競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

ユニコーンステークス2018【出走予定馬分析】2週前追い切りで猛時計マーク!中間の調整過程が万全なアノ馬が距離延長で一変ムード!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180610173840j:plain

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


 

2018年6月17日(日)

東京競馬11レース(15時45分発走)

第23回 ユニコーンステークス(G3)

東京ダート1600m 3歳別定

 

《ユニコーンステークスのレース展望》

 

3回東京競馬6日目のメインレースは3歳馬限定のダート重賞・ユニコーンステークス!真夏の3歳ダート王決定戦・ジャパンダートダービーの行方を占う意味でも重要な一戦になりますので、中央競馬ファンの皆さんはもちろん、地方競馬ファンの皆さんにとっても見逃せないレースになるのではないでしょうか。昨年は1番人気に支持された牝馬・リエノテソーロが精彩を欠く中、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気・サンライズノヴァが中団やや後方のポジションから鮮やかな差し切り勝ちを決め、重賞初制覇を果たしました。今年の顔ぶれを見てみると、昨年末の交流GⅠ・全日本2歳優駿を制したルヴァンスレーヴ、ユニコーンステークスと同コースのOP・青竜ステークスで実力馬・スマハマを下したグリム、OP・鳳雛ステークスを逃げ切るなど現在2連勝中のハーベストムーンといったOPクラスの実績上位馬のほか、アジアエクスプレスの全弟にあたるレピアーウィットなど、前走500万下条件組からも東京ダート1600mの条件が合いそうな好素質馬が集結していますので、例年以上に見ごたえのあるレースを展開してくれるのでは?と期待しています。

 

《予想オッズ》

 

①人気 ルヴァンスレーヴ  2.0倍

②人気 レピアーウィット  5.1倍

③人気 グリム       6.3倍

 

《出走予定馬分析》

 

🐎グリム

5番人気という低評価に甘んじていた前走のOP・青竜ステークス(東京ダート1600m)でスマハマとの激しい叩き合いを制し、OP特別初勝利を果たした栗東・野中賢二厩舎のゼンノロブロイ産駒。道中で砂を被らない大外枠を引き当てた幸運があったとはいえ、前走でユニコーンステークスと同コースのOP特別を経験し、しっかりと勝ち切っている点は高く評価すべきだと考えています。ただ、馬群に閉じ込められる競馬を強いられた3走前の500万・はこべら賞(中京ダート1400m)で7着に敗れているように、道中でもまれる展開になってしまうと本来の実力を発揮できないタイプですので、馬群に閉じ込められる可能性が高い真ん中より内めの枠を引いた時は評価を割り引く必要があります。

 

🐎バイラ

今回がキャリア12戦目となる栗東・川村禎彦厩舎のヘニーヒューズ産駒。未勝利を勝ち上がるまでに6戦を要した勝ち味に遅いタイプですけど、差し馬向きのレース展開になったとはいえ、骨っぽいメンバーがそろっていた前走のOP・端午ステークス(京都ダート1400m)で目の覚めるような末脚(上がり3ハロン37.4秒)を繰り出し、OP特別初勝利を挙げ、収得賞金加算に成功しています。キャリア豊富な点が大きな武器になる一方、初めてダート1600mの条件を走るだけでなく、関東圏への長距離輸送も初めて、という不確定要素を多く抱えている馬でもありますから、端午ステークスの勝ちっぷりが良かったからといって安易に飛びついてしまうのは危険です。

 

🐎ハーベストムーン

今春のGⅠ・天皇賞春を制したものの、入線後に故障を発生してしまい、現役引退を余儀なくされたレインボーラインなど、数多くの実力馬を管理してきた栗東・浅見秀一厩舎のマンハッタンカフェ産駒。小回りコース特有の忙しい流れが不向きだった3走前の500万・くすのき賞(小倉ダート1700m)こそ3着に敗れたものの、前走のOP・鳳雛ステークス(京都ダート1800m)で実力馬・グレートタイムを破った事で評価が急上昇しています。芝スタートでテンが速くなりやすい東京ダート1600mの条件が合うのかどうか…というところはやってみないと分からない状況ですけど、軽快な先行力を武器にしている馬ですから、今回もスムーズな形で先行する事ができれば、初コースを克服する可能性も十分あります。

 

🐎ルヴァンスレーヴ

無傷の3連勝で昨年12月の交流GⅠ・全日本2歳優駿(川崎ダート1600m)を優勝している美浦・萩原清厩舎のシンボリクリスエス産駒。単勝オッズ1.6倍の1番人気に支持された前走のOP・伏竜ステークス(中山ダート1800m)で2着に敗れ、初黒星を喫していますが、前走は太め残りの馬体重(プラス10kg)だった事と直線が短い小回りコースが合わなかった事が大きな敗因となっていますから、2歳時にレコード勝ち(1分36秒2)を決めている東京ダート1600mへとコースが替わる今回こそが最大の狙い目になるのではないでしょうか。

 

🐎レピアーウィット

セレクトセールでの落札額が1億円を超えている美浦・堀宣行厩舎のヘニーヒューズ産駒で2014年にGⅢ・レパードステークスを快勝したアジアエクスプレスの全弟にあたります。新馬戦から全てのレースで単勝オッズ1倍台の圧倒的1番人気に支持されている逸材で、スピード勝負になりやすい芝レースでは勝ち切る事ができなかったものの、ダート路線に舵を切ってから未勝利・500万下(ともに東京ダート1400m)を2連勝し、ユニコーンステークスへと駒を進めてきました。ダート戦に転向してから全く底を見せていない存在ですので、一気の相手強化でも通用する可能性がある一方、●●●●●●事になる点は気掛かりです。

 

アジアエクスプレスの全弟

レピアーウィットが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

GⅠホース・ルヴァンスレーヴとダート戦で底を見せていないレピアーウィットの走りに注目が集まる一戦になっていますけど、初ダートの前走で砂適性の高さを証明する走りを見せたこの馬の激走に期待しています。1600mへの適性は未知数ですが、道中でズブさを見せた1400mの前走の走りを見る限り、前走からの距離延長がプラスに働く可能性が十分ありますし、2週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.5秒)で猛時計を叩き出しているように、ユニコーンステークスに照準を絞った形で調整を進めている状況であれば、強敵相手でも互角以上の走りを見せてくれるのでは?と考えています。

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
ユニコーンステークス2018【出走予定馬分析】2週前追い切りで猛時計マーク!中間の調整過程が万全なアノ馬が距離延長で一変ムード!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.