賞・小倉記念!ここまでのサマー2000シリーズは1番人気が立て続けに敗れる波乱決着になっていますけど、サマー2000シリーズの折り返しにあたる小倉記念はどんな結末が待っているのでしょうか。今年の顔ぶれを見てみると、あとわずかのところで重賞制覇の夢がついえた昨年2着馬・サンマルティンのほか、武豊騎手騎乗で上位人気に支持されそうなトリオンフ、トリオンフと顔を合わせた鳴尾記念で重賞Vを果たしたストロングタイタン、充実一途の4歳馬で芝2000m前後の距離で好結果を残しているサトノクロニクル、波乱決着になった七夕賞を制したメドウラーク、七夕賞2着から参戦するマイネルサージュなど、展開次第で上位争いが可能な芝中距離巧者が勢ぞろい!ハンデ戦にふさわしい手に汗握る好勝負を見せてくれるはずですので、どうぞご期待ください!

 

《予想オッズ》

 

①人気 トリオンフ     2.9倍

②人気 ストロングタイタン 4.0倍

③人気 サトノクロニクル  4.6倍

④人気 サンマルティン   5.8倍

⑤人気 マイネルサージュ  11.7倍

 

《出走予定馬分析》

 

🐎キョウヘイ

(牡4歳 父リーチザクラウン・母ショウナンアネーロ)

得意の道悪馬場で行われた3歳時のGⅢ・シンザン記念でペルシアンナイトやアルアインといった後のGⅠホースを打ち負かした実績を持ち、NHKマイルカップや日本ダービーにも駒を進めたリーチザクラウン産駒の出世頭。シンザン記念を勝った後は鳴かず飛ばずの日々を過ごしていましたが、1600万下クラスへの降級初戦となった前走・垂水ステークス(阪神芝1800m)で着差以上に強い勝ちっぷりを見せているように、本調子に近い状態に戻っている事が明らかですから、小倉記念でシンザン記念以来となる重賞制覇を決める事になっても全く驚けないと思います。末脚の確かさをウリにしている差し・追い込み脚質ですから、前残り決着になりやすい開幕週の馬場への対応が大きなポイントになりますけど、前走・垂水ステークスでは中団のポジションから馬場の内を突く、という器用なレース運びを見せていますので、垂水ステークスと同程度の走りを再現できれば、骨っぽい相手がそろった今年の小倉記念でも互角以上の走りを披露してくれるのではないでしょうか。

 

🐎サトノクロニクル

(牡4歳 父ハーツクライ・母トゥーピー)

2015年の日本ダービーで2着に入ったサトノラーゼンの半弟にあたる良血馬。菊花賞10着・有馬記念9着・天皇賞春12着と長距離GⅠで満足な結果を残せていない状況ですけど、芝2000m以下の距離では【3-1-0-1】(着外1回は57kgの厳しいハンデを課されたラジオNIKKEI賞)という安定した成績を残していますので、得意距離に戻っての巻き返しに期待したいところです。重賞初制覇を決めた芝2000mのGⅢ・チャレンジカップで1分58秒6の好時計を叩き出しているように、決着時計が速くなりやすい開幕週の馬場で戦える点もプラスに働くはずですし、近走より相手関係が楽になっている状況にも好感が持てますけど、中10週以上で【0-2-1-0】(複勝率100%)というまずまずの結果を残しているとはいえ、前走・天皇賞春から約4ヶ月の休養明け初戦となる今回は先を見据えた形の仕上がりになっている可能性が高いので、実績上位の立場だからといって安易に飛びついてしまうのは危険です。

 

🐎サンマルティン

(セ6歳 父ハービンジャー・母ディアデラノビア)

直線で一旦先頭に立ちながら、最後の最後にタツゴウゲキの差し切りを許す、という惜しい2着に終わった昨年のリベンジに燃えるハービンジャー産駒。出走間隔を詰めてレースを使う事ができないタイプですので、適度なタイミングで休養を挟みながら、というローテーションになってしまうのですが、昨年の小倉記念も中10週以上の間隔を空けた中で2着を確保しているのですから、休み休みレースを使っている点がマイナスに作用する事はない、と考えています。2走前のGⅢ・福島記念は1番人気を大きく裏切る14着に敗れていますけど、16頭立ての16番枠という不利な大外枠を引き当て、コースロスの多い競馬を強いられた事が最大の敗因ですし、立て直しを図った前走・都大路ステークスでは先日の函館記念を制したエアアンセム相手に完勝していますので、トリオンフやサトノクロニクルといった旬な4歳馬相手でも十分戦えると思います。

 

🐎トリオンフ

(セ4歳 父タートルボウル・母メジロトンキニーズ)

今回よりも200m距離が短い状況ではありましたが、2着・クインズミラーグロに2馬身半という決定的な差をつけ、重賞初制覇を果たした4走前のGⅢ・小倉大賞典で小倉芝コースへの適性の高さを示しているセン馬のタートルボウル産駒。近3走(大阪杯8着、新潟大賞典4着、鳴尾記念2着)は微妙な成績に終わっていますけど、大阪杯は相手が強すぎただけですし、新潟大賞典は苦手な瞬発力勝負に持ち込まれた事が敗因。鳴尾記念も直線で馬場の外を回らされるコースロスがあった中で僅差の2着を確保しているのですから、不利な条件が重なった近3走の負けは致し方ない面があると思います。芝2000m・鳴尾記念の走破時計(1分57秒3)も優秀ですし、前残り決着になりやすい開幕週の馬場もピッタリ、とこれといった死角が見当たらない状況ですが、追い切りの道中で舌を出すなど、気の悪い面を持ち合わせている馬ですので、この馬のクセを把握しきれていない【●●●●●●●】がマイナスに働く可能性も考慮しておきたいです。

 

小倉大賞典を快勝し鳴尾記念でも

好時計をマークしたトリオンフが

抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

🐎マイネルサージュ

(牡6歳 父ハービンジャー・母サオヒメ)

差し馬向きのハイペースになったとはいえ、直線で力強い末脚を披露し、僅差2着を確保した前走のGⅢ・七夕賞の内容が良く、重賞レースでも通用するメドを立てたハービンジャー産駒。小倉芝コースを走るのは初めてになりますけど、小倉記念が行われる小倉芝2000mとコース形態が酷似している福島芝2000mのレースで好結果を残している馬ですから、初コースにも無難に対応してくれるはずですし、小倉記念を勝ち切ればサマー2000シリーズの優勝が現実味を帯びてきますので、陣営の勝負気配も前走以上に高くなっているのでは?と予想しています。ただ、芝2000mの持ち時計(1分59秒2)が若干物足りませんから、決着時計が速くなりやすい開幕週の馬場は不向きだと考えています。よって、週末に雨が降って馬場が渋れば買い、逆に好天が続いて良馬場で小倉記念当日を迎える場合は消し、というようなメリハリのある扱いをする必要があるのではないでしょうか。

 

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

約2ヶ月半の休養明け初戦になりますが、前走・メイステークス(OP:東京芝1800m)でサトノアーサーに先着を果たすなど、直近のレースで重賞ホース相手に互角の走りを見せているこの馬の好走に期待しています。外国産馬ですので、決着時計が速くなりやすい開幕週の馬場に上手く対応できるのかどうか、というところがポイントになりますけど、昨夏のマレーシアカップ(1600万下:中京芝2000m)でストロングタイタンと同タイム(1分58秒3)をマークするなど、過去のレースで速い時計にも対応していますから、開幕週の馬場に替わる点は全く問題ないですし、JRA全10場重賞制覇にリーチがかかっている蛯名正義騎手とも手が合いますので、百戦錬磨のベテランジョッキーがこの馬とのコンビで大偉業を成し遂げる可能性も十分あるのではないでしょうか。

 


 

🐎おすすめ動画🐎

 

1着予想さんの動画解説は見ておいて損なしです。


 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【小倉記念2018予想/出走予定馬分析】イチオシは直近のレースで重賞ホース相手に互角の戦いを見せているアノ馬!高速馬場に強い点も魅力的!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.