競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【青葉賞2018】レース展望から見る1着予想

投稿日:

f:id:jikuuma:20180423091846j:plain

 

近2走を高く評価!

どんどん末脚に磨きがかかって

いるアノ馬をイチオシ!

 

↓1日1回応援クリックお願いします(^^)

 

2018年4月28日(土)

東京競馬11レース(15時45分発走)

第25回 テレビ東京杯 青葉賞(GⅡ)

東京芝2400m 3歳限定

 

《青葉賞のレース展望》

 

今週土曜のメインレースは日本ダービーのトライアル・青葉賞!たった2枚しかない日本ダービーへの切符を懸け、長距離志向の強い3歳馬たちが熱い戦いを繰り広げます!昨年の青葉賞は単勝オッズ1.5倍という圧倒的1番人気に支持されたディープインパクト産駒・アドミラブルが他のライバルをねじ伏せるレース運びを見せ、重賞初制覇を果たしました。その後、アドミラブルは日本ダービーで1番人気3着という結果を残していますので、今年も青葉賞組から競馬の祭典・日本ダービーで上位人気に支持される評判馬が出てきてくれる事を願っています。ちなみに、過去5年の青葉賞の枠順別成績調べてみたところ、8枠が【0-0-1-12】という寂しい成績に終わっている事が分かりましたから、不利な枠を引いたアンラッキーな馬はこれまでの実績に関係なく「消し」という扱いをした方が良さそうですね。

 

《予想オッズ》

 

①人気 サトノソルタス   3.8倍

②人気 ダノンマジェスティ 4.5倍

③人気 オブセッション   4.9倍

④人気 スーパーフェザー  6.2倍

⑤人気 エタリオウ     8.7倍

⑥人気 ゴーフォザサミット 11.6倍

⑦人気 ノストラダムス   13.7倍

⑧人気 シルヴァンシャー  15.9倍

⑨人気 ディープインラヴ  28.8倍

⑩人気 ダブルフラット   31.5倍

 

《出走予定馬分析》

 

🐎オブセッション

母パーシステントリーはGⅠレース5勝の世界的名牝・レイチェルアレクサンドラを2010年のGⅠ・パーソナルエンサンステークス(ダート2000m)を負かした実績があります。先日の皐月賞で5着に健闘したキタノコマンドールとほぼ同じ血統背景を持つ馬ですから、キタノコマンドールと同程度の走りを見せても不思議ありませんよね。2戦2勝でチャレンジした前走のGⅡ・弥生賞で勝ち馬ダノンプレミアムから1.7秒差の7着に大敗していますので、大きな事を言える立場ではありませんけど、新馬勝ちのある東京芝コースへのコース替わりが良い刺激となる可能性もありますから、前走大敗からの一変に注意したいところです。

 

🐎ゴーフォザサミット

2013年のGⅠ・安田記念でロードカナロア相手にクビ差2着という好結果を残したショウナンマイティの半弟にあたるハーツクライ産駒。GⅢの共同通信杯4着・GⅡのスプリングステークス7着、とこれまでの重賞レースでは目立つ成績を残す事ができていないのですが、3走前の東京芝2000m戦・百日草特別で上々の勝ちっぷりを見せているように、2000m以上の距離で良さを発揮するタイプだと思いますので、2400mへの距離延長で凡退続きに終止符を打つ可能性があります。後方待機からの差しが決まりやすい東京芝コースへのコース替わりも強調材料になりますし、3度目の重賞レース挑戦で変わり身があっても驚けない状況です。

 

🐎サトノソルタス

2015年の当歳セレクトセールで8,800万円(税抜)という価格で落札されたディープインパクト産駒。兄姉は目立った成績を残せなかったのですが、歴史的な道悪馬場の中で行われた新馬戦(東京芝1800m)を勝ち切ると、年明け初戦となった前走のGⅢ・共同通信杯で2着を確保し、キャリア不足の弱点を感じさせない好内容の走りを見せていますから、共同通信杯の走りを再現できれば、1着争いに割って入る事になっても不思議ありません。特別登録をしていたGⅡ・スプリングステークスへの出走を見合わせていますので、ちゃんとした状態に仕上がっているのかどうか、というところが気になりますけど、美浦トレセンでの乗り込み量も豊富ですから、出走態勢は整っていると思います。

 

🐎スーパーフェザー

2016年の1歳セレクトセールで2億6,000万円(税抜)という最高価格で落札されたディープインパクト産駒。母オーサムフェザーはダートの本場アメリカで11戦10勝という戦績を残した女傑で、GⅠ・BCジュヴェナイルフィリーズを制した2010年にはエクリプス賞(日本のJRA賞にあたる賞)2歳牝馬チャンピオンのタイトルを獲得しています。母オーサムフェザーはダートの短距離で活躍していたのですが、昨年の勝ち馬・アドミラブルと同じ2400mのアザレア賞を前走で楽勝しているように、スーパーフェザーは距離延長で結果を出してきているタイプですから、短距離色の濃い血統背景がマイナスに働く事はありませんし、2走前の500万下・あすなろ賞で皐月賞馬エポカドーロに次ぐ2着という結果も残していますので、初の重賞レース参戦でいきなり通用する事になっても驚けないのではないでしょうか。

 

🐎ダノンマジェスティ

2017年の皐月賞馬・アルアインの全弟にあたる良血馬。新馬戦でインパクト十分な勝ち方を見せていた事もあり、2走前のGⅢ・きさらぎ賞で圧倒的1番人気に支持されたものの、道中で折り合いを欠き、直線入り口で馬場の外側に大きくヨレる、という酷いレースを見せてしまい、評価が急落しています。でも、きさらぎ賞大敗後に出走した前走の500万下・大寒桜賞で着差以上に強い勝ちっぷりを見せていますので、きさらぎ賞のレース映像だけを見て軽視してしまうと痛い目に遭うかもしれません。前走で左回りコースがベストな事が証明されていますし、前走同様に道中で我慢を利かせるレースができれば、きさらぎ賞のリベンジを果たす可能性も十分あると思います。

 

《レース展望から見る青葉賞の1着予想》

 

🐎スーパーフェザー

上位人気馬の実力が拮抗していますので、軸馬を選ぶのも容易ではない状況ですが、その中で最も推したいのが近2走で見栄えのする走りを披露しているこの馬です。関東圏への長距離輸送を初めて経験しますから、レース当日の気配を隈なくチェックする必要がありますけど、パドックで過度にイレ込むタイプではありませんので、長距離輸送も難なくこなしてくれるのでは?と考えています。キャリアを積み重ねるにつれて末脚に磨きがかかっている点も見逃せませんし、昨年の勝ち馬と同じローテーションで青葉賞にエントリーしてきたところにも好感が持てます。

 

↓1日1回応援クリックお願いします(^^)

 


2017/04/29 第24回 青葉賞(GⅡ)【アドミラブル】

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【青葉賞2018】レース展望から見る1着予想

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.