競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【天皇賞春2018】追い切りから見る1着予想

投稿日:

f:id:jikuuma:20180428122544j:plain

 

前走以上のデキが見込めるアノ馬で勝負!

コース替わりも魅力的!

 

重賞レース直近7週間

◎単勝回収率318%!

f:id:jikuuma:20180428120557p:plain

 

2018年4月29日(祝日・日)

京都競馬11レース(15時40分発走)

第157回 天皇賞・春(GⅠ)

京都芝3200m(外回り)4歳以上

 

《追い切り後展望》

 

キタサンブラックやゴールドシップといった圧倒的な知名度を誇るスターホースが1頭も出ていない状況ですので、今年の天皇賞春は例年よりも盛り上がりに欠けている印象がありますけど、レコード決着になった昨年の天皇賞春で2着を確保したシュヴァルグランはもちろん、前哨戦にあたる阪神大賞典と日経賞で上位争いした馬も元気にエントリーしていますから、「キタサンブラックで大丈夫!」というムードが強かった昨年よりも馬券的に面白い一戦になるのでは?と思っています。そんな中、阪神大賞典3着からの巻き返しを誓うクリンチャー(栗東坂路4ハロン54.9秒)を最終追い切りの推奨1番手に抜擢します。全体時計がかなり遅くなっていますけど、雨の影響で馬場がかなり重くなっていた事を考慮すれば、上々の全体時計だった、と判断できますし、重い坂路を力強い脚取りで駆け上がっていましたから、一連の好調子をキープしているのは間違いない、と考えています。最終追い切りの推奨2番手にはサトノクロニクル(栗東CW4ハロン52.4秒)を取り上げます。最終追い切りで栗東CW4ハロン追い、という要素は池江泰寿厩舎の好走パターンに該当していますし、終始楽な手応えだったにも関わらず、ラスト1ハロン11.3秒の末脚を繰り出した点も好感が持てます。最終追い切りの推奨3番手はガンコ(栗東坂路4ハロン54.4秒)。単走での追い切りになりましたけど、頭を上手く使いながらタフな坂路を軽やかなフットワークで駆け上がっていました。使い詰めですけど、調子落ちは全くありません。

 

《追い切り後見解》

 

3枠6番 ガンコ(藤岡佑介騎手)

ダートを主戦場としていた時は500万下条件を勝ち切るのがやっと…という地味な存在でしたが、4走前の1000万下・江坂特別で久方ぶりの芝レースを経験してから、別馬のような走りを見せ、前走のGⅡ・日経賞で重賞初制覇を果たしました。初めてハイレベルなGⅠレースに出走する事になりますので、強敵相手に即通用するのか、というところが大きなポイントになってきますけど、最終追い切りで素晴らしい動きを披露しているように、レース間隔が詰まっている事による疲れは全く感じられない状況ですから、日経賞の時に見せた積極的なレース運びを再現できれば、勝ち切る事になっても不思議ないと思います。

 

4枠8番 クリンチャー(三浦皇成騎手)

昨春まではマイペースで先行する形に持ち込まないと好走できない、というもどかしい走りを繰り返していましたが、昨秋のGⅠ・菊花賞で2着に好走してから、持て余していた能力が一気に開花し、2走前のGⅡ・京都記念で重賞初制覇を果たしました。前走のGⅡ・阪神大賞典は3着に敗れたものの、道中で折り合いを欠いた中で3着に残ったのは立派でしたので、折り合い難の課題を克服できれば、3200mの天皇賞春で悲願のGⅠ初制覇を決める事になっても不思議ありません。ただ、先週の競馬で武豊騎手が騎乗停止処分を受けた事により、急きょ三浦皇成騎手に乗り替わった点は気掛かりです。

 

5枠10番 サトノクロニクル(川田将雅騎手)

菊花賞10着・有馬記念9着と直近のGⅠレースではイマイチな結果が続いていますが、好メンバーがそろった前走のGⅡ・阪神大賞典でレインボーラインに次ぐ2着を確保し、長距離レースで通用するメドを立てた現状であれば、互角以上の走りを見せても驚けない、と考えています。前走時の最終追い切りでは頭を上げて前に行きたがるシーンがあったのですが、今回の最終追い切りではとてもスムーズな走りを見せていましたので、前走以上のデキに仕上がっているのは間違いありませんし、京都芝コースで【2-1-0-1】(連対率75%)という好結果を残しているように、コース替わりが歓迎材料になる点も見逃せません。

 

6枠11番 シュヴァルグラン(ボウマン騎手)

1枠1番という好枠を引き当てたとはいえ、キタサンブラックやレイデオロといった豪華メンバーが集結していた3走前のGⅠ・ジャパンカップで鮮やかな差し切り勝ちを決めている6歳馬。前年の天皇賞春で2着に入っているように、3000m以上の長距離レースにも対応できるタフネスホースですから、13着に敗れたGⅠ・大阪杯(芝2000m)からの激変があっても不思議ないと思います。ただし、大幅な距離延長+世界的名手のボウマン騎手騎乗、という強調材料が存在している一方、前走のレース内容があまりにも酷かった事は事実ですし、最終追い切りの動きがイマイチでしたから、休み明け初戦だった前走からの大きな上積みがない可能性も考慮する必要があります。

 

6枠12番 レインボーライン(岩田康誠騎手)

淀みのないレース展開になり、この馬が得意にしている持久力勝負になったとはいえ、クリンチャーやサトノクロニクルといった強豪4歳勢相手に圧巻の差し切り勝ちを決めたGⅡ・阪神大賞典の内容に魅力を感じる5歳馬・レインボーライン。最終追い切り(栗東坂路4ハロン60.0秒)の全体時計はかなり地味ですけど、浅見秀一厩舎は最終追い切りを軽い時計で消化する、というパターンを貫いていますので、最終追い切りの全体時計が遅いからといって安易に軽視するのは危険です。でも、阪神大賞典は上手く行き過ぎた面がありますし、これまで一度も勝った事がない京都芝コースに替わる点も若干引っ掛かります。

 

《最終予想オッズ》

 

①人気 シュヴァルグラン  3.5倍

②人気 レインボーライン  4.2倍

③人気 クリンチャー    6.0倍

④人気 ガンコ       7.1倍

⑤人気 サトノクロニクル  8.5倍

⑥人気 アルバート     9.9倍

⑦人気 トーセンバジル   11.7倍

⑧人気 チェスナットコート 13.4倍

⑨人気 ミッキーロケット  24.8倍

⑩人気 スマートレイアー  30.6倍

 

《展開予想》

 

多頭数の長距離レースはどんな展開になるのか読みにくい、という面はありますけど、阪神大賞典で淀みのないペースを形成したヤマカツライデンが3枠5番の好枠を引き当てましたから、今回もヤマカツライデンが果敢にハナを奪い、平均的なペースを形成していくのでは?と予想しています。レースのポイントは2周目の向正面でペースをかき乱す馬が出てくるのかどうか、というところになります。出走頭数17頭のうち半分ぐらいの馬に勝つチャンスがある混戦必至のレースですので、勝ちに行くために強引なレース運びをする馬が何頭か出てくると思います。道中で強引にレースを動かす馬が多くなるほどスタミナの有無が問われる一戦になりますから、瞬発力勝負に強い馬よりもレース全体の上がりが掛かる持久力勝負で好結果を出してきた馬の台頭に注意してください。

 

《天皇賞春の追い切りから見る1着予想》

 

🐎サトノクロニクル

距離不安があった前走の阪神大賞典で見せ場たっぷりのレースを見せてくれたこの馬の逆転に懸けてみたいと思います。最終追い切りの動きが前走以上だったのはもちろん、阪神芝コースから京都芝コースに替わる点も大きな強調材料になりますし、3000mの前走で直線の急坂を上り切ってから脚を伸ばしていましたから、前走から200mの距離延長も難なくこなしてくれるのでは?と考えています。あとは勝ち急ぐジョッキーがレースをかき乱し、この馬が得意にしている持久力勝負に持ち込んでくれる事を願うだけです。

 

↓1日1回応援クリックお願いします(^^)

 

重賞レース直近7週間

◎単勝回収率318%!

f:id:jikuuma:20180428120557p:plain

 

 


2017/04/30 第155回 天皇賞(春)(GⅠ)【キタサンブラック】

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【天皇賞春2018】追い切りから見る1着予想

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.