競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

マーメイドステークス2018【過去データ分析】道中の不利が響いた前走からの巻き返し誓うアノ馬がイチオシ!課題のスタートさえ決まれば上位争いも可能!

投稿日:

f:id:jikuuma:20180608114503j:plain 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


 

2018年6月10日(日)

阪神競馬11レース(15時35分発走)

第23回 マーメイドステークス(G3)

阪神芝2000m(内回り)

3歳以上ハンデ

 

《マーメイドステークスの見どころ!》

 

M・デムーロ騎手騎乗のストロングタイタンが鮮やかなイン突きで重賞タイトルを奪取したGⅢ・鳴尾記念と全く同じ内回りの阪神芝2000mで行われるマーメイドステークス。直線が短い内回りコースで行われるレースという事もあり、直線の末脚勝負に懸ける追い込み一手のタイプよりも、道中の立ち回りの上手さを全面に活かすタイプの方が好走しやすいコースになっていますから、今年の出走予定馬の脚質をしっかりチェックして、道中の立ち回りの上手さを武器にしている馬を馬券の買い目にどんどん加えていきましょう。また、過去5年の単勝オッズ別成績を見てみると、レース当日の単勝オッズ10倍以上の伏兵が3勝・2着3回という上々の結果を残している事が判明!マーメイドステークスは阪神競馬場で行われる重賞の中でも波乱決着になるケースが多いレースですので、下位人気が予想される馬の戦績チェックも忘れないようにしてください。

 

《マーメイドステークスのチェックポイント》

 

①過去5年の年齢別成績データ!

牝馬限定重賞勝ちの実績を持つアノ馬が不利データに該当…。

まず、過去5年の年齢別成績から馬券的妙味がたっぷりありそうなマーメイドステークスの馬券ゲットにつながりそうなデータを探っていきます。過去5年ベースで最も良い成績を残しているのは4勝・2着3回の5歳(アルジャンテ・エテルナミノル・エマノン・キンショーユキヒメ・スティルウォーター・フェイズベロシティ・ミエノサクシード・ルネイション・レイホーロマンス・ワンブレスアウェイ)で、過去5年の連対馬10頭中9頭が5歳以下の年齢だった事が判明!福島牝馬ステークスからの重賞連勝を狙うキンショーユキヒメやエテルナミノル・レイホーロマンスといった牝馬限定重賞の常連組にとっては都合の良いデータが存在している事になりますね。逆に、●●●●●●(アンドリエッテ・ティーエスクライ・トーセンビクトリー・マユキ・ヴァフラーム)は【0-1-1-15】という低調な結果に終わっていますから、中山牝馬ステークスを勝った実績を持つ超良血馬・トーセンビクトリーをはじめとする●●●●●●は馬券の押さえ程度の評価が妥当だと考えています。

 

メンバー屈指の良血馬

トーセンビクトリーが該当している不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中(2位くらい)

 

②過去5年の生産牧場別成績データ!

メンバー屈指の良血馬が好走データに該当!

続いて、過去5年の生産牧場別成績を見ていきます。ハンデ戦のマーメイドステークスは波乱決着になりやすいレースとして知られていますけど、過去5年の生産牧場別成績を見ていくと、過去5年の勝ち馬はいずれもノーザンファーム(エマノン・トーセンビクトリー・フェイズベロシティ・ミリッサ・ヴァフラーム)・社台ファーム(キンショーユキヒメ)という数多くの有力馬を輩出している生産牧場出身である事が判明!キンショーユキヒメは年齢別成績データに続いての好走データ該当になっているほか、オークス馬・シンハライトの半妹にあたるミリッサも生産牧場別成績の好走データにバッチリ該当していますので、上位人気確実な情勢でも馬券の中には加えておかなきゃいけないですね。一方、いわゆる非社台系生産牧場(アンドリエッテ・エテルナミノル・スティルウォーター・ティーエスクライ・マユキ・ミエノサクシード・ルネイション・レイホーロマンス)は過去5年で未勝利という厳しい結果に終わっていますから、非社台系生産牧場出身の馬を馬券の軸に抜てきするのは控えた方が良いかもしれません。

 

③過去5年のハンデ別成績データ!

適度なハンデを背負っている馬が優勢!ハンデが軽すぎる馬は危険視号…。

最後に、マーメイドステークスの結果を大きく左右するハンデ別成績を見ていきましょう。過去5年ベースで最高の勝率(20%)を誇っているのが53kg(ミリッサ・ワンブレスアウェイ)で3頭の勝ち馬を輩出しています。他にも、55kg(エテルナミノル・キンショーユキヒメ)56kg(トーセンビクトリー)も過去5年で1頭ずつ勝ち馬が出ている状況ですから、53kg以上のハンデの馬から馬券の軸馬をチョイスしていく事をおすすめします。一方、52kg以下(アルジャンテ・アンドリエッテ・ヴァフラーム・エマノン・スティルウォーター・ティーエスクライ・フェイズベロシティ・マユキ・ルネイション・レイホーロマンス)は【0-2-0-33】(連対率6%)という低調な結果に終わっていますので、ハンデが軽すぎる馬を狙い打ちするのはあまりおすすめできません。

 

《現時点でのオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中(2位くらい)

 

年齢別成績(5歳)・ハンデ別成績(53kg)の好走データに該当しているのはもちろん、マーメイドステークスと相性抜群な社台系生産牧場(社台コーポレーション白老ファーム)出身である点も魅力的なこの馬をイチオシ!昨年末のGⅢ・ターコイズステークスで2番人気に支持された事がある馬なのですが、スタートで出遅れるケースが多いため、人気以上の結果を残す事ができない、というもどかしい日々が続いています。ただ、前走は3~4角の勝負どころで前が壁になり、追い出しが遅れる、という致命的な不利を受けての凡退でしたから、スムーズな形でレースを運ぶ事ができれば、凡退続きにピリオドを打つ可能性も十分あるのでは?と考えています。

 


 

🐎年間勝率70%馬券圏内率90%🐎

1着予想さん(LINE@限定)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

見ておいて損なしです。

こちら(無料)

 


Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
マーメイドステークス2018【過去データ分析】道中の不利が響いた前走からの巻き返し誓うアノ馬がイチオシ!課題のスタートさえ決まれば上位争いも可能!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.