競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【宝塚記念2018/出走予定馬分析】1週前追い切りで好時計をマークしたアノ馬が穴馬候補!前年よりも相手関係が楽になった状況なら期待大!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180617173345j:plain

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


 

2018年6月24日(日)

阪神競馬11レース(15時40分発走)

第59回 宝塚記念(G1)

阪神芝2200m(内回り)

3歳以上定量

 

《宝塚記念のレース展望》

 

3回阪神競馬8日目のメインレースは春競馬の総決算となるグランプリ・宝塚記念!ファン投票で上位にランクインしたスワーヴリチャードやシュヴァルグラン、レイデオロ、レインボーライン(現役引退)といったあたりが出走しないのは本当に残念ですけど、2連覇の偉業が懸かるサトノクラウンのほか、ファン投票で1位に支持されたサトノダイヤモンド、昨秋の菊花賞を制したキセキ、武豊騎手騎乗でいつも以上に注目を集めそうなダンビュライト、現役屈指の実力を誇る女傑・ヴィブロス、ステップレースの鳴尾記念を快勝したストロングタイタンなど、芝の中距離戦がピッタリな精鋭だけでなく、香港中距離界のトップホース・ワーザーの参戦が決まっていますので、大物不在でも例年以上に白熱した戦いを展開してくれるのでは?と期待しています。昨年の宝塚記念はキタサンブラックが単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気を大きく裏切る形になり、3連単配当70,420円というまずまずの好配当決着になったのですが、今年はどんな結末が待ち構えているのでしょうか…。

 

《予想オッズ》

 

①人気 サトノダイヤモンド 3.4倍

③人気 ダンビュライト   5.2倍

②人気 キセキ       5.7倍

④人気 ヴィブロス     7.0倍

⑤人気 パフォーマプロミス 9.7倍

 

《出走予定馬分析》

 

🐎キセキ(M・デムーロ騎手)

前年の菊花賞以来となるGⅠ制覇を目指す4歳牡馬のルーラーシップ産駒。近2走はいずれも9着に凡退していますけど、2走前のGⅠ・香港ヴァーズは極端な道悪馬場だった菊花賞の疲れが抜けていない状況でしたし、前走のGⅡ・日経賞は道中で折り合いを欠いた事が敗因、と見直しの余地がある負けが続いていますので、1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン82.8秒)で楽な手応えのまま水準以上の時計をマークし、近2走以上のデキに仕上がっている可能性が高い今回は凡退続きからの巻き返しがあっても驚けないのではないでしょうか。

 

🐎サトノダイヤモンド(ルメール騎手)

3歳時のGⅠ・有馬記念でキタサンブラックを破った実績こそあるものの、2017年3月のGⅡ・阪神大賞典から1年3ヶ月もの間勝ち星から遠ざかっている5歳牡馬のディープインパクト産駒。前走のGⅠ・大阪杯はジョッキーが上手く乗れなかったとはいえ、勝ったスワーヴリチャードから1.0秒離された7着、という結果は物足りませんし、一時期の勢いを失っている状況ですので、今回も人気を下回る結果に終わっても不思議ない存在だと思います。ただ、3頭併せの1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン82.5秒)で併走馬を一気に突き放す好内容のスパーリングを敢行していましたので、今年に入ってから一番のデキに仕上がっている可能性があります。イマイチな成績が続いている状況ですけど、最終追い切りでこの馬らしいキレ味抜群の動きを見せた場合は本命に抜てきする事も考えています。

 

🐎ダンビュライト(武豊騎手)

3走前のGⅡ・アメリカジョッキークラブカップで悲願の重賞初制覇を果たした4歳牡馬のルーラーシップ産駒。不良馬場で行われた前年の菊花賞こそ5着に敗れていますけど、2000m前後の距離であれば安定した成績を残していますし、高速馬場よりも時計の掛かる馬場の方を得意にしていますので、梅雨時でレース当日の馬場が渋るような状況になれば、面白い存在になると思います。でも、近2走のGⅠで掲示板外に凡退しているように、ハイレベルなGⅠの壁にぶち当たっている印象がありますから、骨っぽいメンバーがそろった宝塚記念で上位争いをするのは容易な事ではないと考えています。

 

🐎パフォーマプロミス(戸崎圭太騎手)

2018年の調教師リーディングトップを快走している栗東・藤原英昭厩舎が送り出す6歳牡馬のステイゴールド産駒で、2走前のGⅡ・日経新春杯で初の重賞タイトルをつかみ取っています。前走のGⅡ・目黒記念は3着に負けてしまいましたが、4ヶ月半の休み明け初戦で仕上がり途上の状態だった事が敗因ですから、1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン79.3秒・ラスト1ハロン11.6秒)で抜群の時計を叩き出し、前走を使った事による大きな上積みが見込める今回こそが最大の狙い目になるのでは?と考えています。ただ、●●●●●●という戸崎圭太騎手への乗り替わりがマイナスに働く可能性も考慮しておく必要があります。

 

パフォーマプロミスとコンビを組む

戸崎圭太騎手が抱えているマイナス材料は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

🐎ヴィブロス(福永祐一騎手)

2連覇を狙った前走のGⅠ・ドバイターフは2着に敗れたものの、世界の強豪相手でも互角に渡り合える事を前走で証明した5歳牝馬のディープインパクト産駒。本質的には直線が長いコースを得意にしていますので、直線が短い阪神内回りコースへのコース替わりが大きなポイントになりますけど、この馬のパフォーマンスをフルに発揮する事ができる良馬場からの瞬発力勝負になれば、サトノダイヤモンドやキセキといった強豪牡馬と引けを取らないくらいの走りができるはずですので、レース当日の馬場状態が良ければ良いほどこの馬の好走する確率が上がる、という風に考えておいてください。

 

《現時点でのオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

約2年5ヶ月勝ち星から遠ざかっている状況ですけど、前走のGⅠで僅差の4着に入り、復調気配に差し掛かっている事をアピールしたほか、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.4秒)でダンビュライトと激しいスパーリングを敢行するなど、前走激走の疲れを感じさせない動きを中間の調整過程で披露しているこの馬の穴馬候補の筆頭として取り上げます。前年の宝塚記念では6着に敗れていますが、今年の天皇賞春を制したレインボーラインとタイム差なしの接戦を演じているのですから、負けて強しの内容だったと解釈する事ができますし、前年よりも相手関係が若干楽になっている今年のメンバー構成であれば、前年以上の結果を残す可能性も十分あるのではないでしょうか。

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【宝塚記念2018/出走予定馬分析】1週前追い切りで好時計をマークしたアノ馬が穴馬候補!前年よりも相手関係が楽になった状況なら期待大!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.