競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【クイーンステークス2018予想/追い切り後分析】2週連続で好調教を見せているアノ馬で決まり!久々のレースでも調整過程万全!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180729020635j:plain

 


 

🐎2018年 重賞レース◎45戦34勝🐎

無料で見れるおすすめ競馬サイト

06/03 ◎単勝1570円(安田記念)

06/17 ◎単勝  230円(ユニコーンS)

07/01 ◎単勝  410円(ラジオNIKKEI賞)

07/15 ◎単勝  960円(函館記念)

07/22 ◎単勝  500円(中京記念)

f:id:jikuuma:20180630212200j:plainf:id:jikuuma:20180630212246j:plain

f:id:jikuuma:20180701181403j:plainf:id:jikuuma:20180715221811j:plain

f:id:jikuuma:20180723070436j:plain

LINE@にて限定配信!

フリーメールアドレスを用意して

から参加してみて下さい。

(LINEをやってない方は ⇒ こちら)

 

!!注意事項!!

ドメイン指定をされてる方は

『redkeiba.com』の

受信設定をお願いします。

 


 

2018年7月29日(日)

札幌競馬11レース(15時25分発走)

第66回 クイーンステークス(G3)

札幌芝1800m 3歳以上別定(牝馬限定)

 

《追い切り後展望》

※追い切り時計・内容はJRA-VANの調教動画提供サービスから抜粋

 

函館WコースでGⅠホースらしい貫禄の走りを見せたディアドラ(函館Wコース5ハロン66.7-51.2-38.3-12.6)を最終追い切りの推奨1番手に取り上げます。3月末のドバイ遠征以来、約4ヶ月の休養明け初戦になりますので、腹回りに若干の余裕がある状況ですけど、軽やかなフットワークで函館Wコースを駆け抜けていましたから、水準以上の仕上がりにはあると思います。最終追い切りの推奨2番手にはアンドリエッテ(札幌ダートコース5ハロン68.6-53.1-39.7-12.0)をピックアップ。全体時計はそこまで速くありませんけど、ラスト1ハロン12.0秒の時計が示す通り、終いでスパッとキレる末脚を披露した点を高く評価しています。マーメイドステークス時の最終追い切りも良い動きでしたが、今回も前走時と遜色ない動きを見せていますので、マーメイドステークスを勝った勢いに乗ってみるのもアリだと思います。最終追い切りの推奨3番手にはリバティハイツ(函館Wコース5ハロン67.6-52.4-38.8-12.3)を抜てき。こちらも約4ヶ月の休養明け初戦になりますが、重苦しい感じの動きではなかったですし、鞍上が仕掛けてからの反応もまずまず。今回は初めて古馬相手の重賞レースに出走する事になりますけど、古馬相手の重賞レースで即通用しても不思議ない程度のデキには仕上がっていると思います。

 

《追い切り後見解》

 

1枠1番 アグレアーブル(牝5歳 モレイラ 55kg)

前走:かもめ島特別(1000万下・函館芝1800m)2番人気3着

1000万下クラスに留まっている格下ですが、今週から短期免許を取得している超一流ジョッキー・モレイラ騎手とコンビを組む事もあり、重賞勝ち馬と同程度の扱いを受ける事になりそう。8頭立てだった前走は大外枠からコースロスの多い競馬を強いられてしまったがゆえの凡退ですから、大外枠配置からコースロスを減らす事が可能な最内枠配置に替わった点は大きな強調材料になると思います。ただ、最終追い切り(函館Wコース5ハロン66.4-52.3-39.2-12.9)で水準以上の時計をマークしたものの、終始頭の位置が高く、フワフワとした力感のないフットワークで走っていた点がかなり気掛かりなので、神がかった騎乗を見せるモレイラ騎手とコンビを組む状況であっても、買い材料に乏しい存在なのでは?と考えています。

 

2枠2番 ソウルスターリング(牝4歳 北村宏司 56kg)

前走:ヴィクトリアマイル(GⅠ・東京芝1600m)5番人気7着

昨春のオークスでディアドラ相手に完勝している実績馬ではありますが、オークス勝ち以降、極度の不振に陥ってしまい、約1年2ヶ月もの間勝ち星から遠ざかっています。クイーンステークスが行われる札幌芝1800mは新馬勝ちを決めた舞台ですから、勝ち鞍のある得意コースで復活走を決める可能性は否定できませんけど、牝馬限定の近2走(阪神牝馬ステークス10着、ヴィクトリアマイル7着)で凡退してしまった点が気掛かりですし、1週前追い切り(札幌芝コース6ハロン80.5-65.1-51.4-37.4-11.9)で速い時計をマークしたとはいえ、軽めの内容だった最終追い切り(札幌芝コース3ハロン39.6-12.0)の道中で掛かり気味になっていた点も気になりますから、本調子に戻り切っていない可能性も考慮しておきたいです。

 

5枠5番 フロンテアクイーン(牝5歳 蛯名正義 55kg)

前走:中山牝馬ステークス(GⅢ・中山芝1800m)2番人気2着

牝馬限定のGⅢで2着4回という結果を残していて、直近のレースではミスパンテールやカワキタエンカといった一線級相手に互角のレースを見せている実績馬。肝心なところで詰めが甘くなるタイプですから、今回も1着固定の馬券で勝負するのは危険な感じがしますけど、いつも相手なりに走る安定株ですし、パドックでイレ込みやすいタイプですので、直前の長距離輸送の必要がない札幌競馬場でのレースになる点はプラスに働くと思います。ただ、最終追い切り(函館Wコース5ハロン64.9-50.8-37.6-12.7)で速い時計をマークしているとはいえ【●●●●●●●】で出走予定だった福島牝馬ステークスを回避した、という事実がありますから、アクシデント明け初戦で本来の実力を発揮できない可能性も考えておかなければいけません。

 

G3で2着4回の安定株

フロンテアクイーンが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

6枠6番 リバティハイツ(牝3歳 北村友一 51kg)

前走:桜花賞(GⅠ・阪神芝1600m)10番人気6着

今春にGⅡ・フィリーズレビューを制しているにも関わらず、最軽量タイの51kgでクイーンステークスに参戦する事が決まった3歳牝馬。初めて洋芝コースを走る事になりますけど、極端に時計が速い馬場よりも若干時計の掛かる馬場の方が合うタイプですから、決着時計が速くなる野芝コースよりも遅い決着時計になりやすい洋芝コースに替わる点は魅力的ですし、実戦の道中で掛かる仕草を見せないタイプですので、芝1800mへの距離延長にも対応できると思います。でも、現3歳世代トップクラスの実力を持つ馬ではありませんから、クイーンステークスで古馬との実力差を痛感させられる可能性も十分あるのではないでしょうか。

 

7枠9番 ディアドラ(牝4歳 ルメール 55kg)

前走:ドバイターフ(GⅠ・メイダン芝1800m)7番人気3着

490kg~500kg程度の馬体重でレースに出走する馬ですから、本質的には実戦を使いつつ状態を上げていく叩き良化型タイプだと思いますが、今回よりもはるかに強いメンバー(ヴィブロス、リアルスティール、クロコスミア、ネオリアリズム)が出走していた前走・ドバイターフで3着に入ったのは立派ですし、道中で紛れが起きにくい11頭の少頭数になったところもこの馬の好走を後押しする材料になるはず。最大のライバル・ソウルスターリングよりも1kg軽い55kgの斤量で出走できる状況であれば、約4ヶ月の休養明け初戦という立場でも恥ずかしい結果にはならないのでは?と考えています。

 

《最終予想オッズ》

 

①人気 ディアドラ     2.7倍

②人気 ソウルスターリング 4.3倍

③人気 フロンテアクイーン 5.1倍

④人気 アグレアーブル   7.0倍

⑤人気 リバティハイツ   8.9倍

 

《展開予想》

 

前走で逃げの手に出たトーセンビクトリーとティーエスクライがエントリーしていますけど、テンの速さはツヅミモンの方に分がありますので、ダッシュ力の速さに定評のあるツヅミモンが果敢にハナを奪い、平均やや遅めのペースを形成していくのでは?と予想しています。先行馬が止まりにくい開幕週の馬場で行われますから、基本的には逃げ・先行脚質に有利な流れになりそうですけど、差し脚質の上位人気馬がかなり強力ですので、逃げ・先行脚質優勢のレース展開になる確率が高い状況であっても、差し馬たちが上位争いに食い込んでくる可能性を考慮する必要があると思います。

 

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

約3ヶ月の休養明け初戦だった2走前のレースで完敗していますので、レース間隔が空いた状況でしっかりと結果を出せるのかどうか、というところに疑問を感じますけど、最終追い切りの動きが良かったのはもちろん、1週前追い切り(函館Wコース5ハロン68.7-53.9-40.3-13.3)でパワフルな動きを披露するなど、順調な調整過程を歩んでいるこの馬なら、休養明け初戦のハンデを跳ね返す走りを見せてくれるのでは?と期待しています。苦戦が予想されたGⅠの前走でも好勝負に持ち込んでいるように、競走馬のピークに差し掛かっている現状であれば、牝馬限定のGⅢを楽に勝ち切っても全く驚けないと思います。

 


 

🐎今週の無料予想🐎

 

f:id:jikuuma:20180724035226p:plain

今話題の馬主情報!

昨年も馬連2090円ズバリ

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【クイーンS・馬連1点勝負】

LINE@にて限定配信!

フリーメールアドレスを用意して

から参加してみて下さい。

(LINEをやってない方は ⇒ こちら)

  


 

1着予想さんの動画解説は

見ておいて損なしです。

 

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【クイーンステークス2018予想/追い切り後分析】2週連続で好調教を見せているアノ馬で決まり!久々のレースでも調整過程万全!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.