競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【函館記念2018予想/過去データ分析】2000m以下の距離で抜群の安定感を誇るアノ馬の活躍を予感させる好走データがズラリ!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180712042435j:plain

 


 

🐎2018年 重賞レース◎42戦32勝🐎

5/06 ◎単勝1280円(NHKマイルカップ)

5/20 ◎単勝  170円(オークス)

5/27 ◎単勝1250円(日本ダービー)

6/03 ◎単勝1570円(安田記念)

6/17 ◎単勝  230円(ユニコーンS)

7/01 ◎単勝  410円(ラジオNIKKEI賞)

画像クリックで拡大

f:id:jikuuma:20180630211820j:plain f:id:jikuuma:20180630212013j:plain

f:id:jikuuma:20180630212053j:plain f:id:jikuuma:20180630212200j:plain

f:id:jikuuma:20180630212246j:plain f:id:jikuuma:20180701181403j:plain

無料で見れるおすすめ競馬サイト

LINE@にて無料配信中!
(友達追加でOKです)

 


 

2018年7月15日(日)

函館競馬11レース(15時45分発走)

第54回 農林水産省賞典 函館記念(G3)

函館芝2000m 3歳以上ハンデ

 

《函館記念の見どころ!》

 

函館記念が行われる函館芝2000mは4コーナー奥のポケット地点にスタートゲートが設置される条件で、最初のコーナー(1コーナー)に差し掛かるまでの距離が約480mと長めに設定されている事から、逃げ・先行脚質の馬が多く出走していると、先行争いが激しくなる可能性が高く、レース序盤のラップが速くなりやすい、という特徴があります。でも、函館芝コースは直線の距離(約260m)が短くなっていますので、レース序盤からハイラップを刻みそうな状況でも中団やや前めのポジションを確保できる馬の台頭に警戒してください。また、過去5年の単勝人気別成績を見てみると、3番人気が【3-0-0-2】という好結果を残しているものの、1番人気は【0-0-0-5】で馬券圏内ゼロという厳しい結果に終わっていますから、函館記念当日に1番人気に支持された馬の評価は割り引いた方が良いかもしれませんね。

 

《函館記念のチェックポイント》

 

①過去5年の年齢別成績データ

過去5年ベースでわずか7頭の出走に留まっていますが、4歳(カデナ・トリコロールブルー・ブレスジャーニー)が【1-2-0-4】(連対率42.9%)という好結果を残していますので、これから競走馬生活のピークを迎える4歳馬の台頭には注意する必要がありそうです。他では、延べ20頭出走して【2-0-3-15】(連対率10%)の5歳(エテルナミノル・クラウンディバイダ・ナイトオブナイツ・マイネルハニー)と延べ26頭出走して【2-1-1-22】(連対率11.5%)の6歳(カレンラストショー・ゴールドサーベラス・ナスノセイカン・ブラックバゴ・ヤマカツライデン・ロジチャリス)も上々の結果を残していますから、4歳・5歳・6歳の中から馬券の買い目に加える馬を選んでいきたいですね。逆に、過去5年ベースで苦戦傾向にあるのは延べ24頭出走して【0-2-0-22】(連対率8.3%)という結果に終わっている7歳以上(エアアンセム・サクラアンプルール・スズカデヴィアス)。連対率はまずまずですけど、過去5年で1頭も勝っていない、という点は気掛かりですから、前年の札幌記念を制しているサクラアンプルールと新潟大賞典に続いての重賞連勝を狙うスズカデヴィアスにとっては嫌なデータが存在している事になりますね。

 

②過去5年の前走着順別成績データ

過去5年の勝ち馬はいずれも前走で6着以内という成績を残していましたので、今年の登録馬の中で前走6着以内の好走データに該当しているエアアンセム・クラウンディバイダ・サクラアンプルール・スズカデヴィアス・トリコロールブルー・ナイトオブナイツ・ブラックバゴ・ブレスジャーニーの走りに注目です。一方、前走7着以下(エテルナミノル・カデナ・カレンラストショー・ゴールドサーベラス・ナスノセイカン・マイネルハニー・ヤマカツライデン・ロジチャリス)は延べ44頭出走して【0-3-3-38】で連対率6.8%というやや低調な結果に終わっています。前年の弥生賞を制しているディープインパクト産駒・カデナや2016年12月のGⅢ・チャレンジカップで重賞初制覇を果たしたマイネルハニー、といった穴気配の漂う伏兵陣が前走着順別成績の不利データに該当してしまいましたので、これらの馬が不利データを覆す走りを見せ、ハンデ戦の函館記念の台風の目になれるのかどうか、というところも注目点になりそうですね。

 

③過去5年の前走単勝人気別成績データ

過去5年の勝ち馬はいずれも前走6着以内だった、というデータを上記していますので、「前走で上位人気だった馬も好走データに該当しているのでは?」とお考えの方が多くなっているかもしれませんが、過去5年の前走単勝人気別成績を見てみると、前走6番人気以下(エアアンセム・エテルナミノル・カデナ・カレンラストショー・クラウンディバイダ・ゴールドサーベラス・サクラアンプルール・ナスノセイカン・ヤマカツライデン・ロジチャリス)が4勝・2着4回という好結果を残している一方、前走1番人気(ブレスジャーニー)が延べ9頭出走して【0-0-1-8】という結果に終わっていた事が判明しました。前走で6番人気の低評価に甘んじていた馬が函館記念で一変するケースが目立っていますので、前走の人気が低いからといって安易に軽視してしまうのは危険です。逆に、2歳時の重賞を2勝(サウジアラビアロイヤルカップ・東スポ杯2歳ステークス)しているブレスジャーニーは前走の巴賞で1番人気に支持されていましたし、芝2000mという距離が微妙に長いように思いますから、ブレスジャーニーが本領発揮するのは函館記念以降のレースになるのでは?と予想しています。

 

④過去5年の前走馬体重別成績データ

函館記念はタフな洋芝コースで行われますから、馬体重の大きなパワー型が上位入線しているのでは?と考え、過去5年の前走馬体重別成績を調べてみたところ、前走馬体重400kg台の馬(エテルナミノル・カデナ・カレンラストショー・クラウンディバイダ・ゴールドサーベラス・サクラアンプルール・トリコロールブルー・ナイトオブナイツ・ナスノセイカン・ブレスジャーニー・マイネルハニー)が5勝・2着4回という上々の結果を残しているのに対し、【●●●●●●●】(エアアンセム・スズカデヴィアス・ブラックバゴ・ヤマカツライデン・ロジチャリス)は延べ22頭出走して【0-1-1-20】(連対率4.5%)というかなり厳しい結果に終わっていました。スズカデヴィアスは年齢別成績に続いての不利データ該当という事態になっていますし、強烈な差し脚を武器にしていて、函館芝2000mで強い勝ちっぷりを見せた過去があるブラックバゴ、前年の函館記念で3着に踏ん張ったヤマカツライデン、前年のダービー卿チャレンジトロフィーを制しているロジチャリスの4頭の扱いには細心の注意を払った方が良さそうです。

 

新潟大賞典の覇者スズカデヴィアスや

函館芝コースへの適性が高いブラックバゴが

該当している不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

⑤過去5年の前走レース別成績データ

最後に、過去5年の前走レース別成績から混戦ムード漂う函館記念の馬券ゲットにつながっていきそうなデータを探っていきます。過去5年の勝ち馬の前走レースを調べてみると、過去5年の勝ち馬はいずれも前走で重賞レースに出走していた事が判明しました。今年の登録馬の中で前走重賞レース出走の好走データに該当していた馬はエアアンセム・エテルナミノル・カデナ・カレンラストショー・ゴールドサーベラス・サクラアンプルール・スズカデヴィアス・トリコロールブルー・ブラックバゴ・ヤマカツライデン・ロジチャリスとなっていますので、これらの馬から今年の函館記念優勝馬が現れるのでは?と考えています。一方、函館記念の前哨戦的な立ち位置になっているはずの前走巴賞(クラウンディバイダ・ナイトオブナイツ・ナスノセイカン・ブレスジャーニー・マイネルハニー)は延べ26頭出走して【0-2-1-23】(連対率7.7%)という低調な結果に終わっています。巴賞で着差以上に強い勝ちっぷりを見せ、函館記念でも上位人気に支持されそうなナイトオブナイツは不利データを跳ね返し、重賞タイトルを奪取する事ができるのでしょうか…。

 

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

上位人気確実の存在ですから、捻りのない予想になってしまいますけど、年齢別成績(4歳)・前走着順別成績(3着)・前走馬体重別成績(492kg)・前走レース別成績(GⅢ・鳴尾記念)という4つの好走データに該当しているこの馬を過去データ分析のオススメ馬として取り上げます。2000m以下のレースでは5着以下に負けた事がない安定株ですし、骨っぽいメンバーがそろっていて、レース展開が向かなかった前走でしっかりと3着を確保しているように、いつGⅢを勝っても不思議ない素質馬ですから、5度目の重賞挑戦でビッグタイトルを奪取する可能性も十分あるのではないでしょうか。

 

2018年 最終予想◎単勝回収率190%

(最終予想は追い切り後に更新予定)

先週の結果はこちら

 


 

🐎2018年 重賞レース◎42戦32勝🐎

5/06 ◎単勝1280円(NHKマイルカップ)

5/20 ◎単勝  170円(オークス)

5/27 ◎単勝1250円(日本ダービー)

6/03 ◎単勝1570円(安田記念)

6/17 ◎単勝  230円(ユニコーンS)

7/01 ◎単勝  410円(ラジオNIKKEI賞)

画像クリックで拡大

f:id:jikuuma:20180630211820j:plain f:id:jikuuma:20180630212013j:plain

f:id:jikuuma:20180630212053j:plain f:id:jikuuma:20180630212200j:plain

f:id:jikuuma:20180630212246j:plain f:id:jikuuma:20180701181403j:plain

無料で見れるおすすめ競馬サイト

LINE@にて無料配信中!
(友達追加でOKです)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【函館記念2018予想/過去データ分析】2000m以下の距離で抜群の安定感を誇るアノ馬の活躍を予感させる好走データがズラリ!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.