競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【青葉賞2018】過去データから見る1着予想

投稿日:

f:id:jikuuma:20180425183833j:plain

 

左回り巧者のアノ馬に追い風と

なる好走データがズラリ!

重賞大敗の屈辱をここで晴らす!

過去データから見る1着予想

 

↓1日1回応援クリックお願いします(^^)

 

2018年4月28日(土)

東京競馬11レース(15時45分発走)

第25回 テレビ東京杯 青葉賞(GⅡ)

東京芝2400m・3歳限定

 

《青葉賞の見どころ!》

 

青葉賞が行われる東京芝2400mは大観衆が待ち構える東京競馬場のスタンド前にスタートゲートが設置される条件で、最初のコーナーに差し掛かるまでの距離が約350mという程よい長さになっていますので、差し・追い込み脚質の馬が大半を占めるメンバー構成の場合は淡々としたスローペースになる確率が高い一方、徹底先行型がレース序盤に激しいハナ争いを展開した場合は差し・追い込み脚質が台頭するハイペースになるケースも少なくありませんので、出走馬の脚質をしっかりチェックして、どんなレース展開になるのか、というところを見抜く事が青葉賞の馬券をゲットするための絶対条件になります。また、東京芝2400m「内枠>外枠」という傾向が色濃いコースとして有名ですけど、過去5年の枠順別成績を見てみると、1枠・2枠から1頭も勝ち馬が出ていない、という内枠有利のコース傾向に反するデータが存在していますので、青葉賞に限っては枠順の有利不利を意識しすぎないようにしてください。

 

《青葉賞のチェックポイント》

 

①過去5年の前走着順別成績データ!前走好走馬が優勢!前走凡退組の巻き返しは望み薄…。

 

まずは、過去5年の前走着順別成績から青葉賞の馬券作戦に使えそうなデータを探っていきましょう。過去5年で最も相性が良いのは4勝・2着4回の前走1着(クレディブル・スーパーフェザー・ダノンマジェスティ・ディープインラヴ・マイネルサリューエ・ミッキーポジション・モンテグロッソ・ユウセイフラッシュ)で、他の前走着順を圧倒するズバ抜けた結果を残しています。その中でも前走1着かつ前走1番人気という条件を満たした馬(スーパーフェザー・ダノンマジェスティ・ディープインラヴ・モンテグロッソ)は過去5年で単勝回収率271%というハイアベレージをマークしていますので、これらの馬の台頭に十分注意してください。逆に、前走5着以下だった馬(オブセッション・カフジバンガード・ゴーフォザサミット・トラストケンシン)は【0-0-1-25】で連対馬ゼロという低調な結果に終わっています。上位人気確実なオブセッションは前走着順別成績の不利データに該当していますから、データ的にはあまりおすすめできません。

 

②過去5年の前走レース別成績データ!500万下条件組と同クラス組とで明暗分かれる…。

 

続いて、過去5年の前走レース別成績を見ていきます。キャリアの浅い馬が多い3歳限定重賞ですから、前走でハイレベルな重賞レースを走っていた馬が有利なのか…と思いきや、過去5年の勝ち馬はいずれも前走で500万下条件を走っていた事が判明!今年の登録馬の中で前走500万下条件の好走データに該当しているのはエタリオウ・クレディブル・シルヴァンシャー・スーパーフェザー・スズカテイオー・ダノンマジェスティ・ダブルフラット・テトラルキア・マイネルサリューエ・ミッキーポジションになっていますので、これらの馬の中から今年の青葉賞を勝つ馬が現れても全く驚けません。一方、前走で青葉賞と同じクラス(GⅡ・GⅢ・オープン特別)を走っていた馬(オブセッション・カフジバンガード・ゴーフォザサミット・サトノソルタス・トラストケンシン・ノストラダムス)は【0-1-1-25】で連対率3.7%という厳しい結果に終わっています。オブセッションやサトノソルタスといった上位人気馬が不利データに該当しているところが大変興味深いです。

 

③東京芝2400mの騎手別成績データ!上位人気馬に騎乗するアノ騎手が東京芝2400mで苦戦…。

 

最後に、青葉賞が行われる東京芝2400mの騎手別成績を見ていきます(データの集計期間は2014/2/1~2018/4/22)。集計期間内に最多の16勝を挙げているのは戸崎圭太騎手(ダブルフラット)で、M・デムーロ騎手(サトノソルタス)とルメール騎手(オブセッション)も勝率20%超のハイアベレージを叩き出している事が判明!他にも、岩田康誠騎手(ディープインラヴ)と蛯名正義騎手(ゴーフォザサミット)が勝率10%超をマークしているものの、福永祐一騎手(スーパーフェザー)は勝率7.1%という微妙な結果に終わっています。単勝人気の平均が蛯名正義騎手と同じ数値(5.4)であるにも関わらず、蛯名正義騎手よりも勝率が下回っているのは福永祐一騎手が東京芝2400mを苦手にしている事の証でもあると思うので、福永祐一騎手が苦手コースを克服できるのか、というところも今年の青葉賞の注目点になりそうです。

 

《過去データから見る青葉賞の1着予想》

 

ダノンマジェスティ

前走着順別成績(1着)・前走レース別成績(500万下:大寒桜賞)の好走データに該当しているこの馬をピックアップ!2走前のGⅢ・きさらぎ賞でブービーの9着に敗れていますので、重賞レースで通用する器なのかどうか、というところを判断しかねている方が多いかと思いますが、初めて左回りコースを走った前走できさらぎ賞時とは見違える走りを見せているように、この馬は典型的な左回りコース巧者である可能性が高いですから、前走と同じ左回りコースで戦える今回こそが最大の狙い目になるのでは?と予想しています。きさらぎ賞ブービー負けの屈辱を青葉賞で晴らして、日本ダービーへの優先出走権を奪取してもらいたいです。

 

↓1日1回応援クリックお願いします(^^)

 

 


2017/04/29 第24回 青葉賞(GⅡ)【アドミラブル】

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【青葉賞2018】過去データから見る1着予想

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.