競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

エプソムカップ2018【追い切り後分析】重賞級のポテンシャルを持つアノ馬が昇級戦でいきなり好走ムード!最終追い切りの動きも問題なし!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180609110609j:plain

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


 

2018年6月10日(日)

東京競馬11レース(15時45分発走)

第35回 エプソムカップ(G3)

東京芝1800m 3歳以上別定

 

《追い切り後展望》

 

3歳馬の参戦こそありませんが、充実一途の4歳馬からキャリア豊富な8歳馬まで、5つの世代の芝中距離巧者が集結する事になった今年のエプソムカップ。そんな中、最終追い切りで最も良い動きを見せていたのはサトノアーサー(栗東CWコース4ハロン53.5秒)でした。栗東CWコース4ハロン追いという池江泰寿厩舎の好走パターンに該当しているだけでなく、楽な手応えのままでラスト1ハロン11.6秒の好時計をマークした点は高く評価すべきでしょう。デビュー当初から追い切りでピカイチの動きを見せていた馬ですけど、エプソムカップで待望の重賞初制覇を決める事になっても驚けないくらいの仕上がりにはある、と考えています。最終追い切りの推奨2番手はエアアンセム(栗東坂路4ハロン54.4秒)を取り上げます。全体時計は平凡だったのですが、雨の影響で時計の掛かる状態だった栗東坂路で力強い末脚を披露していましたので、道悪馬場になっていた場合は近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性もあるのでは?と考えています。最終追い切りの推奨3番手はトーセンマタコイヤ(美浦Wコース5ハロン66.9秒)を取り上げます。前走のGⅢ・新潟大賞典時の最終追い切りでもしっかりとした走りを見せていましたけど、今回は前走以上にスムーズな形の最終追い切りを敢行していましたから、前走を使った事による上積みが十分見込めるのではないでしょうか。他では、併走馬を楽な手応えで圧倒したバーディーイーグル(美浦坂路4ハロン52.4秒)、GⅠホース・サウンドトゥルーと中身の濃いスパーリングを敢行したマイネルフロスト(美浦Wコース5ハロン70.6秒)といった伏兵陣も見栄えのする動きを見せていましたので、一波乱あっても不思議ないメンバー構成になっていると思います。

 

《追い切り後見解》

 

3枠3番 エアアンセム(藤岡佑介騎手 56kg)

最内枠からロスの少ない立ち回りを見せた前走のOP・都大路ステークスでサンマルティンの鬼脚に屈し、2着に敗れていますが、都大路ステークスはOP級で互角以上の走りができる事を証明した一戦でもありますので、骨っぽいメンバーがそろったエプソムカップの上位争いに顔を出す可能性も十分あるのでは?と考えています。瞬発力勝負に弱いシンボリクリスエス産駒ですから、レースの上がりが極端に速くなる展開だと厳しくなりますけど、レース当日に雨が降り、馬場が渋った状態になると、苦手な瞬発力勝負を回避する事ができますので、ひと雨降れば出番がありそうです。

 

4枠8番 サーブルオール(ルメール騎手 56kg)

2016年4月のGⅡ・ニュージーランドトロフィー7着以来、2年2ヶ月ぶりの重賞参戦となる5歳牡馬のハービンジャー産駒。ハービンジャーといえば、瞬発力勝負よりも時計の掛かる持久力勝負を得意にしている種牡馬として知られていますけど、2走前にエプソムカップと同コースの1000万下条件戦をメンバー中最速となる上がり3ハロン(33.8秒)の末脚を繰り出して快勝しているように、瞬発力勝負にも対応可能なハービンジャー産駒ですから、血統面だけで評価を下げてしまうのは危険だと思います。最終追い切り(美浦Wコース5ハロン68.8秒)も水準以上の動きを見せていましたし、先週のGⅠ・安田記念を制して勢いに乗っているルメール騎手とコンビを組む点も魅力的です。

 

5枠9番 スマートオーディン(武豊騎手 56kg)

メンバー中最多の重賞3勝馬ではありますが、最終追い切り(栗東坂路4ハロン53.2秒)でサトノダイヤモンド相手に先着を果たしたとはいえ、2016年のGⅠ・日本ダービー6着から約2年の休養明け初戦になりますし、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.0秒)ではストロングタイタン相手に大きく先着を許していましたから、万全な状態でエプソムカップ当日を迎えるのは容易な事ではないと思います。でも、2歳時からGⅠの大舞台で好勝負する事が期待されていた逸材ですので、エプソムカップで凡退したとしても、エプソムカップ後の激走に警戒してください。

 

5枠10番 ダイワキャグニー(横山典弘騎手 56kg)

東京芝コース通算の連対率が62.5%という信頼度の高い数字を叩き出しているメンバー屈指のコース巧者。東京芝1800mの条件で1度だけ4着(GⅡ・毎日王冠)に敗れていますけど、この時は相手が強すぎたので、GⅢ相当のメンバーがそろっている今年のエプソムカップであれば、楽に勝ち切っても不思議ない存在だと考えています。最終追い切り(美浦Wコース5ハロン69.1秒)の全体時計は平凡ですが、この馬は稽古であまり動かないタイプですから、最終追い切りの全体時計が遅めになっている点は特に気になりませんけど、好走するためには得意の瞬発力勝負に持ち込む必要がありますので、道悪馬場になってしまうと脆い面を見せる可能性があります。

 

8枠16番 サトノアーサー(戸崎圭太騎手 56kg)

着外に敗れたのは2400m以上の長距離戦だけで、2000m以下の距離では3着を外した事がない中距離巧者。前走のOP・メイステークスではダイワキャグニー相手に完敗という状況でしたけど、3ヶ月の休み明け初戦だった事を考えれば、まずまずの内容だったといえますし、最終追い切りの動きを見る限り、休み明けの前走を使った事による上積みが見込めますので、最大のライバル・ダイワキャグニーを逆転する事になっても不思議ないと考えています。ただ、瞬発力勝負を得意にしているディープインパクト産駒ですから、良馬場であれば勝ち負け必至ですけど、●●●●●●になると人気を裏切ってしまう可能性も捨てきれません。

 

上位人気必至のディープインパクト産駒

サトノアーサーが抱えている不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

《最終予想オッズ》

 

①人気 ダイワキャグニー  4.4倍

②人気 サーブルオール   5.4倍

③人気 グリュイエール   6.4倍

④人気 サトノアーサー   7.0倍

⑤人気 ハクサンルドルフ  7.1倍

 

《展開予想》

 

4ヶ月半の休み明け初戦で58kgという厳しい斤量を課せられているものの、これといった同型が見当たらない状況であれば、軽快な先行力を武器にしている8歳馬・マイネルミラノが果敢にハナを奪い、遅すぎず速すぎずの平均ペースを形成していくのでは?と予想しています。1番人気濃厚のダイワキャグニーは近走で中団待機策から差す競馬を試みていますけど、今年のエプソムカップはテンの速いタイプが極端に少ないメンバー構成になっていますから、道中で掛かる癖があるダイワキャグニーも中団やや前めの好位からレースを運ぶ事になりそう。ダイワキャグニーが道中の仕掛けるタイミングを遅らせれば逃げ・先行脚質が有利な展開に、逆にダイワキャグニーが早めに先頭集団を捕まえに行く競馬をした場合は差し脚質が有利な展開になりますので、ダイワキャグニーの動き出すタイミングにどうぞご注目ください。

 

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

昨年のGⅠ・菊花賞で3着に入ったポポカテペトルが近親にいるディープインパクト産駒のこの馬を中心視します!圧巻のレコード勝ち(2分09秒9)を決めた2走前の1600万・名古屋城ステークス(中京芝2200m)後に屈腱炎のアクシデントに見舞われ、2年近くの休養を余儀なくされたものの、長期休養明け初戦で仕上がり途上の状態だった前走の1600万・府中ステークス(東京芝2000m)を楽に勝ち切っているように、重賞級のポテンシャルを持っている事が明らかですし、最終追い切り(栗東坂路4ハロン52.0秒)でも上々の動き・時計を見せている状況であれば、悲願の重賞初制覇を果たす事になっても驚けないと思います。

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
エプソムカップ2018【追い切り後分析】重賞級のポテンシャルを持つアノ馬が昇級戦でいきなり好走ムード!最終追い切りの動きも問題なし!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.