競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【帝王賞2018予想】絶好枠から発進するアノ馬が得意の2000mで貫禄示す!直近の追い切りで好時計をマーク!休み明け初戦でも仕上がり上々!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180627115739j:plain

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


 

2018年6月27日(水)

大井競馬11レース(20時05分発走)

第41回 農林水産大臣賞典 帝王賞(G1)

大井ダート2000m 4歳以上

 

《帝王賞のレース展望》

 

6回大井競馬3日目のメインレースは初夏の中距離ダート王決定戦・帝王賞!1997年から交流GⅠに格上げされた南関東競馬の名物レースで、メイセイオペラやアジュディミツオー、フリオーソといった地方競馬を代表する名馬のほか、スマートファルコンやホッコータルマエ、コパノリッキーなど日本競馬史に残る怪物ホースが勝ち馬として名を連ねています。昨年は福永祐一騎手騎乗のケイティブレイブがスタートで大きく出遅れた不利をもろともしない走りを見せ、悲願のGⅠ初制覇を果たしました。今年の顔ぶれを見てみると、帝王賞2連覇を目指すケイティブレイブや前年のJRA賞最優秀ダートホース・ゴールドドリーム、鋭い末脚を持つサウンドトゥルー、8歳の古豪・アウォーディー、交流GⅠ初出走となるテイエムジンソク、2016年の東京大賞典を制しているアポロケンタッキー、2017年の川崎記念で鮮やかな逃げ切り勝ちを決めたオールブラッシュといった2000m前後のダート重賞で目覚ましい活躍を見せているJRAの猛者が集結!昨年のジャパンダートダービーを優勝したヒガシウィルウィン、地方移籍後圧倒的な強さで4連勝を決めているリッカルド、名古屋競馬の絶対的エース・カツゲキキトキトなど、地方勢の顔ぶれも豪華なのですが、今回はJRA勢からも超強力なメンバーがそろっていますから、「JRA勢>地方勢」という力関係になっている事を頭の中に叩き込んだ上で馬券作戦を組み立てていく事をおすすめします。

 

《帝王賞予想オッズ》

 

①人気 ゴールドドリーム  4.1倍

②人気 ケイティブレイブ  4.2倍

③人気 テイエムジンソク  6.1倍

④人気 サウンドトゥルー  7.2倍

④人気 アポロケンタッキー 7.3倍

 

《出走予定馬分析》

 

2枠2番 ケイティブレイブ(牡5歳 福永祐一)

前走:ダイオライト記念(GⅡ・船橋ダート2400m)1番人気1着

スタート直後に躓き、道中のポジションを大きく下げる致命的な不利がありながら、メンバー中最速の上がり3ハロン(36.5秒)の末脚を繰り出し、6番人気という低評価に反発する走りを見せたケイティブレイブが今年はディフェンディングチャンピオンの立場で史上初となる帝王賞2連覇にチャレンジします。2走前のフェブラリーステークスこそ11着に敗れていますけど、フェブラリーステークスは先行馬総崩れのハイペースになった事が敗因ですから、JRAのGⅠよりも道中の流れが遅くなる地方交流GⅠであれば大崩れする事はないでしょうし、昨年の決着時計(2分04秒4)と同じくらいのタイムで走れれば、通算3つ目のGⅠタイトルを奪取する事になっても全く驚けません。

 

3枠4番 ゴールドドリーム(牡5歳 ルメール)

前走:かしわ記念(GⅠ・船橋ダート1600m)2番人気1着

8番人気の低評価に甘んじた3走前のチャンピオンズカップで復活Vを遂げたほか、2走前のフェブラリーステークスで僅差2着を確保し、前走のかしわ記念でもオールブラッシュ以下を地力の違いでねじ伏せるなど、昨年末から一気に本格化した印象がある充実一途のゴールドアリュール産駒。JRA勢の中でも勢いだけならナンバーワンの存在ですし、最終追い切り(栗東坂路4ハロン51.9秒)の全体時計もかなり優秀ですから、かしわ記念に続くGⅠ勝利を決める事になっても不思議ない状況ですけど、ゲート難の課題を完全に克服したわけではありませんし、出走回数が少ないとはいえ、右回りコースで重賞勝ちがない点も気掛かり…。さらには●●●●●●も物足りない、と不安要素を多く抱えている人気馬ですから、ルメール騎手騎乗で実力以上の人気を集めそうな状況であれば、思い切って評価を下げる、というアプローチもアリだと考えています。

 

かしわ記念に続くG1連勝を狙う

ゴールドドリームが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

3枠5番 テイエムジンソク(牡6歳 古川吉洋)

前走:平安ステークス(GⅢ・京都ダート1900m)2番人気:6着

2017年11月のGⅢ・みやこステークスで重賞初制覇を果たした遅咲きのクロフネ産駒で、スローペースが味方したとはいえ、昨年末のGⅠ・チャンピオンズカップでゴールドドリームに次ぐ2着を確保するなど、JRAのダート重賞で目覚ましい活躍を残してきたテイエムジンソクが地方競馬の交流重賞に初見参。ハイペースに泣いた2走前のフェブラリーステークス12着の負けは仕方ないのですが、得意の中距離戦に戻った前走・平安ステークスで2番人気6着という結果に終わっているように、不調期に差し掛かっている印象がありますし、ナイター競馬が初めてで、鞍上の古川吉洋騎手は大井ダートコースの経験が少ない、という不安要素も抱えていますから、過去の実績を鵜呑みにしてしまうと痛い目に遭うかもしれません。

 

4枠6番 リッカルド(セ7歳 矢野貴之)

前走:大井記念(SⅠ・大井ダート2000m)1番人気1着

黛弘人騎手とのコンビで2016年8月のGⅢ・エルムステークスを制していますが、その後は鳴かず飛ばずの日々が続き、2018年の年始にJRAの競走馬登録を抹消され、南関東の船橋競馬に移籍したリッカルドがハードな追い切りを課す事で有名な佐藤裕太厩舎でビシバシ鍛えられた事がきっかけになり、奇跡のような復活劇を遂げ、地方交流GⅠの舞台に駒を進めてきました。船橋競馬移籍後の4連勝は完璧な勝ちっぷりでしたので、地方勢の総大将的な存在だと考えるべきですけど、ゴールドドリームやケイティブレイブといったGⅠ馬相手に互角の走りをするのはさすがに難しいので、3着までに入れば御の字かな?という印象を持っています。

 

4枠7番 アウォーディー(牡8歳 武豊)

前走:ドバイワールドカップ(GⅠ・メイダンダート2000m)6番人気6着

2015年10月のGⅢ・シリウスステークスから重賞レース5連勝を決めた時は現役最強ダートホースの名をほしいままにしてきた存在ですが、2016年11月のGⅠ・JBCクラシックを勝って以降、約1年7ヶ月もの間勝ち星から遠ざかっていますし、前年3着時よりも相手関係が強くなっている点もマイナス材料になりますので、過去10年の帝王賞で4勝を挙げている名ジョッキー・武豊騎手とコンビを組む状況であっても勝ち切るのはかなり難しいのではないでしょうか。また、アウォーディーは左回りコースだとスムーズな走りを見せるのですが、右回りコースだと道中でヨレる面を見せてしまいますので、右回りコースへのコース替わりもマイナスに働きそうです。

 

5枠8番 ヒガシウィルウィン(牡4歳 森泰斗)

前走:大井記念(SⅠ・大井ダート2000m)2番人気3着

3歳ダート王決定戦・ジャパンダートダービーを制した現4歳屈指の実績馬ですけど、ジャパンダートダービー優勝以降は古馬の厚い壁に跳ね返される日々が続いてしまい、2017年11月のGⅡ・浦和記念2着から4連敗を喫した状況で大一番の帝王賞を迎える事になってしまいました。地方馬同士のレースとなった前走の大井記念でリッカルドから0.9秒離された3着に敗れていますが、今回は年明け初戦から叩き3戦目で上積みが見込める状況ですから、2分05秒8という上々の決着時計をマークした前年のジャパンダートダービー時と同じぐらいのデキに戻っていれば、凡退続きに終止符を打つ走りを見せても不思議ないのでは?と考えています。でも、今回のメンバー相手に勝ち切るのは難しいので、資金に余裕があれば、3連単フォーメーションの3着の欄に加えておく、というような評価が妥当です。

 

5枠9番 アポロケンタッキー(牡6歳 内田博幸)

前走:ダイオライト記念(GⅡ・船橋ダート2400m)2番人気2着

2016年12月のGⅠ・東京大賞典で全盛期のアウォーディー相手に土をつけ、悲願のGⅠ初制覇を果たした古豪。勝ち味に遅いタイプで、人気を下回る結果に終わっても仕方ないようなムラ駆け傾向の強い馬ですけど、今年に入ってから川崎記念2着・ダイオライト記念2着とハイレベルな重賞レースで上々の結果を残していますので、約1年半ぶりとなるGⅠタイトル奪取を期待している方も多くなっているのではないでしょうか。ただ、500kg超の巨漢馬で速い決着時計に対応できない鈍足タイプですから、帝王賞当日の時計の出方をしっかりチェックして、通常よりも時計の掛かる馬場状態になっていた場合はアポロケンタッキーを中心にした馬券で勝負してみるのもアリだと思います。

 

6枠10番 サウンドトゥルー(セ8歳 大野拓弥)

前走:フェブラリーステークス(GⅠ・東京ダート1600m)11番人気:8着

2016年3着・2017年4着と帝王賞では思うような結果を残す事ができていませんけど、今回と同じ大井ダート2000mの条件で行われた2017年11月のGⅠ・JBCクラシックを2分04秒5の好時計で制するなど、大井ダート2000mのGⅠを勝った実績がある点は見逃せません。でも、フェブラリーステークス8着から帝王賞へ、というローテーションは前年と全く同じとはいえ、4ヶ月超の休み明け初戦で帝王賞に出走する状況は強調材料にはなりませんし、暑い夏場よりもダート中距離のGⅠが立て続けに行われる冬場の方に良績があるタイプでもありますから、サウンドトゥルーの単勝や3連単フォーメーションでサウンドトゥルーを1着固定にする、というような馬券作戦を組み立てるのは危険です。

 

7枠12番 オールブラッシュ(牡6歳 田辺裕信)

前走:かしわ記念(GⅠ・船橋ダート1600m)6番人気:2着

1600万下条件を勝ち上がった直後に参戦した2017年1月のGⅠ・川崎記念でサウンドトゥルーやケイティブレイブといった強敵相手に逃げ切り勝ちを決めている徹底先行型。川崎記念以降は目立つような成績を残す事ができなかったのですが、年明け2戦目で果敢にハナを奪う競馬を見せた前走・かしわ記念でゴールドドリームに次ぐ2着を確保し、復調気配に差し掛かっている事をアピールしていますので、【0-0-0-2】の大井ダート2000mの条件でも好勝負に持ち込める存在ではないでしょうか。コンビを組む田辺裕信騎手が6月に入ってからJRAで3勝のみ、という不調状態になっている点が気掛かりですけど、思い切りの良さがウリの田辺裕信騎手が2着に粘ったかしわ記念と同じような逃げの手を打つ事ができれば、馬券圏内に食い込む可能性も十分あると思います。

 

8枠14番 カツゲキキトキト(牡5歳 大畑雅章)

前走:パールオープン(A1・名古屋ダート1800m)1番人気1着

交流重賞のGⅡ・名古屋グランプリで2年連続3着という実績を残している名古屋競馬の絶対的エースが3歳時のGⅠ・ジャパンダートダービー6着以来となる交流GⅠ出走を果たします。3走前に1400mの東海桜花賞を制していますけど、本質的には2000m前後の距離を得意にしていますから、2000mへの距離延長は全く問題ないと思いますが、2017年8月(くろゆり賞2着)から約1ヶ月間隔でレースに出走していますので、パールオープン1着から上積みを見込むのは難しいですし、4走前に出走した1900mのGⅢ・名古屋大賞典で勝ったサンライズソアから1.0秒差の5着に敗れているように、交流重賞のGⅢレベルでも勝ち負けするのが厳しい状況になっていますから、馬券圏内に入る云々というよりも、地方馬の中で最先着を果たせるのかどうか、というところがポイントになるのではないでしょうか。

 

《展開予想》

 

単騎逃げの戦法に持ち込む事で本来の実力を発揮するケイティブレイブとオールブラッシュがエントリーしていますので、どちらがハナを奪うのか、というところが最大の見どころになっていますけど、ケイティブレイブが2枠2番という逃げ馬にとって最高の枠に入ったのに対し、オールブラッシュが7枠12番の外枠を引いてしまいましたから、今回は内の好枠を引き当てたケイティブレイブが果敢にハナを奪い、淀みのない平均ペースを形成していくのでは?と予想しています。レースのポイントはケイティブレイブと人気を分け合う事になるゴールドドリームの位置取り。地力上位のゴールドドリームが早めにケイティブレイブを捕まえにいくようだと差し・追い込み脚質の馬が台頭しやすいタイトな流れになりそうですが、ゴールドドリームの道中の仕掛けが遅れるようだと、一転して逃げ・先行脚質に有利な展開になりますから、ゴールドドリームがどのタイミングで仕掛けていくのか、というところにご注目ください。

 

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

同型との兼ね合い次第という面こそありますが、枠順抽選で絶好の枠を引き当て、マイペースの単騎逃げが見込める状況が大きな強調材料になるこの馬がしっかりと勝ち切ってくれるのでは?と考え、本命に抜てきする事にしました。約3ヶ月半の休み明けになりますから、パドックの気配を注視する必要がありますけど、6月20日の追い切り(栗東坂路4ハロン53.5秒)で水準以上の時計を叩き出していますし、6月24日の最終追い切り(栗東坂路4ハロン57.5秒)でも雨の影響でタフな状態だった坂路を軽快な脚取りで駆け上がっていましたので、休み明け初戦である事を感じさせないくらいのパフォーマンスを帝王賞の大舞台で見せる程度の仕上がりにある、と判断しました。マイルのGⅠで強い競馬をしているライバルが出走していますけど、持久力勝負になりやすい2000mならこの馬でも十分通用するはずですから、距離適性の差で強力なライバルを振り切る走りを期待したいです。

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【帝王賞2018予想】絶好枠から発進するアノ馬が得意の2000mで貫禄示す!直近の追い切りで好時計をマーク!休み明け初戦でも仕上がり上々!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.