競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【函館スプリントステークス2018】過去データ分析/1週前追い切りで水準以上の時計をマークしたアノ馬をオススメ!洋芝実績がある点も◎!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180615114211j:plain

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


 

2018年6月17日(日)

函館競馬11レース(15時25分発走)

第25回 函館スプリントステークス(G3)

函館芝1200m 3歳以上別定

 

《函館スプリントステークスの見どころ!》

 

函館スプリントステークスが行われる函館芝1200mは2コーナーを回り切った先にあるポケット地点にスタートゲートが設置される条件で、最初のコーナー(3コーナー)に差し掛かるまでの距離が約480mと長めに設定されているものの、スタートゲートから最終コーナーに到着するまでに緩やかな上り坂を通る必要があるため、レース序盤からハイラップを刻むケースは極端に少なく、基本的には逃げ・先行脚質に有利な条件になっています。過去5年の枠順別成績を見てみると、5枠~8枠の外枠勢が4勝している一方、1枠と2枠は【0-1-2-13】で勝ち星ゼロという結果に終わっていますので、真ん中より外寄りの枠を引き当てた馬から馬券の軸にピッタリな存在をチョイスしていきましょう。また、過去5年の単勝人気別成績を見ていくと、●●●●●●が【0-0-0-5】という気になるデータが存在していましたから、1番人気●●●●●●に安易に飛びついてしまうのは危険です。

 

過去5年ベースで3着以内ゼロの単勝人気は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

《函館スプリントステークスのチェックポイント》

 

①過去5年の年齢別成績データ!

上位人気確実なアノ馬たちが過去5年で勝ち星ゼロの不利データに該当…。

まず、過去5年の年齢別成績から激戦必至の函館スプリントステークスの馬券ゲットにつながっていきそうなデータをご紹介します。過去5年ベースで最も良い成績を残しているのは【2-1-2-8】(連対率23.1%)の3歳です。ただ、今年の函館スプリントステークスには3歳が1頭もエントリーしていませんので、来年以降の函館スプリントステークスでは3歳を中心にした馬券作戦を組み立ててみるのも面白いかもしれません。他では4歳以上の牝馬(ジューヌエコール・タマモブリリアン・ダイアナヘイロー・ナックビーナス・ノットフォーマル・ライトフェアリー・ワンスインナムーン)が【0-2-2-17】で勝ち星ゼロという厳しい結果に終わっている事が判明しました。函館スプリントステークス連覇が懸かるジューヌエコールのほか、武豊騎手騎乗のダイアナヘイローや高松宮記念3着のナックビーナスなど、上位人気確実な牝馬が年齢別成績の不利データに該当している事を踏まえた上で馬券の結論を出していく事をおすすめします。

 

②過去5年の前走レース別成績データ!

前走GⅠ組と前走OP特別、ポジティブな成績を残しているのはどっち?

続いて、過去5年の前走レース別成績を見ていくと、前走OP特別(ティーハーフ・ノットフォーマル・ユキノアイオロス・ライトフェアリー・ラインミーティア)が【0-3-2-34】(連対率7.7%)という低調な結果に終わっている事が判明。鞍馬ステークスで鮮やかな差し切り勝ちを決めたティーハーフや安定した先行力を武器にしている上がり馬ライトフェアリー、昨年のサマースプリントシリーズを優勝したラインミーティアといったあたりが前走レース別成績の不利データに該当しています。逆に、函館スプリントステークスと相性の良い前走レース別成績は前走GⅠ(キングハート・ジューヌエコール・ダイアナヘイロー・ナックビーナス)。過去5年ベースで3勝・2着2回という好結果を残していますから、タイトなレースになりやすいGⅠを前走で経験している馬の台頭に注意してください。

 

③函館芝1200mの騎手別成績データ!

百戦錬磨のベテランジョッキーが函館芝1200mで苦戦傾向に…。

最後に、函館スプリントステークスが行われる函館芝1200mで好結果を残しているジョッキーを騎手別成績からリサーチしていきます(データの集計期間は2015/6/20~2017/7/23)。今年の函館スプリントステークスに参戦する予定のジョッキーの中で集計期間内にトップの勝ち星(10勝)を挙げているのは岩田康誠騎手(アドマイヤゴッド)で、武豊騎手(ダイアナヘイロー)・三浦皇成騎手(ナックビーナス)・池添謙一騎手(セイウンコウセイ)・北村友一騎手(ジューヌエコール)も集計期間内に勝率10%超のハイアベレージをマークしていますので、これらのジョッキーが函館芝1200mの条件でエントリーしてきた時は注意が必要です。逆に、蛯名正義騎手(エポワス)は集計期間内の勝率が5%というやや低調な結果に終わっていますから、蛯名正義騎手にとって函館芝1200mの条件は鬼門のようなものになっています。

 

《過去データ分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

今年の函館スプリントステークスは抜きん出た実力馬が不在で、ひと波乱あっても驚けないメンバー構成になっていますけど、そんな状況で推したいのは前走レース別成績(GⅠ・高松宮記念)の好走データに該当しているのはもちろん、野芝コースよりもタフな洋芝コースで良績を残している点も魅力的なこの馬!レース間隔が微妙に空いていますので、最終追い切りの動きをしっかりチェックする必要がありますが、1週前追い切り(美浦Wコース5ハロン67.6秒・ラスト1ハロン12.5秒)で水準以上の時計をマークしているように、順調な形の調整過程を歩んでいる事が明らかな状況であれば、レース間隔が空いた中でもこの馬の実力を発揮できるデキに仕上がっているのでは?と考えています。

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【函館スプリントステークス2018】過去データ分析/1週前追い切りで水準以上の時計をマークしたアノ馬をオススメ!洋芝実績がある点も◎!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.